テニス ストローク

ストローク

「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ4つ

しっかり肩が入ったフォームから、深いトップスピンがきたかと思うと・・・「スッ」とスライスでネット際にドロップショット。

錦織圭選手も得意としているこのショット、美しいですよね。

まるで時が止まったかのようにも思えてしまうこのショット、難易度が高いのは百も承知ですがそのコツは是非知りたい!

ということでまとめてみました。

 

「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ4つ

 


 

1.肩を入れて打点に顔を残す

基本的なことですが、ストローク時の横向きをより深く意識します。

そして打点に顔を残して、早く結果を見たい気持ちを抑えて前を向くのをグッと我慢・・・・。

この意識だけで、ボールとラケットのインパクトに集中できます。

改めて、意識してみましょう。

 

2.ライジングのタイミングで打つ

ドロップショットには演技も必要。

「しっかり深く打つぞ!」と見せかけての緩いショットですから、当然自分から攻撃する態勢でボールに入る必要があります。

その時に意識して欲しいのが、思い切ってライジング(ボールが上がりきる前、または上がりきったところ)の打点でボールを捉えるという意識です。

「ただでさえ難しいライジングショットでドロップ!?」と思う人も多いかと思いますが、ネットの向こうの相手はこれが本当にやっかいなもの。

自信が無くても、まずは一度トライして感覚を掴みましょう。

 

3.スライスをかければ山なりの軌道でOK

ドロップショットは難しい?

いやいや、そんなことはありません。

確かに鮮やかに2バウンドを奪う精度まで高めるには練習が必要ですが、まずは拾われてもOK、という感覚が大切。

その為には、しっかり山なりの軌道をイメージしましょう。

その中で、スライスだけはしっかり意識してかけるようにすること。

そう、フラットで当ててしまうとそのタッチの強弱だけで調整する癖が付いてしまい、緊張した場面で置きにいってしまいがち。

スライスをかける為に、しっかりラケットも動かして山なりの軌道をイメージできるよう練習しましょう。

 



 

4.テニスは「遊び」=相手を騙すから面白い!

究極の感覚は、これです。

テニスコートはせっかく縦に距離が長い設定になっていますので、これを活かさない手はありません。

失敗しても良いんです!

とにかくいつでも頭の中に「ドロップをいつ混ぜるか・・・」を、ストロークラリーをしながら考えるようにしてみてください。

 

もちろん、このコツだけ聞いてすぐに出来るようになる技術ではありません。

とはいえ、ちょっとしたヒントにはなると思いますので、まずは遊び感覚で皆さんトライしてみて下さい。

練習していると、不思議なもので相手から打たれたときも自然に身体が反応してくれるようになります。

さぁ、テニスという遊びを精一杯楽しみましょう!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークでストレート」に流せると、テニスの試合では展開に幅ができる

    テニスの試合はミスが多い方が負け。攻撃もするんだけど、その攻撃…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    打球方向に力を乗せる、ストロークに必要な要素とは?

    ストロークはある意味で、誤魔化しが効かないショットサーブ同様に、ベ…

  3. ストローク

    対ネットプレーのストロークの、大前提は?

    対ネットプレーの、ストローク術。しっかり出来る人は、試合でも…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

    皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。思い出してみて下さい。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する
  3. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ…
  4. テニス 緊張

    戦術

    テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて
  5. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージ…
PAGE TOP