テニス シングルス

シングルス

シングルスでの試合、「コートカバーリングの発想」を変えて、コートの真ん中に立つのはもう卒業しましょう

シングルスの試合で、ポジショニングがもったいない選手が多い。

特にテニスを始めたばかりの選手で、ショット一つ一つはすごく良いものを持っていても、そのポジショニングがイマイチがために、試合で勝てない・・・という光景を良く観ます。

逆に、年配のベテランの方はポジショニングで勝負して、上手く体力面と技術面をカバーして試合で勝ち上がっていく。

この差はどこにあるのでしょうか?

 

シングルスでの試合、「コートカバーリングの発想」を変えて、コートの真ん中に立つのはもう卒業しましょう

 


 

■相手のポジションによって、守備範囲は変化するのがテニス

テニスでは、相手が立っている場所からボールが飛んで来ます

当たり前ですが、それ以外の場所からは、ボールは飛んで来ないのです。

であれば、その場所からどのコースに飛んでくる確率が高いか、を一番に考えて、そのコースをケアするようなポジションを、アナタは意識して調整していくことで試合に勝つことが出来ます。

 

■相手を揺さぶる=守備範囲は広がる

相手をコートの端に追い込んでいくと、テニスでは攻撃しているから優勢・・・と考えがちですが、相手が打てるコースは広がります。

角度があるショットも入りやすくなりますし、ダウンザラインのコースはポール回し並みに外から巻いてくるショットが打てる。

もちろん、技術的には難しいショットですので相手もリスクがありますが、上級者になればこういったコースからカウンターショットを得意にしている選手も多い。

相手を揺さぶりながら、自分も効果的にポジションを変えることが非常に重要になります。

 

■基本的な考え方として、ネットの両端を通過するボール速いボールはある程度捨てる

プロ選手の試合を観ていても、ダウンザラインの本当に良いショットは捨てる。

その分、クロスでしっかり打ち負けないポジションを取っているのが分かります。

テニスではセンターベルトがあり、ネットの中心は低く設定されているので、皆ココをスピードボールで通過させてリスクを低くしたい。

だからこそ、まずはこのクロスでのラリーがしやすいポジションをしっかり確保することを意識して、ポジションを調整しましょう。

 

コートの真ん中ではなく、クロスラリーをしっかり行える場所に立つ、というのが原則です。

その中でも、やはりフォアハンド側は空けて待っておくパターンが多いので、シングルスではバックハンドのクロスラリーが自然と増えてきます。

フォアハンド同士のクロスラリーもありますが、これはストレートへの展開も速い。

ということは・・・そう、バックハンドのクロスラリーの精度が、シングルスの試合では肝になりますね。

しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

  4. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

    いざ、大事な試合のシングルス。序盤が大事なことはしっかり理解し…

特集記事

  1. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない
  3. 戦術

    感覚を自分で言語化出来れば、テニスは強くなる
  4. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽き…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要
PAGE TOP