テニス リターン

ストローク

ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う」のがポイントです

ストロークでもっと楽に、切れ味のあるショットを打ちたい。

そう考えている人は、まずいかにリラックスして打てるかが大前提となります。

パワーはあるのにストロークでスピードやキレが出ない、と感じている人はラケットを「鞭(むち)」のように扱ってみる。

この意識を持つと、フォームがより自然に変わっていくでしょう。

 

ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う」のがポイントです

 


 

■鞭の動作は、タオルを振ることで身に付く

鞭を振る、という動作はなかなか経験できないと思うので、タオルで応用しましょう。

タオルの端を手で持って、それを振ってみる。

いかにタオルのスピードが上がるか・・・を考えると、ただ力任せに振ってはダメですよね。

少しゆっくり振り出して、加速してきたと思ったら「ピュッ!」と振ってみる。

身体の遠くを、タオルが通過できますか?

きっと腕の動作は、身体に巻き付くような感じになるはずです。

 

■「グリップから振り出していく」ことで、ストロークはラケットヘッドが走る!

力が入ると、ストロークのラケット動作は「ラケットヘッド」が先行する形になります。

早くボールに触りたい、打ちたいと焦ってしまうと、どうしても手打ちになってしまうんですよね。

これは上級生の方でも一緒です。

試合の中で力が入ってくれば、どうしてもラケットの先が突っ込んでしまうので注意が必要です。

グリップ、つまりはラケットを持つ手の小指から前に出していくこと、がストロークで切れ味を出す基本。

ラケットでボールを捉えてから、ラケットヘッドが前方向に走っていくイメージを持ちましょう!

 

■息を吐きながら、目線の高さは変えない!

鞭のように扱うスウィングが出来ても、打点がぶれてはミスばかり。

そんな人は、まず身体が上下動しないように、目線の高さを一定にしましょう。

しっかり止まって、息を吐きながらリラックスして振っていく。

その中で、目線の高さは変わらないようにしっかり意識しましょう。

目線の高さを打つ前、後で保つことはテニスの基本です!

 

フォアハンドって、意外と安定しないですよね。

特に力が入る試合の場面では、バラバラになりがちです。

力ではなく、遠心力でラケットの力は解放してあげる。

この意識だけで、きっと一段階上のレベルに、ストロークを押し上げていけるでしょう!

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. ストローク

    バックハンドに高く弾むボール、をなぜ打たれるのか?

    特に、女性のみなさんで悩んでいる方が多いと思います。バックハン…

  2. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

    相手の足下に、ストロークでボールを沈める。しっかりスピンをかけ…

  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    体幹を捻ってテイクバック、だからストロークに安定感が出る

    「準備が遅い!」と、何度も言われ続けているみなさん。ここはもう…

  5. ストローク

    「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確認しよう!

    中学、高校共に、この時期はテニス部内で代が交代する時期。上級生…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度の…
  2. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問わ…
  3. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに
  4. 戦術

    勇んで同じコース、やられる要因に
  5. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?
PAGE TOP