シングルス

テニスのシングルスの試合で、走り回って粘る相手にはチャンスであえて「相手がいる場所」に打って逆を突こう!

シングルスの試合で、アナタが苦手な相手ってどんな相手ですか?

私は高校時代、とにかく走り回って粘る相手が苦手でした。

どんなに攻めても攻めても、ひたすら返球してきてミスを待つ。

チャンスを打ち込んでも決まらない・・・ような場面が続くと、どうしても試合の流れが相手にいってしまいますよね。

こんなときに、チャンスを決め切るにはどうすれば良いのか・・・?

一つのヒントは、あえて「オープンスペースに打たない」という選択。

相手の得意技である、走って拾って粘る、ということをさせない作戦を取ってみてはどうでしょうか?

テニスのシングルスの試合で、走り回って粘る相手にはチャンスであえて「相手がいる場所」に打って逆を突こう!

 


 

■チャンスボールは、オープンコート狙いが有効?

シングルスの試合では、オープンコートにチャンスボールを打ちこむ。

快感ですよね、決まれば。

でも相手も当然警戒している訳で、特に粘り強い相手がコートカバーリングが上手い。

オープンスペースに打たれても、まるで気にしないで走って追い付いて返球されて、自分はイライラしてばかり・・・。

ここは一旦、冷静になって考えてみましょう。

本当にオープンスペースばかりに配球していくことが、シングルスの試合では有効でしょうか?

 

■相手が今いる場所は、「これから移動する場所」である

対戦相手は、とにかく走ってコートカバーリングが上手い。

ということは、裏を返せば、アナタが打つ瞬間にいる場所からは、いなくなるということ。

今相手がいる場所にチャンスボールを打ちこんでいけば、自然と「逆を突く」ような良いショットになるでしょう。

このショットを打っておくと、相手は「逆を突かれた・・・」と考えて、守る場所が増える。

テニスにおける攻撃は、組み合わせないと意味が無い。

そうなると当然、オープンスペースに走るときの1歩目が遅くなるのです!

 

■コースを隠せるストローク、ボレーが打てているかどうか

その為には、アナタ自身のフォームが「コースを隠せているかどうか」が重要になります。

チャンスとは言え、アナタが打つコースがばれてしまえば粘り強い相手は必ず追い付いてくる。

逆にコースをしっかり隠せていれば、相手は迷い、動けなくなる。

さらに実際にコースを散らしていくことで、試合では主導権を握っていけるようになるのです。

 

プロのテニス選手の試合を観ていると、実際にこのパターンで「相手の逆」を突いているケースが多い。

走ってオープンスペースをカバーするのが守備の基本ですから、当然そこに相手の意識は強く置かれます。

その逆を突く、また守備する相手もそのショットを読んで、「あえて動かないで待つ」という駆け引きも面白い。

ぜひそんな視点で、自分のテニスも観戦も楽しんでみて下さい。

粘り強い相手を走らせない、その為の作戦はいくらあっても損は無いです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る

    シングルスの練習、皆さんはどんな意識でやってますか?「自分一人…

  4. シングルス

    シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?

    シングルスの試合で、最近なかなか勝てないというみなさん。もしか…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れていく

    粘り強い相手に、シングルスで負けてしまう。皆さんも何度か、経験…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

特集記事

  1. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス
  2. 戦術

    自分の「やられ方」が大事
  3. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち…
  4. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由
  5. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
PAGE TOP