テニス フットワーク

ロブ

試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!

ロブについて、皆さんどんなイメージですか?

ベースラインから、相手の前衛の頭を抜く!

確かに基本ですが、それは相手も分かっているしテニスをやっている人なら、ケアしている。

ケアしている相手には、どんなに良いロブを打ってもスマッシュで応戦される。

必要な要素、一緒に考えてみませんか?

 

試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!

 


 

■試合で使えるロブ、について考えてみましょう

試合でロブ、使えていますか?

特にダブルスでは、上手くロブを使わないと逆にどんどん前に詰められてしまう。

だからこそ、しっかり試合で使えるロブについて、アナタ自身が理解しておく必要があり。

「高さがあって良い回転がかかり、深ければ良い・・・んじゃないの?」と思った方、甘い。

まずそんな良いショットは毎回打てないし、打てたとしても相手に読まれていたら意味が無いしスマッシュで攻撃される。

レベルが高い試合とは、そういうものです。

 

■試合で使えるロブとは、「相手の不意を突く」ロブである

例え深くない、低いロブでも、試合では効果的な場合がある。

それは何だと思いますか?

相手の、「不意を突いたロブ」であれば、試合ではそう簡単にスマッシュされないのです。

逆に、相手に読まれたロブはどんなに良いロブでも打たれる。

では、不意を突かれるような要素、はどんなシチュエーションか・・・を考えてみる。

そうすると、私なりにこの3つのシチュエーションが当てはまります。

 

■相手の不意を突いたロブに欠かせない、3つの要素!

私が考える、相手の不意を突ける3つの要素は、これです。

 

・ボレーでロブを混ぜる=ロブボレー

・ネット近くからロブを上げる=相手との距離が近い

・スピン系のストロークフォームで打つ=相手にギリギリまでロブだとバレない

 

まず、ボレーからロブが来る、というのは相手も読み辛い。

読み辛いからこそ、不意を突かれる。

ボレーでは相手も足元をケアしますからね。

次に、近しい要素ですが「ネットの近くからロブを上げる」というのも、相手の不意を突きやすい。

ネット際でチャンス、の要素では相手も相当、ロブが浮かび辛い。

しかも相手との距離が近いので、打ってから頭の上を通過するまでの時間が短いので、ラケットを上に準備する時間が無いのです。

触れそうなのに・・・触れないから、もどかしい。

そして最後に、スピン系のストロークのフォームでロブが打てると良い。

激しいトップスピンロブ、が打てなくても良い。

普通のフォームで、少しゆっくりラケットを振ってロブにしているだけで、相手にとって非常に有効なショットになるでしょう。

 

ロブをしっかり使えないと、試合では厳しい。

もっと厳しいのは、「ロブの必要性に気付いていない人」。

一度、試してみて下さい。

ネット際でボレーのとき、チャンスのとき、ロブを使ってみる。

面白いようにポイントが獲れるようになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    前に出てロブで抜かれたときに、「後ろ向きのままロブで返球する」ための秘策とは?

    シングルスの試合で前に出て、良いロブを上げられてスマッシュを諦める。…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

  3. ロブ

    スライスロブ、と見せかけて…

    試合でも使えるし、相手を揺さぶる良いショットになるのがロブ。…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い

    試合でロブを打って、浅くなってスマッシュで決められる。こういう…

  5. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

    ロブを攻撃的に使うこと。これは、ダブルスの試合では必須のテクニ…

  6. ロブ

    人がロブを打ちたくなる瞬間、には法則がある

    みなさんも試合をしていて、感じることがあるはず。「ロブが来そう…

特集記事

  1. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう…
  3. その他

    アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ
  4. リターン

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性
  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    頭の真上のボレー、はフォア?バック?
PAGE TOP