テニス ストローク

ロブ

ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って

ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね。

軌道が上手くイメージ出来ない人は、このアイデア、で改善されるかもしれません。

ロブは最初の打ち出し、の軌道が大事。

目の前に「アレ」をイメージしてみて下さい。

 

ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って

 


 

1.自分の目の目に、2メートルの壁がある!となると・・・?

目の前、すぐ目の前に2メートルの壁がある。

この壁を避けるように打つとなると、かなり上方向へ打つロブ、になりますよね。

攻撃的な低めのロブ、を打つことも試合ではありますが、それはあくまで「例外的」な技。

ロブの基本は、やはり高く、深く、大きく。

そして相手に、最後は触らせる。

自分の目の前に壁があると思うと、しっかり打ち出しの発射角度から「高め」になりますよね。

 

2.特にトップスピンロブを打つのに、良いイメージになる

この壁を想定した打ち方は、特にトップスピンロブを打つときに良いイメージになります。

スライスロブは、打ってからも上方向に伸びていくし、滞空時間が長い。

でも、トップスピンロブは最初にしっかり上方向に打たないと、その後は縦回転で落ちていくだけ、ですからね。

トップスピンロブが苦手な人は、「軌道の高さ」が足りない人がほとんど。

しっかり打ち出しから上方向に打つ、のを意識していきましょう!

 

3.目の前の壁、をクリアすれば相手コートの良い場所に落ちてくれる

ロブを打つ時って、実際の試合ではかなり厳しい場面。

差し込まれて、やばい・・・という時ですよね。

そんなときに、相手を観ても上手くいかない。

あくまで、集中すべきは自分自身のこと。

自分の近くに目標を設定することで、安定したショット、ロブを打つことが出来るはず。

目標の設定は、厳しい時ほど自分の近くに置いてみましょう。

きっと、精神的にも楽に打てるはずですよ。

 

ロブを使えない人は、まだまだテニスの試合を理解出来ていない人。

上を使うから、相手は前に来れなくなる。

今までの自分のショットも、活かすことが出来る。

あまりロブを使えていない人は、この機会に想定の壁をイメージして、練習してみましょう!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?

    私は思うんですけど、ロブを使わない人ってもったいない。どこかに…

  2. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダ…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみる

    ロブを上げる時、トップスピンとスライス、どっち使うことが多いかと言うと…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、き…

  5. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおけるネットプレーで、「ショートクロスはネットに詰めることで、打たせない…
  2. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも
  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう
  5. テニス 雨

    日々の雑記

    「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる
PAGE TOP