テニス 戦術

シングルス

「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。

男性でも女性でも、コントロールショットに優れた対戦相手と戦うのは、すごく厳しいもの。

ですが、何の作戦も無い、ただのノープランで挑むのも危険。

厳しい闘いですが、しっかりコントロールが良い相手にはどう戦うのか、を考えてみました。

 

「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

 


 

■発想を変えれば、コントロールが良い相手は「コースを読みやすい」

綺麗なテニスでコントロールが良い相手は、ある意味闘いやすいとも言えます。

なぜなら打って来るコースが読みやすい、お手本のようなテニスだから。

ここに「いやらしさ」が加わって来ると厄介なんですが、球筋が綺麗な相手であれば、まずコースの傾向を読み解きましょう。

浅くなったらダウンザラインに展開するのか、前にアプローチなのか、攻撃してくるときの傾向は2ゲームくらいで見えてくるはずです。

 

■相手に攻撃させないテニス、とはどんなテニスか?

相手に攻撃させると、こういったコントロールが良い選手はどんどん打ち込んでくる。

ミスも少ないから、こちらが無理してミスするような展開にはしたくないですよね。

アナタ自身が意識して欲しいのは、「相手に攻撃させない」ようなテニス。

シングルスなら、センターに深いボール、スライスで打点を下げさせるようなショット、をしぶとく使い続けることが大事です。

ダブルスなら、軌道が高いクロスのショット、回転量が多いストロークが打てると相手はそう簡単に攻撃して来ないはず。

少なくとも1ポイントに3往復くらいは、こういったしぶといラリーを継続していくことをまずは心がけましょう。

 

■相手がイライラして強引な攻撃になってくれれば、しめたもの

コントロールが良い相手は、自分の理想が高い。

上手くいかないと、ついイライラしたり、精神的に不安定になっていきがち。

そんな状況に追い込んでいければ、アナタの勝利が見えてきます。

ちょっとした変化、見逃さないようにしましょう。

いつもは入っていたコントロールが良いショットが、少し甘くなる、アウトする・・・ようになると、今度はアナタが攻撃的にいく番。

流れがコチラに来たら、積極的にネットプレーも混ぜていきましょう。

 

コントロールが良い相手は、良いリズムに乗って来ると手が付けられなくなる。

その前に、リズムを崩すようなショット、相手に簡単に攻撃させないようなショット、を自分から使っていきましょう。

もう一つ、どんなに良いコントロールでコートの端に打たれても、しっかり最後までボールを追うこと。

この諦めないプレーが、最後の最後でボディブローのように効いてきます。

強い相手こそ、じっくり対策を練って準備しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

    シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。…

  2. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

  4. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

    テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

    アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することにな…

特集記事

  1. ストローク

    ライジングショットを、しっかり抑えて打つコツは意外に簡単
  2. ボレー

    ボレーは鋭さを増す、簡単な方法とは?
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つため…
  4. テニス シングルス

    メンタル

    一番を目指さないと、二番にも三番にもなれない
  5. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽き…
PAGE TOP