テニス 練習

その他

「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣

テニススクールでテニスを習い始めても、ある程度ラリーができるようになれば自分で安い公営のコートを予約して練習したくなるモノ。

と言っても、テニスは一人ではできないし、何より人口の多い都市圏ではコートの予約もカードを集めたチームプレーが必要・・・。

そこで、テニスの腕に自信が無くても練習に呼びたい!と思われる人の特徴を整理してみましょう。

 

「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣

 


 

1.何も言わずともニューボールを持参

サークルでも無い限り、テニスの練習でしばしば問題になるのが「ボールどうする?」問題。

しかも得てしてそれは、当日あたりに起きてしまいます。

ついつい誰かに期待して荷物少なく参加してしまいがちですが、1缶でも2缶でもニューボールを持参すればきっと参加者のメンバーから感謝されることに。

使わなくても良い・・・くらいの気持ちで、特に初対面のメンバーが多いテニスの練習の際には積極的に持参するようにしましょう。

 

2.ボール拾いを全力で

まるで部活の1年生みたいですが、こういう細かい部分を見ている人は必ずいます。

特にサークルや練習会をまとめている人は、参加者のこういう部分を大切にする人が多いような気がします。

スクールのようにたくさんのボールを使うわけではなくとも、みんなで料金を払っている貴重な練習時間。

大事にしたいという気持ちを前面に出すのは、気持ち良いですよね。

 

3.「行けたら行きます」という類の言葉は、口が裂けても言わない

練習会の幹事をやっていて、一番迷惑なのはこれです。

たいていこういう言葉が出る人は来ないか、来てもモチベーションが低いので周りに良い影響は及ぼしません。

むしろ、「雨でも行きます・・・が、中止の場合だけ教えて下さい!」くらいのスタンスで当然。

自分よりテニスの実力が上の人との練習であれば、間違っても消極的な姿勢は避けるべきでしょう。

 

4.愚痴や後ろ向きな言動をしない

テニスというスポーツは、そもそも難しいスポーツ。

上手くいかないことのほうが多い、相手の調子を崩しながら試合を進めていくスポーツだと自覚しましょう。

そう考えれば、気持ち良いショットばかりではなく、感情的に後ろ向きになることもあるでしょう。

しかしそこは、周りの仲間が見ていることを常に忘れず、大人の振る舞いを心がけましょう。

そのトレーニングは、きっと実際の公式の試合でも活きてきます。

 



 

5.一生懸命に「テニス」をする

一番、基本的なことです。

ですがしかし、これができていない人が多いのも事実。

テニスは適当にやって、アフターが楽しみ・・・。

ただしそれは、テニスを一所懸命やるからこそ楽しくなるもの。

2バウンドは最後まで追う、セルフジャッジはクリーンに、みなで練習できていることに感謝する。

そしてそれを言葉と行動で表せる人が、「また誘いたい!」と思える人になっていくのです。

 

まとめてみれば当たり前かも・・・ということもありますが、自戒の意味も込めて書かせて頂きました。

決して媚を売る八方美人では無く、謙虚に且つ積極的に真摯にテニスに取り組む姿勢は、誰もが共感してくれるものです。

テニスはその人となりが、そのまま出るスポーツ。

皆さんも良き仲間と永くテニスができるよう、精進していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス 格上相手

    その他

    テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄えましょう

    テニスは必要となる道具が多い。ラケットにガット、ウェアにシュー…

  2. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さい

    テニスの試合に強くなるには、なるべく外部で試合を出来る場を設けたい、と…

  3. テニス メンタル

    その他

    「笑っちゃうくらい面白い」とテニスの試合で感じれるようになれば・・・

    「笑いながらプレーしてるね。」よくそう言われる。確かに…

  4. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない

    最近、特に気になることがあります。学生の皆さんやジュニアの大会…

  5. テニス メンタル

    その他

    「やっぱりこの店が良い!」テニスのアフターで選ばれるお店のポイント5つ

    練習や試合も終わり、その後は・・・そう、酷使した身体に流し込むBEER…

  6. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に勝てません

    効果的な練習、日々の中で皆さんできてますか?この「効果的」とい…

特集記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー
  2. サーブ

    改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていな…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが入らない、ダブルフォルトするの」はメンタルが弱いのではなく、技…
PAGE TOP