テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

シングルスの試合で、相手がガンガン前に出て来るタイプだったら・・・どうでしょう?

パッシングショット、で対抗しようにも読みが鋭くて抜けない。

そんな時の一手が、クロスロブです。

錦織選手も多用するこのロブは、実は楽に打ててポイントを獲りやすい技なんです。

 

シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

 

1.「何となくの、普通のロブ」なんて、試合では通用しない

シングルスの試合のネットプレー、上手い選手は・・・間違いなくスマッシュが強い。

上に自信があるから、前に来る。

アナタが中途半端に迷った挙句のロブ、なんてもう鴨同然でしょう。

何となくで逃げるロブ、は深さもコースも足りない。

大事なのは、しっかり「どういうコースに、なぜ打つのか?」を決めておくこと。

クロスロブ、のメリットを見いだせれば、どんどん試合で使えるはずです。

 

2.深くても入る、スピン系のストロークで打ちやすい!

ロブって、やっぱりアウトが怖いじゃないですか。

だから加減しようとして、結果的に甘いショットになってスマッシュを打たれる。

自分が今いる場所から、クロス方向にロブを打ってみると・・・どうでしょう?

一番深い場所まで距離が取れるし、普通のストロークの延長で打てるようなイメージ、で打てませんか?

ロブって、何か特別なショットじゃない。

スピン系のストロークのつもりで打てば、それで良いんです。

普通のストロークを、深くクロス方向に打つつもりで打ってみる。

すると、意外な効果もあるんですよ。

 

3.パッシングなのか、ロブなのか・・・相手にばれない!

いつものストローク、のつもりでロブを打てるから雰囲気が同じになる。

ギリギリまで、パス?ロブ?という部分が、相手に読めないプレーになるんです。

ロブが下手な人って、もうバレバレなんですよね、ロブを上げてくるって。

深いボールに慌てて身体が開いているし、攻撃的な雰囲気が無い。

クロスロブなら普通のストロークの感覚で良いし、パッシングショットを打つ雰囲気も保てる。

是非、試合の中で使ってみて欲しいショットなんです。

 

クロス方向のロブ、大きく打つくらいでちょうど良い。

自然なスピン回転で、充分コートに収まると思いますよ。

相手からすると、このクロスロブを打たれると前に出るのが苦しくなる。

そうするとロブをケアして、前に詰められないから・・・今度はパッシングショットが活きる。

同じ構えで、出し分けながらいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. + POWER CUP について
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

  5. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術

    シングルスの試合、始めて試合に出る時は皆さんも緊張しましたよね。…

  6. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

    シングルスの試合でも、ネットプレーが必要なのは分かった・・・けど・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス フットワーク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスをしっかりコントロールするには、「打点を身体の横、少し後ろ…
  2. テニス 錦織圭

    日々の雑記

    「錦織圭」選手について、アナタは自分の意見を持っておく必要がある
  3. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚…
  4. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い
PAGE TOP