テニス メンタル

ストローク

どこまでもどこまでも、試合で相手は返してくる

テニスの試合に出ているみなさんは、練習との違い、これを感じているはずです。

試合では、とにかく相手がしぶとい。

練習のように、簡単には諦めてくれない。

だからこそ、この意識で試合に入っていくことが、基本中の基本です。

 

どこまでもどこまでも、試合で相手は返してくる

 


 

1.ちょっとでも自分に満足したら、隙が生まれる

試合では、これがよくあります。

ナイスショット、自分で少しでも満足してしまうと、隙が生まれる。

ナイスショット1発、では試合は絶対に決まらない。

これでもか、というくらい、相手はしぶとく返球して来ますからね。

自分のショットに、ラリー中に満足してしまうと、相手に挽回のチャンスを与えてしまう。

これは、とにかく試合の中で意識しないとダメ、なんです。

 

2.一番の敵は、自分自身

ネットを挟んでいる相手、以上に手ごわいですよ。

とにかく、自分に対して甘い言葉をかけてくる。

「ナイスショット!」

「もう、これくらいで良いんじゃない?」

「よく頑張ったよ・・・本当に・・・」

こういう言葉を、試合中にアナタ自身にかけてくる。

声を聴いた経験、みなさんは無いですか?

一番の敵は自分自身、すぐに満足させて、試合への執着心を削いでくる。

相手に勝つ以前に、自分にしっかり打ち勝たないと、テニスの試合は勝利出来ないんです。

 

3.どこまでも返すことで、試合に勝てると知っている

強い相手は、このあたりよく分かっています。

相手コートに返せば、何かが起きる。

返し続けることが、一番のプレッシャーになる、ということを。

だからこそ、必死なんですよね。

どこまでも、どこまでも返球して来る相手、やっぱり嫌じゃないですか。

でも、試合ではこういう相手を倒していかないといけない。

アナタ自身、その覚悟を決めないとダメ。

覚悟を決めれば、どんな相手でも受け入れて、泥試合で倒していけると思えるはずです。

 

4.アナタ自身に必要なのは、良い攻撃を続けていくということ

ただ、ひたすらに。

攻撃を続けていく、自分の中でリスクを冒し過ぎないで、しっかり続けていく。

ちょっと上手くいったら満足、では相手の思うつぼ。

とにかく、良い攻撃を続けていく、どこまでも続けていって初めて、相手はプレッシャーに感じてくれるんです。

どこまでも返球して来るシコラータイプの選手でも、さすがに良い攻撃を続けられると辛いですから。

すぐに満足して、折れてミスしてくれる相手、では自分は無いよと。

そのメッセージを、試合では送り続けることが大事なんです。

 

でも、簡単なことじゃないですよね。

ただ、ひたすらに返球してくる相手と、出来れば試合はしたくない。

でもそう思った時点で、アナタの負け。

みんな、試合に勝ちたくて必死なんですから。

大事な試合の相手は、いつだって根鉢る良い。

だからこそ、倒し甲斐があるというもの、でしょう。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス 気付き
  2. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める

    甘いボールを引き出して、決める。テニスの試合は、攻撃は基本これ…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    両手バックハンド、だけで良いの?

    最近では、片手バックハンドストローク、の選手は少ないですよね。…

  4. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

    ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。…

  5. ストローク

    勝負どころで、1球多く返すのに必要な意識とは?

    試合に強い人は、最後までしぶとい。本当に粘り強い人って、トーナ…

  6. ストローク

    スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?

    「返していれば、自滅してくれる相手」これが実際多いのが、テニス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール
  3. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から
  4. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう…
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット
PAGE TOP