テニス ダブルス

ダブルス

テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ

ダブルスの練習、意外とバリエーションが少なくてマンネリ化しがちですよね。

今回は普段の練習で一工夫するだけで、より試合で活かせる実践的な練習に出来るアイデアをご紹介。

練習人数が多くても、レベル差があっても試合に勝ちたい、という目的は一つ。

使えそうなものから、ぜひ試してもらえればと思います。

 

テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ

 


 

1.リターンの球出しからスタート

リターンで揺さぶって来る相手は、ダブルスで厄介。

球出し役をリターン側に置いて、サーブの素振りからスタート、球出しはストレートロブやストレートアタック、をどんどん混ぜていきましょう。

クロスへのリターンだけになりがちなダブルスの練習、ですが球出しから工夫して試合に強い、変化に強いダブルスに鍛えていきましょう。

球出し役にも、センスが求められます。

相手が警戒していないような場所に打てるか・・・球出しも良い練習になるはずです。

 

2.浅いボールの球出しから並行陣を作る

ダブルスは、浅いボールからどういう陣形を作る、攻撃していくのかが大事。

浅いボールを打って、しっかり並行陣を作ってゲームを進められるような練習、を入れていきましょう。

しっかりクロス方向へのアプローチが基本ですが、ストレートへ展開して前に出る、のも効果的でしょう。

浅いボールをただクロスへつないで、後ろに下がってまたラリー・・・だけだと、勝ちきれないでしょう。

 

3.リターンを絶対にポーチ出る、ところからスタートする

いつものポイント練習、ですがリターンのボールをサーブ側の前衛が必ずポーチに出る。

そこからスタートするようにしてみましょう。

リターンは、ポーチに出ると分かっていても必ずクロス方向にリターンして、ポーチさせるようにする。

練習でなるべくリターンからのポーチ、を多く経験しておくことが試合では大事。

一発で決めようとしないで、まずはしっかりポーチで相手から優位を奪う、ことを目的にしましょう。

 

4.ストレートロブへの対応練習

ダブルスの試合、ロブへの対応はそのまま試合結果に反映されやすい。

しっかりチェンジするのか、前衛がスマッシュを打っていくのかをハッキリ判断出来るように練習しておきましょう。

1.で紹介したようにリターンからの練習でも良いですが、ラリーの中でストレートロブを打たれても落ち着いて対応出来るようにしておきたい。

ストレートロブが抜けた後は・・・前衛と後衛が入れ替わって向かい合う、おかしな陣形になりますよね。

この陣形にどんどん練習で慣れておいて、試合でも落ち着いてプレー出来るようにしておきましょう。

 

5.試合形式では「ある法則」で攻撃的に行う

ダブルスの試合形式の練習でも、一工夫したい。

その工夫とは、リターンを3種類に決めて、必ず1/3の確率で打ち分けること。

3種類とは、クロスへのリターン、ストレートアタック、ストレートロブの3種類。

ダブルスのペア2人でポイントごとにジャンケンして、Aが勝てばクロス、Bが勝てばストレートアタック、あいこならストレートロブ、みたいな感じに決めて試合を戦いましょう。

目的は、クロス方向へのリターンに偏り過ぎないように、ルールで縛ってしまうこと。

やってみると、意外とストレートへの展開が有効なことに気付くはずです。

 

私が過去に実践していたアイデアをまとめてみましたが、これが完成形ではありません。

組み合わせたり、アナタ自身で工夫したりしながらぜひ、どんどん発展させていって欲しい。

私ももっと勉強して、良い練習方法やメニューを考えていきます。

ダブルスの実戦形式、しっかり工夫していきましょう。

■試合から逆算、して練習は考えていきましょう

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

  2. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある

    ダブルスの試合で、前衛で動けない!と、お悩みの方に、今回はシン…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い

    どうしても、「並行陣」というのが難しいと感じる方へ。テニススク…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう

    ダブルスの試合で、一気に相手の雰囲気を悪くする。自分たちに流れ…

  5. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

    雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。…

  6. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です
  3. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっ…
  4. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスペアとして強くなりたいなら、摩擦を恐れてはいけない
PAGE TOP