テニス ストローク

リターン

リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!

リターンミスの、一番の要因。

私は、一般や学生さんのレベルだと「浅いサーブ」に対応出来ないケース、が多いように感じています。

サーブは、いつも深い、強力ですか?

そんなことは、無いと思うんです。

 

リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!

 


 

1.サーブとは、「浅い球出し」みたいなもの

特に、セカンドサーブはそうでしょう。

サービスエリアに入らないとフォルト、つまりは必ずサービスラインよりも手前でバウンドする、のがサーブです。

なのに、なんで皆さんすごく後ろで構えているのか。

確かにプロ選手のような試合なら、バウンド後もすごく伸びてくるサーブ、が試合では主流。

でも、私たちの試合は・・・むしろ浅いサーブにやっとノットアップ手前で触る、ようなリターンも多くないですか?

 

2.リターンの位置を、1メートル前に変えてみよう!

勇気を持って、この変更を入れていきましょう。

まずは相手のセカンドサーブ。

浅くなる、伸びて来ないことを想定して、自分のポジションを1メートル前に変更してみる。

目の前の景色はガラッと変わるはずです。

それで良い、んです!

きっと、高い打点でリターンを打てるようになるし、攻撃的になる。

ミスも減って、自分の攻撃力をアップ出来る、魔法の作戦だと私は思います。

 

3.サーブを打って、間髪入れずにリターン!が最高の攻撃

錦織選手も得意な、このリターンからの攻撃。

相手からすると、サーブを打ってすぐにリターンされ、守備からスタートする。

これって、たまらなく嫌ですよね。

時間を削がれる、セカンドサーブが入ったと思って安心したら、もうすぐに次の展開に対応しないといけない・・・のは、試合慣れしていない人にはキツイ。

アナタ自身、格下の相手はこうやって楽に勝っていきましょう。

 

リターン位置は、どこに立っても良い。

回り込んでも良いし、前に前に、入って良い。

ぜひ、1メートル前、実践してみて下さい。

ミスが多かったリターンが武器になる、一気に変身出来るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

  2. テニス ボレー

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ」だったら・・・?

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブをリターンする場面。もし…

  3. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

  5. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  6. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めて…
  2. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
  3. テニス ストローク

    戦術

    相手の攻撃を、コースで反撃する発想を
  4. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
  5. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に
PAGE TOP