テニス ストローク

リターン

リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

リターンは緊張する。

特にブレークポイントのような場面、逆に追い詰められたような場面では、ミスしたくない。

ミスしたくないと思えば思う程・・・こうやって強引になってしまう人、いませんか?

リターンで強引になる人は、きっと上手く試合をコントロール出来ません。

 

リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

 


 

1.リターンこそ、シンプルにしておきたい技術

リターンは相手のサーブを返球する技術。

サーブは速い、だけじゃなくてどこに飛んでくるのか計算し辛い。

広いサービスエリアの端から端まで・・・と考えると、出来るだけシンプルに仕上げておきたい。

シンプルに・・・と考えると、出来るだけラケットは大きく動かさない、振り過ぎない、が基本。

小さいテイクバックで、しっかり前に踏み込んでいくことを確認しておきましょう。

 

2.手首で最後にこねてしまう人は、何かを誤魔化そうとしている!

リターンの技術に自信が無い人ほど、最後の最後に「グチャ」っとしてしまう。

手首でこねようという意識は無いにせよ、不安になってしまって最後に手首でコントロールしようとして、ミスをする。

そもそも、サーブのようにボールに力を持っている場合、その力を利用してあげれば良いだけ。

しっかりボールに対して良い「角度」を作ってあげれば、それだけで良いリターンになってくれる。

誤魔化そうとすると、自分の力でコートに入れようとする・・・ことになってしまうんですよね。

 

3.40-30のような場面で、相手がやられて嫌なことは・・・?

サーバー側の気持ちになって考えてみましょう。

ポイントを獲ればゲームが取れる、ような場面ですから、出来れば返球されないようなフリーポイントが欲しいところ。

だからこそ、まずリターンを返球してラリーに持ち込むのが試合の基本。

手首でこねたり、強引に誤魔化すような相手は戦いやすいのです。

負けているポイントでは、まず確実に堅実に。

焦って強引になっては、相手を助けるだけですから。

 

リターンで強引になる人、どこかで変えていきましょう。

まずはポジションを前にする、そして相手の力を利用出来るように、打点を前に、高く設定する。

高く設定できれば、それだけネットを超えやすいし、ミスも減る。

手首を使う必要も無い、ですよね。

こねるようなリターンが増えている人は、意識して練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

    レベルが高い試合になってくると、試合を決めるのは1回ぶブレイク。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  3. リターン

    リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

    ダブルスの試合に出ていると、リターンの精度が非常に重要になります。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!

    リターンゲームで、何を武器に戦っていくのか。30-40、のよう…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識すると改善出来る

    ダブルスの試合では、シングルスと違いリターンに「低さ」が求められます。…

  6. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要
  2. シングルス

    シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう
  3. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?…
  5. 戦術

    取り返したい、時ほど冷静に
PAGE TOP