テニス シングルス

シングルス

シングルスの試合で「前に出るタイミングが分からない・・・」という人は、バック側に深く打てるときにネットに出てみよう!

今年もウィンブルドン、始まりましたね!

芝のコートでバウンドが弾まない、速いコートですのでネットプレーが見どころの一つ。

錦織選手も随所で取り入れていたベースラインからネットに出る動き、基本を見直すと皆さんでもしっかり使うことが出来る。

シンプルにこの作戦を実行するだけで、相手は崩れてくれるでしょう。

キーワードは、「深さ」です。

 

シングルスの試合で「前に出るタイミングが分からない・・・」という人は、バック側に深く打てるときにネットに出てみよう!

 


 

■「深いアプローチ」は、予想以上に返し辛い!

アナタも経験があると思いますが、深いアプローチは返球し辛い。

ネットと距離があるのでパッシングショットも抜き辛いし、ロブもばれやすいし獲られやすい。

何より「深いアプローチ」という精神的な負担が大きくなり、中途半端な対応しかできなくなってしまうのです。

トップ選手なら別ですが、一般の方の試合ではバックハンドの深い位置からキレイなパッシング、ロブは難しいと考えておいて間違い無いでしょう。

 

■前に出る、けど出過ぎない距離感でロブをケア

社会人の方、女性の方であれば6割以上の確率でロブをケアしましょう。

ですのでサービスライン、くらいでスプリットステップして準備。

スマッシュも1発で決めようとせずに、しっかり相手に一度触らせるくらいでOK。

ネットにいる自分のほうが精神的に優位である、ということを頭に入れてどっしりして構えておきましょう。

 

■逆の立場で考えれば、強化すべきはバック側のパッシングショット

相手が強くなれば、今度はアナタが同じ形で攻撃されます。

パッシングショット、ロブ、バック側の深い位置から有効に打てますか?

難しいですよね・・・ですのでここはまず、「相手にしっかり触らせる」ことを意識しましょう。

ネットプレーを仕掛けてくる相手が、ボレーが得意とは限りません。

一度ネットにいる相手に触らせてみる、ことで思わぬチャンスになるかも知れません。

無理してネットやアウト、で相手が触らないで失点・・・が一番もったいないのです。

 

テニスって、勘違いのスポーツ。

相手も勘違いするし、自分の実力は勘違いさせる。

つまりハッタリを効かせて、試合では「ネットプレー得意!」と相手に思わせておきたい。

本当は苦手でも、試合後半までバレなければ良いんです。

ですので、こういう作戦はぜひ序盤に入れましょう!

最初の1ゲームでネットに出てポイントを獲る、ことで相手に与えるダメージは大きいはずです。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術

    シングルスの試合、始めて試合に出る時は皆さんも緊張しましたよね。…

  3. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

    シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。その要因は…

  4. シングルス

    シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法

    シングルスの試合での失点、どんなミスが多いでしょうか。アウト、…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、守備力を上げる基本戦術とは?

    シングルスの試合で、簡単に負けてしまう方へ。まず、大事なのはし…

  6. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要

    テニスのシングルスの試合で、なかなか勝てないと悩んでいる方は、特に学生…

特集記事

  1. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかど…
  2. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー
  4. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう
  5. テニス 練習

    ストローク

    「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?
PAGE TOP