テニス メンタル

シングルス

3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することになるでしょう。

そして上で挑戦する、ということは、格上選手と対戦していくということ。

厳しい戦いですが、この意識だけは持っておいて欲しい。

あくまで勝負に勝つ、為に出来ることは全て準備しておきましょう!

 

3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

 


 

1.試合に勝ちたければ、序盤に全てをかける

3セットマッチ、長いようで実は短い。

そう、勝負どころはいきなりやって来るのです。

格上選手に勝つには、絶対にファーストセットを獲りたい。

逆に言えば、獲らせてはいけない。

相手がファーストセットを獲ったら、すぐに余裕を持たれてよりプレーの精度は上がる。

そうなってしまっては、実力差を埋めていくのが難しいのがテニス。

本当に、大げさな話ではなく死に物狂いでファーストセット、の奪取に専念しましょう。

 

2.ファーストセットを奪えば、セカンドセットは「あわよくば」で良い

ファーストセットを獲れれば、相手も余裕が無くなる。

プレーにも粗さが出て来て、プレッシャーがかかって来るのがアナタ自身も実感出来るでしょう。

格上相手には、まずこの段階にまでもっていかないと試合にならない。

余裕が無い状態、でのプレーを続けることで・・・そう、粗が見えたり、体力も消耗する。

セカンドセットは、落としても良いくらいのつもりでアナタ自身、積極的にいきましょう!

それがファイナルセットへの、良い布石になるはずです。

 

3.ファイナルセットはセカンドセットの貯金でプレーしよう!

セットカウント1-1、になった時点で、実は格下であるアナタが優位。

私はそう思います。

セカンドセットで相手の消耗も激しいでしょうし、アナタ自身の積極的なプレーも残像として残っているはず。

その貯金を使いながら、ファイナルセットは相手にプレッシャーをかけていきましょう!

試合の終盤になれば、「負けられない・・・」と感じて苦しくなるのは、格上の選手。

アナタ自身、しっかりそのプレッシャーからミスを誘いながら、時には積極的な奇策も入れながら、予定通りのファイナルセットを戦っていく。

6-4  3-6  6-4  セットカウント2-0でアナタの勝利!

イメージ、沸いて来ましたか?

 

「そんなに簡単にいくなら、苦労はしないよ!」と、たくさん声が聞こえてきます。

はい、そうです、確かに険しい道です。

でも、その険しい道に挑んでいくかどうかは、アナタ次第。

そして、この皮算用でも無いと、自分が「予定通りなのか?」も分からなくなる。

試合中に迷わない為にも、計画は大事。

そう、格上選手を倒すためには・・・。

 

今回のまとめ

3セットマッチ、格上相手の試合ではファーストセットを獲ってファイナル勝負、で挑もう!

 

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

  3. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

    シングルスの試合で、求められるストローク。それは、外に逃げてい…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合は、勝っても負けてもその結果を一人占め出来る

    シングルスの試合、に出ているみなさん。ならこのイメージが凄く湧…

特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    アプローチショット、「ボレーのフィニッシュイメージも持って」前に出よう
  2. テニス メンタル

    戦術

    「自分たちのテニスをする」って、何種類持ってますか?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がポーチに出ただけで、すぐ安心してしまう後衛」は、テニス…
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブ…
  5. 戦術

    「試合前から、相手をリードする!」観察すべきポイント5つ
PAGE TOP