テニス ロブ

ストローク

「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方

ダブルスだけでなくシングルスでも、試合で意外と使う機会が多いのがロブショット。

イメージとしては、どちらかというと相手の攻撃を凌ぐというイメージもあるショットですが、ある程度レベルが上がればスマッシュの恰好の餌食になってしまいますよね。

でも攻撃的なトップスピンロブは難しいし、厚いグリップでスイングスピードを上げるのも自信が無い・・・という方も多いと思います。

そこで今回は、今のあなた自身のロブの考え方を少し変えることで、より試合で使えてポイントを獲りやすく出来るようなコツをお教えします!

 

「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方

 


 

1.ロブは相手を下げさせて意識を上に向けさせる為、という意識を持つ

ロブショット1本で決まらなくても、相手に対して「自分はロブを打てるよ」というアピールをするだけで実は有効です。

なぜなら相手の意識を上や後ろにするだけで、足元のショットがより活きてくるからです。

テニスの全てのショット・ラリーは、組み合わせの中で活かされてきます。

まずは「いつでもロブを打てますよ」という雰囲気を、相手に植え付けましょう。

 

2.積極的に相手が嫌がる「バックハンドハイボレー」で触らせる

試合の中で、ロブは抜けることだけが正解ではありません。

フワッとしたロブが抜けても、実は粘り強い相手だとそれを追いかけて返すことも慣れている場合も多いのです。

そこで意識したいのが、相手のバックハンド側のハイボレーで積極的に「触らせる」こと。

ポイントは、高さよりも早さを出した中ロブにすることで、「パートナーとチェンジしたら間に合わない!」と思わせて触らせることが重要。

上手くいけば、相手ペアの信頼関係も崩せるかも・・・。

 

3.順回転のロブ、スライスロブの2種類は使えるようにする

スマッシュで難しいのは、そのタイミングの取り方。

スライスは滞空時間が長く、スピンは短い。

このスピンを打つのは最初は難しいので、まずは順回転のロブを練習して見て下さい。

スライスとメリハリをつけるだけで、相手は加速してボールが落ちてくる=食い込んで落ちてくるような感覚になるはずです!



4.思い切って、高く上げる天井ロブを打ってみる

コートの端から端へ走らされたとき、あるいはどうしようも無く苦しいときは、思い切って高い天井ロブを上げてみましょう。

インドアコートでは難しいですが、アウトドアではこれが意外と有効です。

相手は高い確率で一度落としてグランドスマッシュを選択するでしょうが、このグランドスマッシュは実は難しい技術。

ストロークで繋いでくれたらしめたもの。

消極的な姿勢は、その後のプレーにも影響します。

心が折れるくらい、高く高く、打ち上げてみましょう。

コツとしては自分がいる位置とラケットとボールを当てる確度をイメージして練習すること。

成功すると、試合の流れがグッと引き寄せられるのが分かるはずです。

 

ロブは奥が深い・・・そう感じるようになったのは、歳を重ねてきたからでしょうか。

歳を重ねれば、当然前に走るダッシュ力は衰えてきますので、必然的にネット周りでプレーする機会が増えてきます。

そことのバランス、対ロブの戦略は、ベテランの方ならずとも若い方もぜひ、身に着けておきたい技術ですね。

考え方ひとつで、テニスは変わります。

皆さんもぜひ、こちらをヒントに新しいロブからの展開を考えてトライしてみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている…

  3. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

    試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。この何気ない…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

    昨年からの錦織選手の活躍、テニスファンならずともテレビに観入ってしまう…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

    ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう

    シングルスでもダブルスでも、必須の技術なのに見落とされている。…

特集記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる
  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一…
  3. 筋トレ

    テニス知識

    体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう
PAGE TOP