テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

パッシングショット、シングルスで打つ場面を考えてみて下さい。

きっと、試合の中ですごく緊迫した場面だと思うんですよね。

相手が前に出て来て、それを攻略しようとアナタは必死になっている。

でも、ここで考えて欲しい。

パッシングショット、抜ければ成功?

もし触られたら・・・と、どこかで考えておく必要はあるんです。

 

シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

 

1.抜ける前提で、考えてない?

アナタ自身、しっかり考えておいて欲しい。

パッシングショットが抜ける、と思って打ってはいませんか?

そんな淡い期待、はもう捨てましょう。

抜けても、抜けなくても、アナタ自身にはやるべきことがある。

そう、「もし抜けなかったら、どうするのか?」ということに対する準備。

パッシングショット、と併せてその次、を考えておかないと。

実際の試合では、相手はしぶといですからね。

 

2.抜けなくとも、相手に「必死で触らせる」だけで良い

私は、シングルスの試合でパッシングショット、を打つ時にこれを考えています。

抜けなくとも、厳しいコースを触らせれば良い。

そして、次で仕留めればそれで良い、と。

だからこそ、パッシングショット自体がネットしたりアウトしたり、ということは避けたいんですよね。

必死で触らせる、その次のショットに備えて自分は動く。

2本セットで、攻略していく形で良い。

シングルスの試合、これでいきましょう!

 

3.パッシングショットを打ったら、前に詰めるつもりで!

この意識、ありますか?

相手が必死で触っているなら、そのボレーが深く入る可能性は低い。

かろうじて触って、甘いドロップボレーのような形、になるでしょう。

そのチャンスを、今度はアナタ自身が前に入って、ネットに近い位置で打ち込んでいく。

このイメージを、パッシングショットを打つ時から、持っておくことが大事になります。

パッシングショットを打ちながらも、少し余裕が生まれてきませんか?

 

4.大事なのは、締めのショット

アナタ自身、このショットがしっかり打てますか?

相手が前にいる、その相手に対して、しっかり空いたコースに打ち込んでいく。

後ろからパッシングショットを打ち込んでいくことは慣れていても、アナタ自身が前に詰めて前にいる相手、に向かって締めのショットを打っていく。

これがしっかり打てる選手は、シングルスでも強いですよ。

パッシングショットで抜くことだけ、にしか意識が無い人、には難しいでしょうが。

 

シングルスの試合、パッシングショットは触られる。

そう考えておいて損は無い、でしょう。

触らせて、仕留める。

よくロブで書いてきた内容ですが、パッシングショットだって同じことが言えます。

一般の私たちの試合、は、こんな感じで泥臭い。

そう、だからこそ準備と発想の転換、が大事なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス リターン
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

    学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど…

  3. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない

    もうすぐ全豪オープンも本戦開幕。いよいよ、今年もテニスシーズン…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは?

    テニスの試合では、ブレーク合戦になることが多々あります。プロ選…

  6. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

    シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    戦術

    「緩急打ち分けしたいなら・・・」テニスの試合に出れば分かる、その必要性
  2. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!
  3. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業した…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備してお…
  5. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を…
PAGE TOP