テニス 知識

テニス知識

「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?

全豪オープン、残念ながら大坂なおみ選手は2回戦敗退。

ですが敗退後の記者会見で、とても印象深いメッセージを残していました。

「今日は相手の方が、テニスをよく知っていた」

「試合は楽しかったし、自分ももっと経験を積んで強くなりたい」

こういう言葉って、なかなか試合後の悔しい状況では言えないものだと、私は思います。

 

「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?

 


 

■「テニスを知っている」とは、どういうことか?

テニスをよく知っている人、とはどんな人でしょう?

ルールや歴史の知識が豊富、というのも一理ありますね。

やたらと選手に詳しかったり、最新ギアに精通している人もいるでしょう。

ですが、ここで私が考えたいのは、「テニスを知っている=出来る手段が多く、試合を勝利に結びつけられる人」だと思っています。

すごく速いサーブ、は持っていなくても、全ての技術を80点で出来て適切な判断力がある。

工夫次第で、テニスの結果は変わることを理解している。

相手を観察して、自分を変化させていける選手が、「テニスを知っている」と言えるのではないでしょうか。

 

■経験豊富な相手を知り、受け入れる大坂選手は凄い

若いのに、非常に落ち着いて自分を客観視している。

それに、相手の経験豊富な点を率直に受け入れて自分の足りない部分を補いたい、強くなりたいと口に出来るのは、大坂選手の凄みだと感じました。

なかなか、「経験の差」で負けた試合って、受け入れられない人も多い。

経験が足りないのは、仕方ない、自分の努力ではどうしようもない、と思いたいですからね。

でも、それって全く成長出来ない考え方。

時間は平等に流れている、のであれば今からでも出来ることはたくさんあるはずです。

 

■テニスをよく知る、為に必要なのはたくさんの選手と打ち合うこと

練習時間が長いより、いかにたくさんの選手と打つ機会を設けるか。

自分で創り出すことが出来るか。

2時間1人の相手とずっと練習するよりも、10人と打てる機会があった方が良い。

それも、「ちょっとこの選手の球質、打ち辛いな・・・」というような相手ほど、大事にしたい。

もっと言えば、自分の耳が痛い言葉も、きちんと言ってくれる人。

そうやって様々なテニス観に触れていくことが、「テニスを知る」ということにつながっていく。

先ほど書いたように、知っているだけでなく実践出来るかどうか、自分の試合を自分のテニスで勝利に導けるかどうか。

この基準をぜひ、大事にして欲しいと思います。

 

テニスを知っている、人は意外と少ない。

テニスを知るとは自分を知り、周りを知ろうと興味を持って主体的に動くこと。

「だって、部活やサークルで忙しいし、そんな暇ないよ」という方も多いでしょう。

本当に、無いのは時間ですか?

きっとアナタの勇気が、無いだけです。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

  2. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

    テニスの試合の現場で、「あれ?こういう時って、ルールどうだっけ?」と思…

  3. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

    秋、試合が多い時期は季節の変わり目。みなさんは、試合のときにど…

  4. テニス知識

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

    夏から秋は、台風や暴風雨の季節。今年も日本各地で、大変な被害が…

  5. テニス イレギュラー

    テニス知識

    リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

    テニスの試合で、イレギュラーバウンド・・・どの程度あるでしょうか?…

  6. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

    「ここぞ」という時に、踏ん張れる。ストロークでもボレーでも、最…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い
  2. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?…
  4. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう
PAGE TOP