テニス ボレー

スマッシュ

試合の中でロブが上手い選手は、抜こうとはせず「どこでスマッシュを打たせるのか?」を考えている

スマッシュをしっかり相手コートに打つ、それも深い位置から。

これはかなり、テニスにおいては難しい技術です。

相当上のレベルでも無い限り、サービスラインより後方からのスマッシュは、チャンスとは言えない。

そう考えると、ロブの使い方や意識にも変化が生まれてくる。

もっともっと、相手にスマッシュを打たせていく発想を、持ってみると楽に試合出来るはずです。

 

試合の中でロブが上手い選手は、抜こうとはせず「どこでスマッシュを打たせるのか?」を考えている

 

■スマッシュされたら、自分の負け?

ロブを上げるのが怖い、避けている人は、決してパッシングショットに自信がある訳じゃない。

何となく、スマッシュを打たれそう、逃げているみたいで嫌だからロブを打たない・・・そんな感じじゃないでしょうか。

でもそれって、相手ネットプレイヤーの思うツボ。

ストローク側の選手に無理してもらった方が、ずっと楽なんです。

ロブで後ろをケア・・・するのは、楽じゃないですからね。

 

■ロブは相手を後ろに下げさせて、スマッシュを打たせて良い!

相手に触られないように、と考えるからロブが打てない。

触らせて良いし、しっかり後ろに下げさせることが出来ればロブは大成功。

そう、もっと相手にスマッシュを打たせていきましょう。

問題は、相手を「どこに下げさせるのか?」を意識すること。

スマッシュを打たせた後に、どういうショットで自分が攻めていくのか?まで考えてロブを上げるようにしましょう。

 

■オススメはスライスロブ、で少し低めのロブ

スライス回転をかけた中くらいの高さのロブ、が一番オススメ。

ボレーを打つような薄いグリップで、腕を前に出して踏み込みながら打ってみましょう。

上方向に打つ、のではなく深く高いストロークを打つようなイメージ。

そしてアウトはしないように、コートの内側1メートルくらいを狙う。

何せスマッシュを打たせてOK、な訳ですから、この大前提は忘れないようにしましょう。

 

シングルスでもダブルスでも、スマッシュは怖く無い。

そう、しっかり準備出来ていれば、むしろ深い位置からスマッシュを打っている方が、危機的な状況にいるとも言えます。

上を使えると、ネットプレイヤーに対しての攻撃の幅がグッと広がる。

通常のパッシングショットや、足元に沈めるショットもより活きてくるでしょう。

さぁ、低くて速いスライスロブ、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ロブが来ると分かっている」ような練習をしても、試合でスマッシュは打てない

    試合の中で、スマッシュが決まらない・・・と言うか、そもそも打てない!…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しましょう

    試合で使うスマッシュは、実際には深さが大事。つい浅い場所に叩き…

  4. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

  5. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには「身体に引き付ける勇気」を養っていこう

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ…

  6. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。高い…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近のスポーツニュースを観て思うこと
  3. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに…
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!
  5. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ
PAGE TOP