スマッシュ

スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが出来ますか?

試合のレベルが上がってくると、このタイミングをしっかり自分の間で打つ技術が必要になります。

「スマッシュは、まず入れるので精いっぱい・・・」という方も、一度自分の中でどこまで待てるか考えてみて下さい。

きっと新しいポイントの獲り方、身に付くはずです!

 

スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

 


 

■シングルスの試合でこそ、必要な打ち分けの技術

シングルスの試合、よく見る光景でこんなシーン、ありませんか?

相手が粘って粘って、最後にロブを上げる、そしてネットについている相手はその返球をスマッシュ、そしてミス・・・。

このポイントパターン、で一番強いと思うのはジョコビッチ選手。

彼の粘り強さの真骨頂は、このスマッシュをミスさせる粘り、にあります。

 

■相手を確認してコースを打ち分けられない選手は、厳しい

スマッシュのコースを、相手を見て打ち分けることが出来ないと、なぜ厳しいのか。

それは、ロブの滞空時間が長いので相手が「予測」をして走り出す、コートカバーをされてしまうから。

意外とスマッシュって、実は反撃されやすい。

打つ前にしっかり相手を見て逆を突けないと、しっかり守備体型を敷いている相手を崩すのは難しいのです。

ただ力任せにスマッシュを打って決まるなんて、下のレベルの試合だけです。

 

■打つコースを決めるのは、ラケットを振り出した瞬間

私の感覚では、ラケットを振り出した瞬間に打つコースを決める。

ですので、ラケットを準備して振り出す前は、どちらにでも打てる態勢、を作っておくように意識しています。

しっかり肩を入れて、ストレート、クロス、逆クロス、自然に打てるような間を自分の中で作っておく。

ボールを見ながら、周辺視で相手の位置を確認、どちらに予測して走りそうかを把握できるとベストです。

 

スマッシュは力勝負、では無いようにする為には工夫が必要。

相手の逆を突くスマッシュ、にするためには自分の間で打ち分ける技術が必要ですよね。

多分、思ったよりは難しくないと思います。

まずは練習から、ロブを追いかけてどこまで自分の「間」で待てるのか確認してみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュの構えは、横向きよりも〇〇

    スマッシュをしっかり下がって、強く打つ。これが出来れば、もっ…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

    深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。…

  4. スマッシュ

    ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実

    ダブルスの試合で、よくある光景。相手にロブを打たれて、前衛が打てな…

  5. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技術

    テニスにおける最大のチャンス・・・。色々ありますが、高いバウン…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げられます

    スマッシュはチャンスボール。そう思えているアナタは、きっと上級…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「当てるだけのボレーから、ステップアップして押し出すボレーに」変化させていくうえ…
  3. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない
  5. テニス 環境

    戦術

    自分が「ストローカーなのか?」「ボレーヤーなのか?」に、答えを出さなくても良い
PAGE TOP