テニス 守備

ロブ

ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。

これには、調子が良い相手を調子に乗らせない、という意味合いも色濃くあります。

テニスの試合、プレースタイルに幅が無いと、相手の調子が良いときに止められない。

無意識のうちに、同じようなやられ方を繰り返している人・・・特に男性の方で多いような気がします。

自分のプレーに固執するより、もっと相手を見て変えていきましょう!

 

ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

 

1.ナイスなファーストボレーは、繰り返し打たせると乗って来る

私が一番、警戒しているのがコレです。

ダブルスの並行陣、が得意な選手はサーブ&ボレー、が生命線ですよね。

このファーストボレーが、しっかり入ってくる、試合の序盤でミスなく調子が良さそうなら、早めに方向転換しましょう。

リターンをまずファーストボレーさせる、のが基本ですが、そのボレーの調子が良いなら打たせると危険。

沈めてもクロスへ深く、またストレートへ流すプレーも良い感じで対応されてしまう。

こういう時に、リターン側のアナタのペアは何を考えるべきでしょう?

「とりあえず、ロブだな!」と思うのが吉。

ファーストボレーさせない、リズムを崩す。

成功した同じショットを、次のポイントでは絶対に打たせない。

相手の良いプレーが続かないように、意識することが大事です。

 

2.毎回違うプレーをさせて、相手のリズムを崩していこう

ボレーだけじゃなく、調子が良い選手は全体的にこの考えが必要です。

なるべく、毎回違うプレーをさせる。

特にダブルスなら、色々リターンから工夫出来ますよね。

シングルスなら前に引っ張り出したり、高い軌道のムーンボールを使うようなテニスも必要でしょう。

「相手のコレが怖いから、避けよう・・・」じゃなくて、「色々触らせて、リズムを変えていこう」という発想で。

何かを避けようとすると、結局ロブだって甘くなるし、ミスも増えてしまう。

あくまで、相手に毎回違うショットを触らせる、という感覚が大事です。

あくまで強気、相手に弱みは見せない。

相手の調子が良いだけで、ビビッてはいけない。

だって、他のショットでたくさんボロが出るかも知れませんしね。

必要以上に恐れることは何もない、のです。

 

3.1セットマッチなら、早めに決断しよう!

テニスは短期決戦。

私たちの試合は、ほとんどが1セットマッチじゃないですか。

相手の調子が良い、ならそのまま押し切られてしまうのが普通。

だからこそ、早い決断が求められるのです。

この選手は調子が良い、特にこのショットが得意そうだ、だから配球はこう変えていこう、というのがパッと浮かぶかどうか。

試合だけ上手くやろうと思っても、無理ですよ。

練習から、普段のラリーの中から相手の調子を探って同じショットを続けて打たせない、調子に乗らせないように意識して行動していかないと。

周りの人に関心を持って、毎日変わる調子の波を感じる。

色々なショットを打つ、ということが、アナタ自身の特別になってしまうと結構辛い。

バリエーションも必要ですよね。

スライス、スピン、どういう球種が自分で打てるのか探ってみて欲しいんです。

 

4.リターンのパターンを自分で4つは持っておこう

ダブルスの試合、これが求められます。

クロス、ショートクロス、ストレート、ストレートロブ。

この4つのショットを、しっかりスピン、スライスで打てるかどうか。

全部が全部、精度高くは難しいと思いますが、4×2の8種類のショットがあるとどんな相手でも怖く無い。

緊張した場面でも、しっかり打てるかどうか?

ほとんどの一般、学生の方がクロスかストレート、しか自分の中で持ち球として無いような気がします。

ロブやショートクロス、リターンから打てると相手は嫌ですよ。

パンパン、速いテンポで進めていきたいのに、スローダウンさせられる。

これは、出来る出来ないというよりも、「必要性を感じて自分で練習出来るかどうか?」です。

調子が良い相手に、同じショットを打たせるのは危険。

だと感じれば、嫌でも練習しようと思えるはずです。

 

ファーストボレーって、本当に調子に乗りやすいんですよ。

私も試合で最初にしっかり決まると、後はその感覚で打てますからね。

出来れば、同じようなリターンが何回も来て欲しい、と思ってしまう。

同じようなリターンが来ると、もうミスする気はしない。

でも、ロブが混ざると一気に厄介になるし、集中力が分散される。

もちろん、そう簡単にはいかないのですが・・・試合がやりやすい相手って、何も考えないで繰り返し同じコースに来るんですよね。

アナタ自身、そういう選手、プレーになってはいませんか?

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  2. テニス フットワーク

    ロブ

    前衛の上に上げるのがロブ、だけじゃないですよ

    ダブルスの試合でのロブ、って、基本的に「前衛の上」に打ちますよね。…

  3. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみる

    ロブを上げる時、トップスピンとスライス、どっち使うことが多いかと言うと…

  5. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

    試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。綺麗に抜…

  6. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議
  2. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージ…
  3. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期で…
  4. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
  5. ダブルス

    「パートナーのためのファーストサーブ」を意識すれば、テニスのダブルスの試合でのキ…
PAGE TOP