テニス ボレー

リターン

左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

左利きのサーブに、苦戦を強いられる。

これは、右利きのテニスプレイヤーのみなさんの宿命、でもあるでしょう。

必要なことは、私はこれだと思います。

本格的なプレイヤー、でない限りは、捨てるとことは捨てる。

これでいきましょう!

 

左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

 


 

1.左利きの選手を、冷静に見てみよう

まず、冷静に考えてみて下さい。

確かに、左利きの選手はサーブで優位。

アドバンテージサイドからは、右利きのバックハンド側にスライスサーブを打てますからね。

でも、よく考えてみれば、それだけです。

だったら、どうでしょう。

もうアドバンテージサイドでは、左利きの選手がサーブの場合には、思いっきり外側、に立ってみてはどうでしょう。

スライスサーブ、が来ると分かっているなら、外側で待つ。

私なんて、結構ダブルスラインよりも外側、に立っていたりします。

その方が、よりリターンしやすいですからね。

 

2.センターに打てる左利きの選手、は少ない

特に、一般のプレイヤーはそうでしょう。

相手のバック側にサーブを入れること、だけに必死になっている。

実際、これである程度は勝てますからね。

ワイドへのサーブは打てても、センターへは打てない。

スライスサーブですので、必ずボールは向かって左側に曲がっていく。

この事実、を冷静に分析すれば、やることは見えて来る。

センターへのサーブは捨てて、ワイドだけに張る。

これでリターンは、かなり返球しやすいはずです。

 

3.相手サーブ選手のポジション、もよく見ること

ただし、注意すべきことがあります。

それは、相手のサーブを打って来る場所。

外側に立ってサーブを打つ構え、だったらもうワイドをケアですね。

でも、センター寄りに立っているようなら・・・どうでしょう。

少し、センターへのサーブも警戒しないといけない。

相手のサーブの位置、をよく見て、自分のリターンのポジションも変えていきましょう。

基本的には、アドバンテージサイドは外側に立つ。

でも、センター寄りからのサーブを打って来る雰囲気があれば、少し調整する。

これが対左利きサーブ、への基本対策です。

 

4.対左対策、アドバンテージサイドを鍛えよう

ダブルスの試合で勝ち上がりたければ、避けては通れません。

特に、男子ダブルスはそうですね。

対左利きのサーブ、をしっかり出来る選手がアドバンテージサイドでリターンを担当する。

対左利きのリターナー、をペアとして育てていかないとダメですね。

当然、デュースサイドでも、センターへ厳しいスライスサーブを打たれるので、辛いことは辛いのですが。

まずは、アドバンテージサイドのワイド、を塞ぐこと。

これが、左利きの相手を乗せない、最低限の仕事になるはず。

勝ち上がりたいなら、日々準備していかないとダメ、です。

 

要は、大好物にしてしまえば良いんです。

左利きのサーブ、自分は隙なんだと、思えるようにしっかり準備しておく。

狙いがハッキリしている、しかもセンターには打てない、そんな相手がほとんどじゃないですか?

冷静に考えれば、そんなに怖くは無いはず。

先入観は捨てて、攻略していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

    昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。みなさんも、同じ…

  2. リターン

    バックハンドでストレート方向にリターン、フォロースルーは無くて良い

    両手でも片手でも、ここぞという場面ではストレート方向にリターンを打ちた…

  3. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

    相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか
  2. その他

    試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のプレッシャーに負けた」ことに気付けない人は、延々とやられ…
  4. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけること
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう…
PAGE TOP