テニス メンタル

メンタル

格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打ち勝てますか?

テニスに限らず、学生スポーツでは特に、この問題を避けて通れない。

シード校に対して、いかに競って、いかにに勝つか。

これがいかに難しいかは、歴史が証明していると言っても、過言では無いでしょう。

アナタがいつか、シード選手、シード校を追い詰めたとき・・・そのイメージは、今沸いていますか?

普段から意識して、練習して打ち勝つイメージを持っておくことが、何より大事です。

 

格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打ち勝てますか?

 


 

■周囲の雰囲気に呑まれない、自分の強さはあるか?

競合校、選手と対戦していると、妙な雰囲気になることがある。

まさにアナタ自身が勝ちそう、となったときに、どこか「この選手が負けるのは、もったいない!」というような雰囲気になる。

するとどうでしょう、アナタの奮闘や善戦を称える間も無く、相手選手の応援に回る。

こんな光景、テニスでも決して珍しく無いのです。

 

■競合選手はヒーローであり、打ち勝つには絶対的な理由が必要!

大げさに感じるかも知れませんが、テニスの大会会場において、シード選手はヒーロー。

どうしても、勝ち上がってシード選手同士の戦いを望み、アナタの敗退をどこかで願っている。

そう思っておくと、少し気持ちが落ち着きませんか?

スポーツをする人、観る人も人間。

正直な気持ちは、どこかで態度に現れるのです。

 

■「最後に勝ち切る」ことに、秘策はあるか?

試合の後半、自分が勝ちそうになったときに、しっかり試合を終える準備があるか?

これが、強い選手とそうでない選手との違いです。

何となく進行している試合、そのままポイントを重ねて終われると思ったら、大間違い。

具体的に、例えばサーブ&ボレーに出てみるとか、リターンダッシュする、などのハッキリした作戦が欲しい。

終盤にとっておく、自信のあるプレーをいくつか候補出ししておきましょう。

 

試合の終盤、アナタに押し寄せるプレッシャーは半端ではありません。

シード選手、格上選手なら、なおさら。

それくらいの覚悟を持って試合に臨む、ことが特に格上相手には大事です。

普通にやって勝つ、以上のものが必要である、ということ。

それを乗り越えて、勝っていかないといけないのがテニスです。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス 部活
  2. テニス リターン

    メンタル

    相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない

    相手のサーブの調子が良い。そんな試合ほど、つい焦ってしまいます…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切にしよう

    先週に、このサイトを観て頂いている読者の方に実施したアンケート、たくさ…

  4. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?

    テニスが上手い人は、きっとどんな練習も高いモチベーションで一生懸命・・…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    どんなに相手が強敵でも、人間の力に大差は無い

    テニスの試合、どうしようも無いくらいの実力者はいる。第一シード…

  6. メンタル

    綺麗に決めている相手、本当は…?

    テニスの試合を観ていると、綺麗に決まるポイントも多い。プロ選…

特集記事

  1. その他

    自分にとって、一番大切なモノ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証
  3. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な…
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスに必要な「広いコートカバーリング」を身に付ける為の球出し基本練習メニュー
  5. テニス 練習

    テニススクール

    日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」
PAGE TOP