スマッシュ

スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが出来ますか?

試合のレベルが上がってくると、このタイミングをしっかり自分の間で打つ技術が必要になります。

「スマッシュは、まず入れるので精いっぱい・・・」という方も、一度自分の中でどこまで待てるか考えてみて下さい。

きっと新しいポイントの獲り方、身に付くはずです!

 

スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

 


 

■シングルスの試合でこそ、必要な打ち分けの技術

シングルスの試合、よく見る光景でこんなシーン、ありませんか?

相手が粘って粘って、最後にロブを上げる、そしてネットについている相手はその返球をスマッシュ、そしてミス・・・。

このポイントパターン、で一番強いと思うのはジョコビッチ選手。

彼の粘り強さの真骨頂は、このスマッシュをミスさせる粘り、にあります。

 

■相手を確認してコースを打ち分けられない選手は、厳しい

スマッシュのコースを、相手を見て打ち分けることが出来ないと、なぜ厳しいのか。

それは、ロブの滞空時間が長いので相手が「予測」をして走り出す、コートカバーをされてしまうから。

意外とスマッシュって、実は反撃されやすい。

打つ前にしっかり相手を見て逆を突けないと、しっかり守備体型を敷いている相手を崩すのは難しいのです。

ただ力任せにスマッシュを打って決まるなんて、下のレベルの試合だけです。

 

■打つコースを決めるのは、ラケットを振り出した瞬間

私の感覚では、ラケットを振り出した瞬間に打つコースを決める。

ですので、ラケットを準備して振り出す前は、どちらにでも打てる態勢、を作っておくように意識しています。

しっかり肩を入れて、ストレート、クロス、逆クロス、自然に打てるような間を自分の中で作っておく。

ボールを見ながら、周辺視で相手の位置を確認、どちらに予測して走りそうかを把握できるとベストです。

 

スマッシュは力勝負、では無いようにする為には工夫が必要。

相手の逆を突くスマッシュ、にするためには自分の間で打ち分ける技術が必要ですよね。

多分、思ったよりは難しくないと思います。

まずは練習から、ロブを追いかけてどこまで自分の「間」で待てるのか確認してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  3. スマッシュ

    相手のスマッシュは、実は自分自身のチャンス

    試合の中で、相手がスマッシュを打つ瞬間。みなさんは、何を考えま…

  4. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。…

  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い

    スマッシュを打つ時の落とし穴。特に、厳しいロブよりも甘いロブ、…

  6. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと

    ダブルスで、大事なポイントが取れない。相手の粘りに屈してしま…

特集記事

  1. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう
  2. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおけるテクニックは教わることが出来ても、「そのテクニックを使う心」は自分…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい
PAGE TOP