テニス ストローク

シングルス

シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

シコラー相手に自分からミスしてしまう人。

その心理を考えてみれば、少しだけ楽になれるかも知れません。

よく考えると、序盤にそのヒントがあるかも知れません。

私がシングルスの試合で意識しているのは、コチラです。

 

シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

 


 

■シコラーは「自分から攻めないといけない状況」になると、弱い

自分から攻めていかないといけない場面、これってシコラーの選手が苦手とするところ。

彼らが得意なのは、「序盤のリードを守ること」なのです。

リードを奪われてしまうと、どんな相手でも自分から攻撃していく必要性、がありますよね。

その時点で、もう精神的にアナタが相手を上回っているはず。

序盤に少しでも、リードを奪う。

この意識さえあれば、きっと大丈夫。

序盤こそ、特に粘り強いようなシコラー相手には大事なのです。

 

■序盤にリードを許してくれるシコラーは、少ない

でも・・・シコラーから序盤にリードを奪うのって、大変なんです。

なぜだか、分かりますか?

序盤は、誰しもがテニスを安定させることが難しい。

でも、それをシコラーの選手は知っているから、自分たちは無理をしない。

無理をしないテニスで、相手に無理をさせることに序盤から専念する。

結果的に1-2、1-3とアナタ側がビハインドを負った展開になり、アナタが焦ってさらにミスを重ねる。

こういう展開、の試合って多いと思いませんか?

 

■序盤にはアナタ自身、「シコラー」になっても良いかも知れない

嫌だと思うかも知れませんが、私はコレで試合に臨んでいます。

試合の序盤、4ゲームくらいはとにかく相手とラリーをする。

ラリーしていく中で、自分のミスを減らして60%くらいのテニスをする。

そして、ゲームカウントでリードした場面では、意外性のあるプレーを見せておく。

これくらいの意識だと、シコラーの相手にも付いていけるし、リードを奪うことも出来る。

 

きっと、アナタ自身、ちょっとの意識でテニスは変わる。

序盤の戦い方で、安易に相手にリードを奪わせるから、シコラーに苦手意識が生まれてくるのです。

問題は全て、アナタの考え方次第。

ココを変えていければ、今の実力でまだまだシングルスの試合、勝てるでしょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  2. テニス 調子

    シングルス

    今出来るテニスで精一杯戦うことは、アナタが思っている10倍は難しい

    自分が出来るテニスを、やり切ること。言葉では簡単なようで、何と…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

  4. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  5. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

特集記事

  1. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を
  2. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから
  3. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつあります…
  4. フットワーク

    相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい
  5. 戦術

    窮地の中に、未来はある
PAGE TOP