テニス メンタル

メンタル

「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?

「もしもあのサーブが入っていれば・・・」

「あのポイントでポーチに出ていれば・・・」

と、試合の後に考えて次の日も引きずっていく。

そんなタラレバな人、テニス界でも多いですよね。

 

「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?

 


 

1.タラレバは現場で活かすから、試合に勝てる

誰だって、後悔するようなポイントは多い。

でも、それを試合の現場で活かさないと。

終わってからは、何も出来ないし後の祭り。

周りにタラレバの話をしても、それは言い訳でしかないし、正直聞かされる方も困る。

ポイント直後に、タラレバだったことは実際にやってみる。

やって失敗した人なら、タラレバの話はしないはずです。

 

2.タラレバの発想が出る人は、「何の意識も無かった」人

私は、タラレバの話ばかりする人は、結局無意識にテニスをしている人だと思う。

「もしポーチに出ていたら・・・」と話す人は、ポーチに出る意識なんてそもそも無い。

ストレートに誘ったり、ロブを警戒して後ろにポジションを変えたり、そんなこともしない。

つまり、何もするつもりは無かったのに、「あぁ、アレしとけば良かったな・・・」という話をしているだけ。

実力不足であり、怠慢ということに気付かないから始末が悪い、んだと思います。

 

3.何かの作戦を常に実行していれば、タラレバなんて無い

つまり、自分が意志を持って何か作戦を実行している限り、タラレバなんて無い。

だって、自分はしっかり作戦を持って実行している訳ですから。

相手の読み、選択が上だった、というときはあります。

それは、タラレバとは違うし・・・アナタの思い通りにはならない強さがある。

アナタの作戦は、希望的観測、ではなく何かの根拠に基づいているはず。

作戦に意志があれば、相手を受け入れて現場で変えていくことも出来ますしね。

アナタ自身の試合、はどうですか?

 

タラレバの想いが出てくるときは、自分が自信を無くしかけているとき。

メンタルがやられているときは、相手に「こうあって欲しいな・・・こうであると楽だな・・・」と、思うのです。

でも実際の試合は、甘くない。

相手も本気で勝ちたい、訳ですからね。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

    すごく極端な話ですけど・・・みなさんも毎回試合に出て、負けることは多い…

  2. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで絶対に足元をすくわれ…

    チャンスボールを打ち込むとき、攻撃していくとき、アナタは自分がどう映っ…

  3. テニス メンタル
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある

    少し、「頭おかしいんじゃないの・・・?」という話をしたいと思います。…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

  6. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無いからだ

    試合は序盤が大事、と何度も書いてきました。ですが、それと同じく…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある
  2. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」…
  5. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について
PAGE TOP