テニス ボレー

リターン

左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

左利きのサーブに、苦戦を強いられる。

これは、右利きのテニスプレイヤーのみなさんの宿命、でもあるでしょう。

必要なことは、私はこれだと思います。

本格的なプレイヤー、でない限りは、捨てるとことは捨てる。

これでいきましょう!

 

左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

 


 

1.左利きの選手を、冷静に見てみよう

まず、冷静に考えてみて下さい。

確かに、左利きの選手はサーブで優位。

アドバンテージサイドからは、右利きのバックハンド側にスライスサーブを打てますからね。

でも、よく考えてみれば、それだけです。

だったら、どうでしょう。

もうアドバンテージサイドでは、左利きの選手がサーブの場合には、思いっきり外側、に立ってみてはどうでしょう。

スライスサーブ、が来ると分かっているなら、外側で待つ。

私なんて、結構ダブルスラインよりも外側、に立っていたりします。

その方が、よりリターンしやすいですからね。

 

2.センターに打てる左利きの選手、は少ない

特に、一般のプレイヤーはそうでしょう。

相手のバック側にサーブを入れること、だけに必死になっている。

実際、これである程度は勝てますからね。

ワイドへのサーブは打てても、センターへは打てない。

スライスサーブですので、必ずボールは向かって左側に曲がっていく。

この事実、を冷静に分析すれば、やることは見えて来る。

センターへのサーブは捨てて、ワイドだけに張る。

これでリターンは、かなり返球しやすいはずです。

 

3.相手サーブ選手のポジション、もよく見ること

ただし、注意すべきことがあります。

それは、相手のサーブを打って来る場所。

外側に立ってサーブを打つ構え、だったらもうワイドをケアですね。

でも、センター寄りに立っているようなら・・・どうでしょう。

少し、センターへのサーブも警戒しないといけない。

相手のサーブの位置、をよく見て、自分のリターンのポジションも変えていきましょう。

基本的には、アドバンテージサイドは外側に立つ。

でも、センター寄りからのサーブを打って来る雰囲気があれば、少し調整する。

これが対左利きサーブ、への基本対策です。

 

4.対左対策、アドバンテージサイドを鍛えよう

ダブルスの試合で勝ち上がりたければ、避けては通れません。

特に、男子ダブルスはそうですね。

対左利きのサーブ、をしっかり出来る選手がアドバンテージサイドでリターンを担当する。

対左利きのリターナー、をペアとして育てていかないとダメですね。

当然、デュースサイドでも、センターへ厳しいスライスサーブを打たれるので、辛いことは辛いのですが。

まずは、アドバンテージサイドのワイド、を塞ぐこと。

これが、左利きの相手を乗せない、最低限の仕事になるはず。

勝ち上がりたいなら、日々準備していかないとダメ、です。

 

要は、大好物にしてしまえば良いんです。

左利きのサーブ、自分は隙なんだと、思えるようにしっかり準備しておく。

狙いがハッキリしている、しかもセンターには打てない、そんな相手がほとんどじゃないですか?

冷静に考えれば、そんなに怖くは無いはず。

先入観は捨てて、攻略していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分…

  2. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブがボディに来る時は、先にフォアかバックか決めておこう

    試合で意外と多い、ボディへのサーブ。でもその対策は、いつも何と…

  3. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る

    「リターンのコントロールが悪い」のは、特にダブルスで致命的。ク…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

    相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場…

  5. テニス ボレー

    リターン

    シングルスの試合でのリターン必勝法、コレでいきましょう!

    シングルスの試合、サーブよりリターンを改善したい。もちろんサー…

  6. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出来る!

    「あぁ・・・結局、攻撃的にいけば良かった・・・」みたいな後悔、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと
  2. シングルス

    シングルスでのネットプレー、キーワードは「お1人様ポーチ」
  3. テニス 練習

    メンタル

    練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう
  4. フットワーク

    「打った後は、必ず足を戻す」癖を付ければプレーは見違える
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察…
PAGE TOP