テニス リターン

ストローク

ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う」のがポイントです

ストロークでもっと楽に、切れ味のあるショットを打ちたい。

そう考えている人は、まずいかにリラックスして打てるかが大前提となります。

パワーはあるのにストロークでスピードやキレが出ない、と感じている人はラケットを「鞭(むち)」のように扱ってみる。

この意識を持つと、フォームがより自然に変わっていくでしょう。

 

ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う」のがポイントです

 


 

■鞭の動作は、タオルを振ることで身に付く

鞭を振る、という動作はなかなか経験できないと思うので、タオルで応用しましょう。

タオルの端を手で持って、それを振ってみる。

いかにタオルのスピードが上がるか・・・を考えると、ただ力任せに振ってはダメですよね。

少しゆっくり振り出して、加速してきたと思ったら「ピュッ!」と振ってみる。

身体の遠くを、タオルが通過できますか?

きっと腕の動作は、身体に巻き付くような感じになるはずです。

 

■「グリップから振り出していく」ことで、ストロークはラケットヘッドが走る!

力が入ると、ストロークのラケット動作は「ラケットヘッド」が先行する形になります。

早くボールに触りたい、打ちたいと焦ってしまうと、どうしても手打ちになってしまうんですよね。

これは上級生の方でも一緒です。

試合の中で力が入ってくれば、どうしてもラケットの先が突っ込んでしまうので注意が必要です。

グリップ、つまりはラケットを持つ手の小指から前に出していくこと、がストロークで切れ味を出す基本。

ラケットでボールを捉えてから、ラケットヘッドが前方向に走っていくイメージを持ちましょう!

 

■息を吐きながら、目線の高さは変えない!

鞭のように扱うスウィングが出来ても、打点がぶれてはミスばかり。

そんな人は、まず身体が上下動しないように、目線の高さを一定にしましょう。

しっかり止まって、息を吐きながらリラックスして振っていく。

その中で、目線の高さは変わらないようにしっかり意識しましょう。

目線の高さを打つ前、後で保つことはテニスの基本です!

 

フォアハンドって、意外と安定しないですよね。

特に力が入る試合の場面では、バラバラになりがちです。

力ではなく、遠心力でラケットの力は解放してあげる。

この意識だけで、きっと一段階上のレベルに、ストロークを押し上げていけるでしょう!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. ストローク

    対ネットプレーのストロークの、大前提は?

    対ネットプレーの、ストローク術。しっかり出来る人は、試合でも…

  2. ストローク

    テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場面での選択肢を増やし…

    ベイビーステップの主人公、栄ちゃんの影響で、テニスにおける「チェンジオ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い

    まず対戦相相手を見て、気付くこと。身長の高さって、どうにも変え…

  4. ストローク

    ダブルスの試合で、ボールが浮かないようにするには?

    ダブルスの試合で、すぐにストロークのボールが浮いてしまうという方へ、…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK

    何度も繰り返し、で書いてきたのでもう聞き飽きたか方も多いと思いますが、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるよ…
  2. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  3. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がり…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう
PAGE TOP