テニス ダブルス

スマッシュ

ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブを上げにくい

ダブルスの前衛にいると、どうしても落ち着かない。

なぜかと言うと、とにかくスマッシュが苦手だから・・・。

そんな方には、あえて「後ろ方向にポーチする」ことで相手より先手を打つことをお勧めします!

 

ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブを上げにくい

 


 

■前衛のポーチは、「前」だけが能じゃない

前衛のポーチは、前に出てネット近くで「パチン!」というイメージが強いですよね。

だからこそ相手もストレートロブを上げたりして対抗してくる。

そのときに、アナタはしっかりスマッシュを打ち切れていますか?

苦手意識があると相手に伝わり、「上に上げておけばミスしてくれる」という、やりやすい相手になってはいませんか?

ロブを先読みすることができれば、「あえて」相手が打つ少し前に後ろに下がるのも手です。

 

■ダブルスにおいて「スマッシュが苦手でひたすらチェンジ」は、一番まずいパターン

ロブから逃げるようにチェンジする前衛は、前にいる意味がありません。

だったら最初から下がってた方がマシ。

スマッシュが苦手であれば、工夫すること。

テニスにおいては、ポジションはラリー中でもどんどん変えて良い。

予め下がるのが早ければ、きっと打てるスマッシュも増えるはずです。

■たとえそのスマッシュが入らなくても気にしない、表情に出さない

相手にとって、何が嫌なことか。

それは良いロブでも前衛に触られる、そしてミスしても堂々としているのが嫌なんです。

後ろに動くポーチを覚えれば、身長の低い女性の方でも、深いロブを触れます。

「あっ、これはもう簡単にロブ上げられないな・・・」と相手が思っていれば、今度は通常のポーチのチャンス!

こうやって相手にプレッシャーをかけていきましょう。

 

前衛にいるときも、味方の後衛がサーブを打つ、ストロークを打つ瞬間から、アナタの駆け引きが始まります。

ストレートロブは、基本的にアナタが処理すべきボールという意識を持ちましょう。

チェンジする、任せるときは、クロスのポーチを予測して攻撃的になったとき。

漠然と、もやーっと前衛の位置に立っているだけの方、そのままでは試合に勝てません。

「後ろに動いてでも」ロブを誘えるように、意識を高く持ちましょう

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

    試合でスマッシュが入らない、大事なところでミスをする。もう、こ…

  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず

    ダブルスの試合、陣形に関わらず「スマッシュ」をいかに打てるのか。…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  5. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ

    試合の中で、並行陣が苦手な方。並行陣、とまで言わなくても前に…

  6. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!

    ラケットスポーツにおいて、スマッシュの技術は重要。卓球でもバド…

特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?
  3. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹…
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術…
  5. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる…
PAGE TOP