テニス ストローク

ボレー

テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。

でも効果的に相手を追い込んで、あれよあれよという間に試合に勝ってしまう。

こういう選手って、何が優れていると思いますか?

まず、相手が「何をやられれば嫌なのか?」を、本気で考えて観察する。

皆さんも、考えてみて下さい。

やられて嫌なこと・・・と言えば、例えばこんなシチュエーションじゃないでしょうか?

 

テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

 

1.サーブ&ボレーヤーの、泣き所はどこ?

皆さんも、手強いサーブ&ボレーヤー、相手にしたことあると思います。

ダブルスでは並行陣、で鉄壁のようにプレーして来る。

サーブも良いし、ボレーも上手い・・・ような相手に、どう戦いましょう?

真っ向勝負でリターンを沈めようと思っても、サーブが良いとかなり厳しいですよね。

相手のスプリットステップから、ボレーまで態勢充分・・・にさせてはいけないんです。

相手が「移動しているタイミング」でボールを触らせたい。

サーブを打って、前に走るときにサーブ&ボレーヤーは、必ず隙が生まれますよね。

ベースラインとサービスラインの間。

ここでいかに、触らせるのかを考えていけば勝機は見えてきます。

 

2.リターンのタイミングを速くして、ファーストボレーをネットから遠い位置で触らせよう

多少サーブが厳しくても、前に入ってリターンする。

そうすることで、デッドゾーンでファーストボレーさせることが出来るはずです。

相手も、動いている間にボールが飛んで来て・・・ボレーどころではないはず。

サーブを打つ、前に出ることすら悩んでしまう、でしょう。

移動している瞬間は、どんな選手にとっても泣き所。

そして、ネットから遠い位置でボールを触らせているうちは、怖く無いんです。

移動中に、ボールを触らせる。

特にネットプレイヤーに対しては、必要な発想です。

 

3.相手がタイミングを変えてきたら・・・?

でも、上手い相手はここから変えてくる。

警戒して意図的に、自分がスプリットステップするタイミングを速くしてくるでしょう。

もしくは、雁行陣でのプレーを選択するかもしれませんね。

そうなると、今度はアナタが前に出れば良い。

移動しない相手、はこちらからどんどん動いて崩していく。

こういう発想、つまり2段階で持っておけばアナタも立派な試合巧者です。

ほとんどの選手は、最初の戦術には対策を練って、対応してくる。

でもその次は・・・?どうでしょう?

きっと対応策、にまで対応されると、試合を諦めてくれると思いますよ。

今回は「移動中に触らせる」というのがテーマでしたが、まだまだテニスという競技は「やられて嫌なこと」たくさんありますよね。

2段階で作戦、一緒に練っていきませんか?

 

アナタ自身、こうやってタイミングを変えてくる相手は何度も対戦するでしょう。

非常に厄介な相手、です。

だからこそ、駆け引き勝負になるしテニスは面白い。

一本調子のテニスで勝つ、負ける、というのは3回戦まで。

学生の皆さんも、こういう気付きがあると今まで勝てなかったペア、選手にも勝てる可能性が上がると思いますよ。

それくらい、テニスはまだまだ宝の山が埋まっているスポーツ、だと思っています。

サーブ&ボレーヤー、どんどんタイミングを速めて移動中に触らせていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しない

    ボレーのコントロール、皆さんはどんなポイントを意識していますか?…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

    テニスにおける難しい技術、ローボレー。低い位置のボレーはネット…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!

    ネットプレーはどうも苦手、という方は、ラケットワークに意識がいき過ぎて…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    相手のハイボレー、の後が狙い目!

    相手が高い打点で、ハイボレー!一見ピンチのようですが、逆にチ…

  5. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?

    態勢を崩されても、しっかりボレーを返球する。低い打点でも、しっ…

特集記事

  1. 戦術

    「自分と試合やるの、やだろうな」
  2. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!…
  5. その他

    力は要らないんだ、と思えたらテニスは上手くなる
PAGE TOP