テニス メンタル

メンタル

「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある

少し、「頭おかしいんじゃないの・・・?」という話をしたいと思います。

テニスの試合に勝つ、相手を打ち負かすには、こういう考え方も有り。

私は・・・正直、あまり持てなかった考え方なのですが、最近になって少し、分かるようになってきました。

サディスティックな感覚、もテニスの試合に勝つには必要でしょう。

 

「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある

 


 

1.相手の「気落ち」している場面を、見逃すな!

アナタ自身、きっと「優しさ」が性格の基本にあるはず。

それは、日本人なら、結構大事にしている部分なはず、無意識にでも。

これは非常に良い部分、ではありますが、その優しさがテニスの試合では仇になりかねない。

「気落ち」している相手を、しつこく攻撃していくような意識、アナタに有るでしょうか?

「ちょっと、かわいそうだな・・・」と思った時点で、アナタから勝利は離れていく。

例えば、こんなシチュエーションで、です。

 

2.ダブルフォルトを繰り返したら、そこに付け込む隙がある

例えば、相手がサービスゲームでダブルフォルトを繰り返す。

そのときに、リターン側であるアナタが意識することは、「入れに来るサーブを、徹底的に攻撃する」こと。

「サーブが入らないで、かわいそうだな・・・」と、同情している暇は無い。

相手に付け込む、弱点を攻めていくのは、試合での常套手段。

この覚悟を持てている選手は、意外と少ない気がします。

試合に勝てる選手は、この部分で容赦なく攻撃してく、そこに快感を覚えるからこそ強いのです。

 

3.「良い試合」をしようと、思ってたりしない?

良い試合にしたい、と無意識に思っていないか?

圧倒的に勝っている、または相手が気落ちしている時点で、余裕をぶっこいている選手は弱い。

とにかく、相手が苦しんでいるなら、さっさと試合を終わらせることに集中しましょう。

同情する隙を見せた時点で、流れは変わる。

なぜか、テニスの試合に出ている人は、「競った試合」に自分からもっていく傾向にある。

負けている試合ならまだしも、自分が勝っていて相手が気落ちしているのに・・・なんででしょうね。

勝てない選手の、典型的な考え方、であることに気付いて下さい。

 

容赦なく、攻撃し、試合を終わらせる。

このことこそ、大事だし称賛されるべきこと。

なのにどこか、良い試合を求めて隙を見せる選手が多い。

アナタが勝つ、ということは相手は負けるということ。

気分悪く気落ちして、最悪の気分を味わうということ。

それが、試合というものです。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    自分の欲求を満たすのがテニス、だけだと必ず壁にぶち当たる

    テニスの上達を、真剣に考えているみなさん。だったら、この意識をぜひ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

    テニスの試合、そして練習。意識を高く持って継続出来る選手は、練…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!

    唯一、身近な存在で対戦できないのが「自分」ですよね。アナタは、…

  4. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてない?

    先日、女子ダブルスの草トー大会を観る機会があったのですが、そこで感じた…

  5. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる

    試合でコンスタントに結果を出していく人、まさにトップランナー、ですよね…

特集記事

  1. 日々の雑記

    「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない
  2. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう
PAGE TOP