テニス ストローク

シングルス

シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

シコラー相手に自分からミスしてしまう人。

その心理を考えてみれば、少しだけ楽になれるかも知れません。

よく考えると、序盤にそのヒントがあるかも知れません。

私がシングルスの試合で意識しているのは、コチラです。

 

シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

 


 

■シコラーは「自分から攻めないといけない状況」になると、弱い

自分から攻めていかないといけない場面、これってシコラーの選手が苦手とするところ。

彼らが得意なのは、「序盤のリードを守ること」なのです。

リードを奪われてしまうと、どんな相手でも自分から攻撃していく必要性、がありますよね。

その時点で、もう精神的にアナタが相手を上回っているはず。

序盤に少しでも、リードを奪う。

この意識さえあれば、きっと大丈夫。

序盤こそ、特に粘り強いようなシコラー相手には大事なのです。

 

■序盤にリードを許してくれるシコラーは、少ない

でも・・・シコラーから序盤にリードを奪うのって、大変なんです。

なぜだか、分かりますか?

序盤は、誰しもがテニスを安定させることが難しい。

でも、それをシコラーの選手は知っているから、自分たちは無理をしない。

無理をしないテニスで、相手に無理をさせることに序盤から専念する。

結果的に1-2、1-3とアナタ側がビハインドを負った展開になり、アナタが焦ってさらにミスを重ねる。

こういう展開、の試合って多いと思いませんか?

 

■序盤にはアナタ自身、「シコラー」になっても良いかも知れない

嫌だと思うかも知れませんが、私はコレで試合に臨んでいます。

試合の序盤、4ゲームくらいはとにかく相手とラリーをする。

ラリーしていく中で、自分のミスを減らして60%くらいのテニスをする。

そして、ゲームカウントでリードした場面では、意外性のあるプレーを見せておく。

これくらいの意識だと、シコラーの相手にも付いていけるし、リードを奪うことも出来る。

 

きっと、アナタ自身、ちょっとの意識でテニスは変わる。

序盤の戦い方で、安易に相手にリードを奪わせるから、シコラーに苦手意識が生まれてくるのです。

問題は全て、アナタの考え方次第。

ココを変えていければ、今の実力でまだまだシングルスの試合、勝てるでしょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

    シングルスの試合で、一番多い攻撃パターン。テニスでは、相手のボール…

  2. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

    シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。その要因は…

  3. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?

    テニスの試合、試合運びが上手い選手はこの辺りが上手い。ちょとし…

  4. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意

    特にシングルスの試合で、みなさんも苦戦している相手。粘り強く…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い
  2. テニス マナー

    練習メニュー

    部活の練習で、「試合に近い環境で勝負勘を養う」為には、ポイントシチュエーションを…
  3. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない
  4. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが、有効な理由とは?
  5. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ
PAGE TOP