テニス メンタル

ストローク

改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点

もうすぐ秋の大会シーズン。

シングルスの試合で、改めて「粘りが身上の相手」つまりはシコラー相手に対しての対策を考えてみたい。

私自身、昔は苦手で何度も負けた経験があります。

ですが今、改めて思うのは・・・ただただ、準備不足だったなということ。

皆さんに改めてお伝えしたいのは、新しい視点で一緒に考えていきましょう、ということ。

 

改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点

 


 

■「シコラー」という言葉でくくってしまうのは危険

「シコラー」っていう言葉、これがまず危険。

ただ粘るだけの相手?そんなことは無いと思います。

粘りながらも、強い相手はここぞという場面では打ってくるはず。

その打ってくる場面で、アナタ自身が慌ててしまってはいませんか?

つまり、相手を「シコラー」と決めつけて、攻撃力を見くびってしまっている。

これでは絶対に、強いシコラー相手には勝てないでしょう。

 

■精度の高いネットプレー、ドロップショットは絶対に必要

まずは攻撃の観点から。

私はとにかく、試合の序盤に精度の高いドロップショット、で相手を前に出すことは絶対に必要だと思います。

シコラー、ストロークが安定している相手はポジションがかなり後ろ。

でも足が速い。

足が速くても、拾われても良いから、「アナタ自身が、ドロップショットも打てる人」に試合の序盤で変身しないといけない。

そうすればいつもの安心の後ろのポジション、から前に出ざるを得ない。

そしてネットプレー、これは相手に「つなぎ」を許さない視点で絶対に大事です。

更にはネットプレーの中でも大事なのは、ボレーのバリエーションでしょう。

 

■シコラー相手のネットプレーは、一味変えていこう

シコラー相手にはネットプレーが必要、というのはみなさんも聞いたことがあるでしょう。

私はここで、2つの要素を足したい。

まずは必ずロブ、の警戒を入れる。

つまりポジションを前過ぎないように、意識して相手のロブを警戒してスマッシュの準備をしておく。

そしてドロップボレーを使うこと。

シコラーと呼ばれる選手は、とにかくパッシングショットに命を燃やしているし得意。

前に落として、ボレー対ボレーになってもOK。

深いボレーでオーソドックスに対応していると、相手は喜んでパッシングショットを繰り出してくるでしょう。

ネットプレーにも変化を付けて、なるべく一本調子にならないように相手を動かすことが大事です。

 

シコラー相手には、準備で勝てる。

「全然新しい視点じゃないじゃないか・・・」と思った方もいるでしょう、すみません。

ですが、一番まずいのは準備不足のままコートに立って、相手の単純な粘りに屈してしまうこと。

ネットプレーでバリエーションを付けるのと、早めにドロップショットを入れて前を意識させること。

これだけで必ず、突破口は見えてくるはずです。

それでも勝てない、対応してくる相手は・・・もはやシコラーでは無い。

アナタが油断しているだけで、かなり格上の選手と言えるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し込める!

    フォアハンドストロークの回り込み、を武器にしている選手は多い。…

  2. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、「足」から決めて形を作ろう

    ストロークで浅いボールを攻撃していくとき、のちょっとしたコツを。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう

    高い打点と低い打点。皆さんはどんな打ち方で、ストロークを対応し…

  4. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!

    緊張する試合で、ショットが入らなくなる。これで不安になって、勝…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、「腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアップ!

    最近、少しずつ「片手バックハンドストローク」の方が増えているように感じ…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの基本となる、「膝を曲げてトロフィーポーズ」は鏡を見ながらチェックしよう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定しま…
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る
  5. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる…
PAGE TOP