シングルス

シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

シングルスの試合、粘り強い相手との試合。

それだけで、ちょっと気が重くなりますよね。

でも、それはやっぱり、アナタ自身に苦手意識があるから。

シコラー相手の試合、を乗り越えていくには、やっぱり具体策が大事です。

 

シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

1.ネットプレー、ドロップショットは大前提

何度か書いて来ましたが、この2つのプレーは必須です。

自分が前に出る、または相手を前に出させる。

つまり、後ろ同士の打ち合いだけじゃなく、自分から変化を付けていくということですね。

これは大前提なんですが、今回はもう少し突っ込んで考えてみましょう。

私の経験上、シコラースタイルのみなさんにはある種の特徴、があります。

 

2.両手バックハンドストローク、が大好き!

な方が、シコラーのみなさんには多いんですよね。

このショットには、絶対ミスしないという自信のようなものを持っている。

相手のディフェンスの要、だと思って良いと思います。

つまり、安易なバックハンド狙いは危険、なんです。

彼らは両手バックハンドストローク、大好きですからね。

むしろ、走らせてフォアハンドを打たせたり、バックでも浅く短いボールを打つのが効果的。

深くバック側に入れて・・・と思っていると、いつの間にか自分が先にミスして術中にはまってしまいますよ。

 

3.ファーストサーブを攻撃していこう

「え?セカンドサーブじゃなくて?」と思いますよね。

これも、相手が粘り強いシコラータイプの選手なら、シングルスで仕掛けていきたい作戦。

彼らは、自分のミスが大嫌いだし、自分のミスにはすごく厳しい。

ダブルフォルト、なんて絶対に嫌なんです。

だからこそ、威力を落としてもファーストサーブを入れて来るプレーヤーが多い、と私は思います。

だったら、前に入ってファーストサーブでも攻撃していく。

いきなりドロップ、リターンダッシュ、有りだと思いますよ。

ファーストサーブだからと言って、後ろで構えているのはもったいないはずです。

 

4.試合の序盤の自分のミス、だけは最小限に

これが出来れば、相手も焦る。

シコラーのみなさんは、相手のミスが大好物ですから。

それを試合の序盤に差し出していては、勝ち目は無い。

相手も自信を持って打って来ますし、試合の流れが出来てしまう。

でも、序盤にアナタ自身のミスが少ないと・・・どうでしょう。

相手だって、焦りますよ。

これは、粘っているだけじゃ辛いかな、とか。

色々考えてくれる。

この焦り、をシコラーから引き出せば勝てます、シングルスは。

 

簡単なこと、ではないかも知れません。

でも、ちょっとした意識なんですよね。

具体的に、何をしていくのかを決めて、粘り強い相手と相対する。

全部が効く、ことは無いでしょう。

でも数打てば当たる、可能性も上がるはず。

ぜひ、あのライバルに打ち勝って下さい!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  2. テニス ストローク
  3. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

  4. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

    シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。…

  5. シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ

    シングルスの試合、みなさんも出たり観たり、たくさんして来たと思います…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

特集記事

  1. テニス 知識

    練習メニュー

    試合に使わない技術ばかり、一生懸命練習するのは悲しいこと
  2. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK
  3. ストローク

    テニスでミスを減らすということは、振り切るということ
  4. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス
  5. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
PAGE TOP