その他

「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について

高校に入学してからテニスを始めた。

で、高校2年生の夏休み、テニスコーチのバイトを始めてみた。

なのでテニス歴とテニスコーチ歴は1年しか違わない。

テニス歴一年の若造がコーチをやっていたことが問題だったかどうかはまぁ置いといて、今年でテニスコーチ歴20年を迎えた今、コーチという存在って何ってよく考える。

 

「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について

 


 

テニスコーチとはどういう存在であるべきなんだろう。

将来テニスコーチになりたいと思っている人にも是非考えてもらいたいが、そうじゃない人もテニスをやっている以上は、コーチという存在について自分なりの考え方をもっておいてもらいたい。

だって、自分のテニスを上達させるために、いろんな人のアドバイスを貰ったほうが効率イイでしょ?

「こういうコーチの下でテニスを習いたい!」と理想を持っておけば、そういうコーチとも出会いやすくなるし、部活でも後輩や仲間にもテニスを教えないといけない時もあるから、自分自身もその理想を持っておけばやりやすいはず。

当初俺は、必死でテニス雑誌や他のコーチのレッスンを見たりして、情報を見つけ出し、「上達するには・・・」と生徒さんにその情報を
レッスンの中で伝えていた。

とにかく俺自身がコーチとして生徒に対し、毎回何か新しい情報を伝え続けないといけないって思ってたし,

それがコーチの仕事と思っていた。
 



 

もちろんそういった情報は必要なんだけど、テニスを頑張っている人は常にそういったものを求めているわけではない

いや、むしろ壁にぶち当たってもがき苦しんでいる状態から抜け出したいとか、目標を見失っているから方向性を見つけてもらいたいとか、自分が抱いているものが実現されているのか客観的に見てもらいたいとか、そういったパートナーシップの存在をコーチに求めることが多くなってくるんだよ。

試合をするのは選手なんだから、コーチが情報を与え続けるだけでは大会で勝ち残る選手は生まれない。

その選手が自分で状況を判断して、適切な戦い方を選びそして自分を信じ続けて勝ち上がっていけるように、コーチは接していかないといけないんだよね。

となるとコーチの存在って・・・・?

情報を与えること、選手の現段階の状況を伝えること、方向性を確かめ、一緒に考えること、自立させること、そして今後の可能性を信じてあげること。

結果を出してもらうには全てが必要。

選手にとって嬉しい存在でありたいと思う。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

    私の周りでも、こういう方はとっても多いです。でも、同じくらい多…

  2. テニス リーダー

    その他

    「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?

    インターハイの個人戦も、本日で閉幕。そして暑い中夏の戦いは、そ…

  3. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それから

    テニスが強くなりたい、結果を出して認められたい。誰もがそう考え…

  4. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

    試合ではポイントを取ったり取られたり、その結果勝ったり負けたり・・・と…

  5. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

    テニスの上達が早い人には、共通点がある。体格や経験、運動神経じ…

  6. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン

    テニスはすごく上手いのに、なぜか周りに人があまりいない。試合に…

特集記事

  1. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    相手をワイドに走らせたら、身体の向きは相手に合わせよう
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけ…
  4. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント
  5. テニス 気付き

    メンタル

    思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない
PAGE TOP