テニス ダブルス

リターン

ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせを!

ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかないといけない。

そんな中で、まず増やせるバリエーションの一つが、リターンをストレート方向に展開する、ストレートアタックです。

基本的なことですが、ダブルスにおいてはまず「最初の動き」はしっかりポイント間で共有して、打ち合わせを終えておきたい。

サーブ側ならサーブのコースと、ポーチに出るのか出ないのか、ですね。

リターンでも変化を付けるときには、前衛との共有がまずは絶対に必要です。

 

ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせを!

 


 

■なぜ、「前衛と共有が必要なの?」を考えてみる

ストレート方向に打つ、ということは相手の前衛が触る可能性が高い。

もちろん抜けてエースになる場合もありますが、そう考えるのは皮算用でしょう。

強い相手であれば、しっかり待ち構えて反撃してくることも充分に考えられる。

となると・・・狙われる、コートをカバーしないといけないのは前衛も同じ。

心の準備をしておくのだけでも、かなり結果は違うはずです。

 

■ストレートアタックからの攻撃は、2人で崩すイメージが大事!

ストレートアタックって、リターンする後衛が一人で攻撃していく・・・そんなイメージを持っていませんか?

そんなダブルスペアは、はっきり言って怖くない。

本当に上手いペアは、後衛のリターンで相手前衛を崩して、そこを味方の前衛がチャージしていく。

連携力があって、逃げる隙を与えてくれないのが良いダブルスです。

だからこそ、前衛に事前に伝えておいて、「一緒に攻撃しよう!」という作戦を立てておく。

もしサーブが厳しく甘いボールになったら、守備も一緒にしないといけない。

いずれにせよ、変化を付ける訳ですから事前の告知は必要ですね!

 

■前衛のアナタが「相手にばれる」ような行為をしていないか?

「よし、次はストレートアタックだから、しっかり相手前衛をケアして・・・」と考えると、つい相手を見てしまいがち。

そうなると、もしかしたら相手は気付いてストレートで待ち構えているような作戦を、秘かに準備しているかも知れません。

テニスの試合では、演技力も問われます。

相手にばれないように、普通のクロスのリターンを打つと、前衛も協力して相手にそう見せなければ意味がないのです。

味方後衛のリターンの音がして初めて、パッと相手前衛の方向を向いて攻撃、守備の態勢をとっていく。

このしたたかさを磨いて下さい。

 

テニスではストレートを抜こうと思うと、ダブルスはしんどい。

前衛に触らせて、そこから攻撃していこうと考えると、ダブルスは楽しい。

この意識を持って、学生の皆さんもぜひ積極的にストレートへの配球を混ぜて欲しいと思います。

強いペアと試合で対戦するときに、変化は絶対に必要不可欠。

試合に出始めたペアの方も、まずはこの作戦から実践してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう

    ちょっとしたことですが、試合でやれば効果大。ダブルスの試合のリ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう

    相手のサーブの調子が良い。そんなとき、試合でどうやって対応する…

  3. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

    試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。ダブル…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

    学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるの…

  5. テニス リターン
  6. テニス ストローク

    リターン

    キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ

    スピンサーブがバウンドして、キックして飛んで来る。こんなサーブ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼…
  3. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!
  4. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドで、ウィナーを取るテニスにするために
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも
PAGE TOP