テニス ストローク

ストローク

ベースラインからのストローク展開で、「ライジングショットがなぜ必要なのか?」を改めて考えてみる

目次

マスターズパリ大会決勝、すさまじいラリーの応酬でしたね・・・。

中でも光ったのが、両選手のライジングショット。

いかに相手の時間を奪うか、攻撃していけるかが、現代テニスの鍵になっています。

改めて、学生や一般社会人の方にもお伝えしたい、そのライジングショットの必要性について、今回は考えてみましょう。

 

ベースラインからのストローク展開で、「ライジングショットがなぜ必要なのか?」を改めて考えてみる

 


 

■小さな相手の隙を見逃さないテニスが、勝利を呼ぶ

素早いフットワークに安定感のあるストロークは、現代では多くの人が習得している技術。

こういった選手を後ろから打ち抜くには、ライン際を狙い続けるしか無い場合が多い。

そのリスクを取っていては試合では勝てない、であればどうするかと考えると、コートのしっかり内側で攻撃してポイントを獲りたい。

相手が「つないでくる」「浅いボールになる」ような、ちょっとした隙を逃さないで攻めていくことで、試合を優位に進めることができます。

 

■時間をいかに奪えるかが、現代テニスの基本戦術

ライジングショットはボールがバウンド後に頂点に到達する前に打つ、つまりは通常のストロークよりも速いタイミングで返球するということ。

ボールに勢いがある状態ですから、テニスの中でも技術的にはかなり難しいショットであることは事実です。

相手が打ち終わって、すぐにまたボールが来るような印象を与えると、相手は圧迫感を感じ「攻撃されてるな・・・」と構えます。

その為には、「構え直す時間、戻る時間を与えない」ようなメッセージが必要。

ライジングでしっかり打っても、相手がしっかり構えて待っている・・・では、あまり意味が無いのです。

 

■下がれば下がるだけ、ライジングも打てないし守備範囲は狭くなるという意識で

ベースラインから下がり過ぎると、この作戦は実行できません。

ライジングショットは、なるべくネットに近い位置で打ちたい。

であれば、ベースライン上に立つようなイメージで、常にプレーしましょう。

相手から攻撃されそうになっても、下がるのはほんの1歩程度でしょうか。

下がり過ぎても守備範囲は狭くなる、という意識を持って下さい。

同時に攻撃のチャンスも減ってしまい、試合で良いことはありません。

 

ポジショニングを前に取る、ということは、あらゆるスポーツにおいて技術が求められます。

サッカーであればディフェンスラインを高く保てば、それだけリスクも伴いますがコンパクトなサッカーを展開できる。

テニスも同じで、相手との距離を短く詰めれば、それだけ展開は速くなることを自覚しましょう。

全て、アナタがコントロールして試合を主導する。

この意識を持てれば、きっと試合の中でどんどんライジングで攻撃していくことができるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス 錦織圭
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ4つ

    しっかり肩が入ったフォームから、深いトップスピンがきたかと思うと・・・…

  3. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い

    試合中のトップスピンのストロークと言えば、やっぱり安定感をしっかりとア…

  4. テニス 格上相手
  5. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つのポイント

    フォアハンドストロークは、試合で武器にしている人が多い。それで…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限る

    プロ選手の試合を観ていると、本当にラリーテンポが速い。速いけど…

特集記事

  1. その他

    「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ
  2. 戦術

    自分の「やられ方」が大事
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
  4. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い
  5. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?
PAGE TOP