テニス リターン

ストローク

ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う」のがポイントです

ストロークでもっと楽に、切れ味のあるショットを打ちたい。

そう考えている人は、まずいかにリラックスして打てるかが大前提となります。

パワーはあるのにストロークでスピードやキレが出ない、と感じている人はラケットを「鞭(むち)」のように扱ってみる。

この意識を持つと、フォームがより自然に変わっていくでしょう。

 

ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う」のがポイントです

 


 

■鞭の動作は、タオルを振ることで身に付く

鞭を振る、という動作はなかなか経験できないと思うので、タオルで応用しましょう。

タオルの端を手で持って、それを振ってみる。

いかにタオルのスピードが上がるか・・・を考えると、ただ力任せに振ってはダメですよね。

少しゆっくり振り出して、加速してきたと思ったら「ピュッ!」と振ってみる。

身体の遠くを、タオルが通過できますか?

きっと腕の動作は、身体に巻き付くような感じになるはずです。

 

■「グリップから振り出していく」ことで、ストロークはラケットヘッドが走る!

力が入ると、ストロークのラケット動作は「ラケットヘッド」が先行する形になります。

早くボールに触りたい、打ちたいと焦ってしまうと、どうしても手打ちになってしまうんですよね。

これは上級生の方でも一緒です。

試合の中で力が入ってくれば、どうしてもラケットの先が突っ込んでしまうので注意が必要です。

グリップ、つまりはラケットを持つ手の小指から前に出していくこと、がストロークで切れ味を出す基本。

ラケットでボールを捉えてから、ラケットヘッドが前方向に走っていくイメージを持ちましょう!

 

■息を吐きながら、目線の高さは変えない!

鞭のように扱うスウィングが出来ても、打点がぶれてはミスばかり。

そんな人は、まず身体が上下動しないように、目線の高さを一定にしましょう。

しっかり止まって、息を吐きながらリラックスして振っていく。

その中で、目線の高さは変わらないようにしっかり意識しましょう。

目線の高さを打つ前、後で保つことはテニスの基本です!

 

フォアハンドって、意外と安定しないですよね。

特に力が入る試合の場面では、バラバラになりがちです。

力ではなく、遠心力でラケットの力は解放してあげる。

この意識だけで、きっと一段階上のレベルに、ストロークを押し上げていけるでしょう!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器になる!

    ストロークにおけるアナタの武器、何ですか?私は昔から、フォアハ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    回り込みのフォアハンド、を使わないのは絶対に損なのがテニスです

    「回り込んでのフォアハンドなんて、プロ選手の技術」「フットワー…

  3. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて

    深いボールのストローク、になると急激に増えるもの。それはミス、…

  4. ストローク

    当たり損ないは、減らせる

    私は、最近これに真剣に取り組んでいます。ラケットとボールで、…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    インサイドアウトのストロークで、ストレートへの展開力を高めよう

    ストロークで相手を動かす、攻撃する。こういう時に必要なのは・・…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドのパワーアップ!をしたいなら、「肩の入れ替え」を意識してみよう

    テニスの試合、やっぱり勝負を分けるのは「フォアハンドの威力」。…

特集記事

  1. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく
  2. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けた…
  4. テニス スライス

    戦術

    テニスが上達する、ということは、狙った場所に繰り返し打てるようになるということ
  5. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番
PAGE TOP