テニス シングルス

シングルス

テニスのシングルスの試合、「簡単なミスをしない為」に必要な意識5つ

シングルスの試合、プロ選手の試合であれば「エース」で決まるポイントは多い。

それはサービスエースであったり、ストロークのエースである、ノータッチのボールが多いのも事実。

ですが学生の方や一般の方の試合は、どうでしょうか?

ほとんどが、相手側のミス、無理をしたようなポイントで終わることが多い。

このことをしっかり意識すると、まだまだ試合に勝てる可能性はシングルスで拡がっていきます。

 

テニスのシングルスの試合、「簡単なミスをしない為」に必要な意識5つ

 


 

1.ネットミスを減らす

はっきり言えば、アウトミスはまだOK。

なぜなら、相手にどこを狙っているのか意識付け出来るし、少しの差でナイスボール、というプレッシャーを与えることが出来るから。

ネットミスは、自分が消極的になりやすいし、相手も強気になりやすい。

まずはしっかり軌道を上げて、ネットにだけはかけないようなストローク、サーブを意識しましょう。

 

2.「結論が出なかった」ミスを減らす

何かの意図がある作戦であれば、それはミスしても仕方ない。

チャレンジは試合の中で、繰り返し必要です。

ですが自分の中で、「どこに打ちたいのか決まらないまま・・・」に打ってしまってミス、というポイントは深刻です。

今一度時間を取って、しっかり試合前に立てた作戦、プランを見直しましょう。

 

3.大抵のミスは、「準備が遅い」から起きる

試合と練習で大きく違うのは、その緊張感。

相手を見過ぎてしまう、そして考えることで自分が構えるのが遅くなるのがミスにつながる一番の要因です。

テイクバック、足を止める、といった基本動作をとにかく速くする。

これだけで、試合中のミスはかなり修正出来るはずです。

 

4.スウィングスピードを遅くしてみる

どうにも試合でストロークが入らない・・・となったら、少しゆっくりラケットを振ってみましょう。

決して置きにいく訳では無く、まずはラケットの芯に当てる。

そしてゆっくり大きく、フォロースルーを取ってみて下さい。

それだけで、変なミスは減りますし、試合のペースをスローダウンさせることが出来るでしょう。

 

5.綺麗な負けより、泥臭い勝ちを拾う

相手が強い、自分の調子が悪い時には、勝利を「拾い」にいきましょう。

綺麗な組み立てやエース、要りません。

しっかりつないで相手にミスをさせる、そしてここぞの場面でアナタから攻撃していく。

結果を出すためには、我慢しながらミスを減らす、簡単に相手に与えるポイントを減らすことが第一です。

 

「何だ、要は粘れ、しこれってことか・・・」と思った方、否定はしません。

簡単なミスが多く、負け試合になるような試合を変えるには、それなりの覚悟が必要。

大事なのは、試合の現場で変えていける力です。

「簡単なミスで、相手にリードを許しているな・・・」と気付ければ、まだまだシングルスの試合は変えられる。

その気付ける力、ぜひ磨いていって下さい。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

    学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど…

  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、センターから無理して展開する人ばかり

    今日は、シングルスのストロークラリーの基本、について。皆さん、…

  3. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  4. シングルス

    シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事

    シングルスの試合での、戦術が欲しい。そう考えているみなさんは、…

  5. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  6. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプ…

特集記事

  1. サーブ

    ボディサーブが無いと、リターンは楽
  2. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「選手にとっても、大きな一歩」テニスで足を出すことの意味は、ローボレーに
  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ
  5. テニス 楽天

    フットワーク

    相手の走力を把握できれば、安全なコースで試合に勝てる
PAGE TOP