テニス シングルス

シングルス

シングルスでの試合、「コートカバーリングの発想」を変えて、コートの真ん中に立つのはもう卒業しましょう

シングルスの試合で、ポジショニングがもったいない選手が多い。

特にテニスを始めたばかりの選手で、ショット一つ一つはすごく良いものを持っていても、そのポジショニングがイマイチがために、試合で勝てない・・・という光景を良く観ます。

逆に、年配のベテランの方はポジショニングで勝負して、上手く体力面と技術面をカバーして試合で勝ち上がっていく。

この差はどこにあるのでしょうか?

 

シングルスでの試合、「コートカバーリングの発想」を変えて、コートの真ん中に立つのはもう卒業しましょう

 


 

■相手のポジションによって、守備範囲は変化するのがテニス

テニスでは、相手が立っている場所からボールが飛んで来ます

当たり前ですが、それ以外の場所からは、ボールは飛んで来ないのです。

であれば、その場所からどのコースに飛んでくる確率が高いか、を一番に考えて、そのコースをケアするようなポジションを、アナタは意識して調整していくことで試合に勝つことが出来ます。

 

■相手を揺さぶる=守備範囲は広がる

相手をコートの端に追い込んでいくと、テニスでは攻撃しているから優勢・・・と考えがちですが、相手が打てるコースは広がります。

角度があるショットも入りやすくなりますし、ダウンザラインのコースはポール回し並みに外から巻いてくるショットが打てる。

もちろん、技術的には難しいショットですので相手もリスクがありますが、上級者になればこういったコースからカウンターショットを得意にしている選手も多い。

相手を揺さぶりながら、自分も効果的にポジションを変えることが非常に重要になります。

 

■基本的な考え方として、ネットの両端を通過するボール速いボールはある程度捨てる

プロ選手の試合を観ていても、ダウンザラインの本当に良いショットは捨てる。

その分、クロスでしっかり打ち負けないポジションを取っているのが分かります。

テニスではセンターベルトがあり、ネットの中心は低く設定されているので、皆ココをスピードボールで通過させてリスクを低くしたい。

だからこそ、まずはこのクロスでのラリーがしやすいポジションをしっかり確保することを意識して、ポジションを調整しましょう。

 

コートの真ん中ではなく、クロスラリーをしっかり行える場所に立つ、というのが原則です。

その中でも、やはりフォアハンド側は空けて待っておくパターンが多いので、シングルスではバックハンドのクロスラリーが自然と増えてきます。

フォアハンド同士のクロスラリーもありますが、これはストレートへの展開も速い。

ということは・・・そう、バックハンドのクロスラリーの精度が、シングルスの試合では肝になりますね。

しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

    シングルスの試合で、相手がガンガン前に出て来るタイプだったら・・・どう…

  2. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう

    錦織選手が得意とする、シングルスの試合での基本戦術。フォアハン…

  3. シングルス

    シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

    シングルスの試合に出ているけど、ストロークに深さが出ない。すぐ…

  4. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  5. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  6. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意

    特にシングルスの試合で、みなさんも苦戦している相手。粘り強く…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    メイクショット、アタックショット
  2. テニス 部活

    練習メニュー

    「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは、無意味です
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「エースだと思ったら、相手に拾われる・・・」この心理は、テニスの試合で勝ち切れな…
  4. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である
  5. テニス 準備

    その他

    「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる
PAGE TOP