テニス フットワーク

ロブ

試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!

ロブについて、皆さんどんなイメージですか?

ベースラインから、相手の前衛の頭を抜く!

確かに基本ですが、それは相手も分かっているしテニスをやっている人なら、ケアしている。

ケアしている相手には、どんなに良いロブを打ってもスマッシュで応戦される。

必要な要素、一緒に考えてみませんか?

 

試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!

 


 

■試合で使えるロブ、について考えてみましょう

試合でロブ、使えていますか?

特にダブルスでは、上手くロブを使わないと逆にどんどん前に詰められてしまう。

だからこそ、しっかり試合で使えるロブについて、アナタ自身が理解しておく必要があり。

「高さがあって良い回転がかかり、深ければ良い・・・んじゃないの?」と思った方、甘い。

まずそんな良いショットは毎回打てないし、打てたとしても相手に読まれていたら意味が無いしスマッシュで攻撃される。

レベルが高い試合とは、そういうものです。

 

■試合で使えるロブとは、「相手の不意を突く」ロブである

例え深くない、低いロブでも、試合では効果的な場合がある。

それは何だと思いますか?

相手の、「不意を突いたロブ」であれば、試合ではそう簡単にスマッシュされないのです。

逆に、相手に読まれたロブはどんなに良いロブでも打たれる。

では、不意を突かれるような要素、はどんなシチュエーションか・・・を考えてみる。

そうすると、私なりにこの3つのシチュエーションが当てはまります。

 

■相手の不意を突いたロブに欠かせない、3つの要素!

私が考える、相手の不意を突ける3つの要素は、これです。

 

・ボレーでロブを混ぜる=ロブボレー

・ネット近くからロブを上げる=相手との距離が近い

・スピン系のストロークフォームで打つ=相手にギリギリまでロブだとバレない

 

まず、ボレーからロブが来る、というのは相手も読み辛い。

読み辛いからこそ、不意を突かれる。

ボレーでは相手も足元をケアしますからね。

次に、近しい要素ですが「ネットの近くからロブを上げる」というのも、相手の不意を突きやすい。

ネット際でチャンス、の要素では相手も相当、ロブが浮かび辛い。

しかも相手との距離が近いので、打ってから頭の上を通過するまでの時間が短いので、ラケットを上に準備する時間が無いのです。

触れそうなのに・・・触れないから、もどかしい。

そして最後に、スピン系のストロークのフォームでロブが打てると良い。

激しいトップスピンロブ、が打てなくても良い。

普通のフォームで、少しゆっくりラケットを振ってロブにしているだけで、相手にとって非常に有効なショットになるでしょう。

 

ロブをしっかり使えないと、試合では厳しい。

もっと厳しいのは、「ロブの必要性に気付いていない人」。

一度、試してみて下さい。

ネット際でボレーのとき、チャンスのとき、ロブを使ってみる。

面白いようにポイントが獲れるようになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. その練習を、疑おう
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  2. ロブ

    合わせるロブから、振り切るロブへ

    ロブを打って、相手を攻める、崩す。これは、ダブルスの試合では必…

  3. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効

    あるレベルになれば、ロブは通用しなくなる。これは、試合に出てい…

  4. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  5. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す

    シングルスでもダブルスでも、ロブを打たれる機会は試合である。そ…

  6. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークでダウンザライン」に打てないと、シングルスの試合では相手…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブで…
  3. テニス サーブ

    リターン

    ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ
  4. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    手堅いボレーでしぶといダブルス、どうやって崩す?
PAGE TOP