テニス ダブルス

ダブルス

「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ

ダブルスペアは、実力が図り辛い。

パッと見でそんなに強く無さそうでも、しっかり結果を出すペアは何が違うのか。

一つ一つのショットが目を引くものでなくても、試合を作って勝つことは出来る。

そんなダブルスペア、アナタも目指していきませんか?

 

「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ

 


 

1.リターン上手

まず、ダブルスの試合で大事なのはリターン。

相手コートには2人がいる訳ですから、不用意なリターンは前衛に捕まる。

バリエーションが豊富なリターン、を持っているペアは強い。

その代表格は、ストレートロブリターン。

これを序盤で使えるかどうかが、強いダブルスの条件。

パッと見渋いショットに、ペアの強さは隠れています。

 

2.ペア同士の距離が近い

ダブルスはレベルが上がると2人が前、の並行陣が基本。

そのときに弱点となるのは、2人の間、センターをどう守るかという問題。

2人の距離が近いペアは、センターをしっかり塞いでいるので弱点が無い。

両サイドは空いているようで、相手のミスを誘う罠になっている。

強そうに見えないのに勝ち続けているペアは、相手からミスを誘うのが一流、なんです。

 

3.攻撃パターンに共通認識がある

ダブルスの攻撃パターン、しっかり確率出来ていますか?

片方の選手がチャンス!と思っていても、ペアがそこについて来れているかどうか、が問題。

息が合っているペアは、攻撃のタイミングを合わせるのが上手い。

例えば相手の足元に打って、一緒に前に詰めていくような攻撃が、ペアでしっかり息が合う。

細かい部分ですが、片方の選手だけで攻撃していっても、ダブルスは2人でしっかり守られたら辛い。

しっかり2人で攻撃してプレッシャーをかけているペアは、強いのです。

 

4.ギアを上げるポイントが分かっている

ダブルスの試合も、流れは行ったり来たり。

ここぞ!という場面、ペアでしっかり理解できているペアは強い。

「この1ポイントが、勝敗を分ける」という勝負どころ、例えば4-4、30-30のようなポイントで、お互いが危機感を持って最高のプレーが出来る。

そんなの当たり前・・・と思う方は、実践出来ているか怪しいところ。

 

ダブルスに派手なショット、そもそも要らない。

なぜなら速いショットや強力なショットは、味方ペアが付いていくのが大変だから。

ダブルスが強いかどうか、は個別のショットでは測れないことを覚えておきましょう。

華やかなダブルスばかり目指していると・・・足元をすくわれますよ。

パッと見、弱そうなペアに。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛がワイドに打ったら、前衛は・・・?」の問題について

    よく言われる、「ワイドに打ったら、ワイドをケア!」「ストレート…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術

    同じカテゴリーだけで行われる高校や大学の大会と異なり、一般の大会に出れ…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

    普通に考えると、ピンチな状況。こういう場面にこそ、実はテニスで…

  6. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

特集記事

  1. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
  3. 日々の雑記

    新年、明けましておめでとう御座います
  4. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない
  5. テニススクール

    テニスが上手い人は、コーチに向いている?
PAGE TOP