テニス ストローク

フットワーク

回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!

ストロークでの、フォアハンドの回り込み。

試合で強い選手は、このフットワークが素早くて正確ですよね。

学生やジュニアプレイヤーだけでなく、回り込みは大人の方、シニアの方でも出来るだけ取り入れていきたい技術。

改めて、足下から確認してみましょう。

 

回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!

 


 

1.フォアハンドの回り込み、なぜ必要?

それは、当然攻撃的にプレーする為です。

フォアハンドの方が安定感があるし、打てるコースも広がる。

バックハンドが得意という方もいると思いますが、例えばストレート方向に打つのでもダウンザラインよりはフォアハンドで引っ張り気味に叩いた方が、強い。

男性だけでなく、ぜひ女性にもトライして欲しいショットなんです。

回り込んでいくだけで、相手にかなりプレッシャーもかけられますしね。

バック側に来たから、バックで打つ、というのは試合では必要無い考え方。

回り込めるなら、しっかりフォアハンドを使った方が良いんです。

 

2.フットワークは、どう使えば効率的?

いかに早く、ボールの軌道の後ろに入るのか。

これって死活問題。

ましてや、私たちはどんどん脚力は衰えていく。

だからこそ、しっかりと効率的な脚の使い方、フットワークを磨いておかないといけないですね。

クロスオーバーステップ、の形を基本にしましょう!

足が足を追い越していく、自分の前でどんどん、足を入れ替えていくようなイメージです。

 

3.右利きの方なら、右足をどんどん左にもっていく

やり方は簡単。

右利きの方なら、回り込む為に左側に素早く動きたいですよね。

右足を、身体の前を通過させながら左足の左側、までもっていく。

その足でコートを蹴るようにして、左足を出来るだけ遠く、左側に置く。

更に、その左足よりも左側に、右足を置く・・・という感じです。

右足をどんどん動かすことで、素早く左側にポジションを移せる。

これを、身体の前でやること、がポイントです。

 

4.身体の後ろ側でやるより、スピード感がある

よく、これを身体の後ろ側で行う人がいます。

確かに、これでも動けるんですが、スピード感が足りない。

それに、前に入っていくような動き、が出来ないんですよ。

身体の前でクロスオーバーステップが出来ると、浅いボールにも対応しやすい。

フォアハンドの回り込みショット、浅いボールでも攻撃していきたいじゃないですか。

ですので、身体の前で右足を動かす、ことに慣れて欲しい。

左利きの方であれば左足ですね。

これを、しっかり大きく動かせるかどうか、が回り込みフォアハンドストロークの鍵になります。

 

最初は、足がもつれるようにぶつかる、こともあるでしょう。

なかなか、足を前で動かすって習慣が無いですからね。

でも、慣れてくればこのスピード感、で準備出来る。

早く回り込んで、打つ前のテイクバックを相手に見せつけていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと

    縦ポーチ。この武器を、T-PRESSを読んでいるみなさんには、…

  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

    試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。ドロップ…

  3. テニス スライス
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    「遅れてないか?軸足の使い分け判断」テニスの試合、フットワークは判断のスピードが大事!

    ストロークやボレー、スマッシュを打つ時に軸足が重要となる。例え…

  5. フットワーク

    なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?

    前に足を踏み込まない、オープンスタンス。これを武器に、粘るスタ…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

    「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」「どこに打っても、拾…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!
  2. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある
  3. テニス メンタル

    戦術

    「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?
  5. テニス 雪

    その他

    「雨、じゃなくて雪も降り出す…」ときのテニスの試合における注意点4つ
PAGE TOP