テニス リターン

ストローク

ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う」のがポイントです

ストロークでもっと楽に、切れ味のあるショットを打ちたい。

そう考えている人は、まずいかにリラックスして打てるかが大前提となります。

パワーはあるのにストロークでスピードやキレが出ない、と感じている人はラケットを「鞭(むち)」のように扱ってみる。

この意識を持つと、フォームがより自然に変わっていくでしょう。

 

ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う」のがポイントです

 


 

■鞭の動作は、タオルを振ることで身に付く

鞭を振る、という動作はなかなか経験できないと思うので、タオルで応用しましょう。

タオルの端を手で持って、それを振ってみる。

いかにタオルのスピードが上がるか・・・を考えると、ただ力任せに振ってはダメですよね。

少しゆっくり振り出して、加速してきたと思ったら「ピュッ!」と振ってみる。

身体の遠くを、タオルが通過できますか?

きっと腕の動作は、身体に巻き付くような感じになるはずです。

 

■「グリップから振り出していく」ことで、ストロークはラケットヘッドが走る!

力が入ると、ストロークのラケット動作は「ラケットヘッド」が先行する形になります。

早くボールに触りたい、打ちたいと焦ってしまうと、どうしても手打ちになってしまうんですよね。

これは上級生の方でも一緒です。

試合の中で力が入ってくれば、どうしてもラケットの先が突っ込んでしまうので注意が必要です。

グリップ、つまりはラケットを持つ手の小指から前に出していくこと、がストロークで切れ味を出す基本。

ラケットでボールを捉えてから、ラケットヘッドが前方向に走っていくイメージを持ちましょう!

 

■息を吐きながら、目線の高さは変えない!

鞭のように扱うスウィングが出来ても、打点がぶれてはミスばかり。

そんな人は、まず身体が上下動しないように、目線の高さを一定にしましょう。

しっかり止まって、息を吐きながらリラックスして振っていく。

その中で、目線の高さは変わらないようにしっかり意識しましょう。

目線の高さを打つ前、後で保つことはテニスの基本です!

 

フォアハンドって、意外と安定しないですよね。

特に力が入る試合の場面では、バラバラになりがちです。

力ではなく、遠心力でラケットの力は解放してあげる。

この意識だけで、きっと一段階上のレベルに、ストロークを押し上げていけるでしょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「トップスピンを掛けたい!!」打点とスイングスピードの調整が、テニスでは必要!

    「ストロークの回転量を増やしたい!」そう思ってる人多いよね。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ

    シングルスの試合で、しっかり相手からポイントを取る。粘ることも…

  3. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫!

    強い相手と対戦すると、前後左右に走る機会が多くなる。もはやこれ…

  4. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

    ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

    シングルスでもダブルスでも、「バックハンド狙い」は避けて通れない。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで…
  2. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツと…
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る
PAGE TOP