テニス ストローク

ロブ

ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね。

軌道が上手くイメージ出来ない人は、このアイデア、で改善されるかもしれません。

ロブは最初の打ち出し、の軌道が大事。

目の前に「アレ」をイメージしてみて下さい。

 

ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

 

1.自分の目の目に、2メートルの壁がある!となると・・・?

目の前、すぐ目の前に2メートルの壁がある。

この壁を避けるように打つとなると、かなり上方向へ打つロブ、になりますよね。

攻撃的な低めのロブ、を打つことも試合ではありますが、それはあくまで「例外的」な技。

ロブの基本は、やはり高く、深く、大きく。

そして相手に、最後は触らせる。

自分の目の前に壁があると思うと、しっかり打ち出しの発射角度から「高め」になりますよね。

 

2.特にトップスピンロブを打つのに、良いイメージになる

この壁を想定した打ち方は、特にトップスピンロブを打つときに良いイメージになります。

スライスロブは、打ってからも上方向に伸びていくし、滞空時間が長い。

でも、トップスピンロブは最初にしっかり上方向に打たないと、その後は縦回転で落ちていくだけ、ですからね。

トップスピンロブが苦手な人は、「軌道の高さ」が足りない人がほとんど。

しっかり打ち出しから上方向に打つ、のを意識していきましょう!

 

3.目の前の壁、をクリアすれば相手コートの良い場所に落ちてくれる

ロブを打つ時って、実際の試合ではかなり厳しい場面。

差し込まれて、やばい・・・という時ですよね。

そんなときに、相手を観ても上手くいかない。

あくまで、集中すべきは自分自身のこと。

自分の近くに目標を設定することで、安定したショット、ロブを打つことが出来るはず。

目標の設定は、厳しい時ほど自分の近くに置いてみましょう。

きっと、精神的にも楽に打てるはずですよ。

 

ロブを使えない人は、まだまだテニスの試合を理解出来ていない人。

上を使うから、相手は前に来れなくなる。

今までの自分のショットも、活かすことが出来る。

あまりロブを使えていない人は、この機会に想定の壁をイメージして、練習してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

    アナタ自身、本気で勝ちたい試合。きっと、年に数回はありますよね…

  3. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ

    試合で使うのに、テニススクールではなかなか教えてくれないこと。…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    前衛の上に上げるのがロブ、だけじゃないですよ

    ダブルスの試合でのロブ、って、基本的に「前衛の上」に打ちますよね。…

  5. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  6. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる
  2. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い
  3. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テ…
  4. テニス 部活

    練習メニュー

    テニス部の後輩を指導するときに、「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは無…
  5. テニス 試合

    メンタル

    自分と違う考えを認められない人は、テニス選手としてまだまだ未熟
PAGE TOP