テニス 試合

Q&A

Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

今回は社会人の女性の方からのご質問です。

毎月1万円前後をかけて通うテニススクール、日本独特の文化ではありますが、スムーズに上達できる人は少ないように感じます。

 

Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

 


 

ご質問頂いた方のテニスを拝見したことが無いので、お答えが難しい部分はありますが、まずテニススクールの特性から。

テニススクールでは、基本的に約90分という時間の中で10人前後にレッスンが行われます。

テーマが決まっていたり、毎回同じような練習をしたりという流れもありますが、その大前提とは・・・何でしょうか。

 

「生徒がテニススクールを辞めずに、毎月継続してもらうこと」が、スクール側が望んでいること。

極端な話、生徒が早く上達して「もう充分満足!」となって辞めてもらっては、困る訳です。

レッスンに来ている人は「試合に出て勝ちたい人」「健康を維持したい人」「友達を作りたい人」など、その目的は様々。

全員が100%満足できるテニスレッスンができる人なんて、いないのです。

 

もしアナタがテニススクールで上達したいと思うなら、思いっきり活用する方法を考えましょう。

まずはコーチに自分の意志を伝え、教えてもらったことは必ずテニスノートに記録していく。

そして1年後、2年後、3年後と、どういうステップを踏んでいきたいのか、目標とする大会はどこなのかを共通認識として持っておくこと。

この行動を興すだけで、上達のスピードはかなり変わるはずです。

 

テニスの技術は、1週間も間を空けてしまえば忘れていくもの。

コーチもアナタに無関心であれば、上達しているかどうかも分からないまま、ただ漠然と時間だけが流れていきます。

まずはしっかりと自分の意志を担当コーチに伝えてみて、そこから取り組む姿勢を見せていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ミス

    Q&A

    Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

    アンケートにお答え頂いたみなさん、ありがとう御座いました!お忙しい…

  2. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

    「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。トスが…

  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ソフトテニス経験者の強打の癖は、どうやって直していけば良い?」

    ソフトテニスから、硬式テニスに移行する。中学生から高校生、に進…

  4. テニス ラケット

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.2

    前回に引き続き、アンケートにて頂いたご質問にお答えしていきます。…

  5. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合…

    今日は高校生男性の方から。県内ではシングルスベスト8の実力があ…

  6. テニス ボレー

    Q&A

    Q&A「ボレーしようと思ってグリップを握る手に当たってしまいましたが、これは反則ですか?」

    久々に、ルールについて質問頂きましたので回答したいと思います。…

特集記事

  1. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    素振りの練習で上手くなる人は、「色々なシチュエーションを想定して」素振りがやって…
  3. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい
  4. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して…
PAGE TOP