スマッシュ

コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」感覚でちょうど良い

ネット際のチャンスボール、皆さんはどんなイメージで打ち切っていますか?

ラケットを振り過ぎるとネットに当たって反則になるし、かといって弱く打ったら反撃されそうで怖い・・・。

そんな時に必要なのは、インパクトと同時にラケットを「自分の身体のほうに引く」動きを入れること。

この動作で、コンパクトで速いラケット動作が出来て、しっかり力のあるボールを打つことが出来ます。

 

コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」感覚でちょうど良い

 


 

■ネットの近くでは「フラットな当たり」でOK

ボレーはスライス回転をしっかりかける、のが上級者の基本になります。

特にストロークの相手に対しては打点を低くするために、このスライス回転が必ず求められます。

では、ネット近くでスライス回転は必要かと言うと・・・これは実際、必要ありません。

むしろ回転をかけようとしてアウトになってしまう可能性も高く、むしろグリップをストロークの厚い握りに変更して、「パン!」とフラットな打ち方が求められます。

大事なのは、ラケットを「コンパクトに素早く動かす」ことです。

■インパクトと同時に、ラケットを引くとどうなる?

皆さんはタオルを持った時、前にフワ―っとなびかせて急に身体に近いほうに引き寄せると、どんな動きをするか知っていますか?

タオルの先が速い動きをして、最後に自分の身体の方向に近付いてくる。

この動きを、ラケットを用いて行うことでネット際でコンパクトなスマッシュやボレーが打てるようになります。

ボールが当たったと同時に、自分の方向に引き寄せる。

むしろ当たる前から、自分の方向にラケットを引き寄せるようなイメージでも良いでしょう。

フォロースルーをマイナス方向に出していくようなイメージが大事です。

 

■フワーっとしたチャンスボールも、怖くない!

意外とゆったりしたボールって、チャンスのようで決め辛いですよね。

今回の技術を使えば、きっとこういった緩いボールも処理が簡単に出来るようになるはずです。

緩いボールに対しては、ラケットのスィングは小さくするほうが安定します。

ラケットヘッドも、少し倒すくらいでほとんど寝かせないこと。

寝かせて反動を付けると、これまたアウトしてしまいます。

ラケット動作が少ない分、足はしっかり動かしましょう!

ぜひ普段の練習、特にダブルスの前衛では意識して使えるようにしておくと良いでしょう。

 

ボレーは「横向き!」ということを、何度か書いてきました。

ことこの技術に関しては、もう少し身体を正面に向けても打ちやすい。

横向きだと、スライス回転がかかってしまうこともあるので、色々試してみてください。

アイデアを元に、あとはアナタ自身で研究です。

きっとチャンスの「締め方」を練習できていれば、試合でも自信が付くはず。

それも自分で考えて出した方法なら、尚更ですね。

ぜひ、良いヒントにしてもらえればと思います!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こう!

    スマッシュはコースで勝負。特に余裕がある、しっかりフットワーク…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    相手2人が下がっている時に、スマッシュはどこを狙う?

    ダブルスの試合で、相手2人が下がっている状態。こういう陣形の…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに

    ダブルスの試合で、「スマッシュが重なりそう・・・」になったこと、ありま…

  4. テニス スマッシュ
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

    試合でスマッシュが入らない、大事なところでミスをする。もう、こ…

  6. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

    ネットプレーの弱点、それはバック側に上げられるロブ。この対処を…

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!
  2. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要
  3. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人
  4. テニス 予測

    フットワーク

    ビッグサーバー、ビッグフォアハンド相手には、低い態勢が不可欠
  5. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう
PAGE TOP