シングルス

テニスのシングルスの試合で、走り回って粘る相手にはチャンスであえて「相手がいる場所」に打って逆を突こう!

シングルスの試合で、アナタが苦手な相手ってどんな相手ですか?

私は高校時代、とにかく走り回って粘る相手が苦手でした。

どんなに攻めても攻めても、ひたすら返球してきてミスを待つ。

チャンスを打ち込んでも決まらない・・・ような場面が続くと、どうしても試合の流れが相手にいってしまいますよね。

こんなときに、チャンスを決め切るにはどうすれば良いのか・・・?

一つのヒントは、あえて「オープンスペースに打たない」という選択。

相手の得意技である、走って拾って粘る、ということをさせない作戦を取ってみてはどうでしょうか?

テニスのシングルスの試合で、走り回って粘る相手にはチャンスであえて「相手がいる場所」に打って逆を突こう!

 


 

■チャンスボールは、オープンコート狙いが有効?

シングルスの試合では、オープンコートにチャンスボールを打ちこむ。

快感ですよね、決まれば。

でも相手も当然警戒している訳で、特に粘り強い相手がコートカバーリングが上手い。

オープンスペースに打たれても、まるで気にしないで走って追い付いて返球されて、自分はイライラしてばかり・・・。

ここは一旦、冷静になって考えてみましょう。

本当にオープンスペースばかりに配球していくことが、シングルスの試合では有効でしょうか?

 

■相手が今いる場所は、「これから移動する場所」である

対戦相手は、とにかく走ってコートカバーリングが上手い。

ということは、裏を返せば、アナタが打つ瞬間にいる場所からは、いなくなるということ。

今相手がいる場所にチャンスボールを打ちこんでいけば、自然と「逆を突く」ような良いショットになるでしょう。

このショットを打っておくと、相手は「逆を突かれた・・・」と考えて、守る場所が増える。

テニスにおける攻撃は、組み合わせないと意味が無い。

そうなると当然、オープンスペースに走るときの1歩目が遅くなるのです!

 

■コースを隠せるストローク、ボレーが打てているかどうか

その為には、アナタ自身のフォームが「コースを隠せているかどうか」が重要になります。

チャンスとは言え、アナタが打つコースがばれてしまえば粘り強い相手は必ず追い付いてくる。

逆にコースをしっかり隠せていれば、相手は迷い、動けなくなる。

さらに実際にコースを散らしていくことで、試合では主導権を握っていけるようになるのです。

 

プロのテニス選手の試合を観ていると、実際にこのパターンで「相手の逆」を突いているケースが多い。

走ってオープンスペースをカバーするのが守備の基本ですから、当然そこに相手の意識は強く置かれます。

その逆を突く、また守備する相手もそのショットを読んで、「あえて動かないで待つ」という駆け引きも面白い。

ぜひそんな視点で、自分のテニスも観戦も楽しんでみて下さい。

粘り強い相手を走らせない、その為の作戦はいくらあっても損は無いです!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

    試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。…

  2. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

    大きな武器は、フォアハンド。これは男女問わず、シングルスの一つ…

  4. テニス シングルス
  5. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格はなぜ危険なのか?

    「あ、今のコースは違ったな・・・」と、感じる機会、ありますよね。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

特集記事

  1. テニス ラケット

    メンタル

    どんな最新モデルのラケットを持っていても、その人のテニスがダサければ意味が無い
  2. ストローク

    シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備して…
  3. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  4. 練習メニュー

    〇〇が苦手な人は、ただ練習不足なだけ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「弱い時に、強い」テニス選手になろう
PAGE TOP