テニス 不器用

メンタル

「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

テニスに向いている、向いていない。

そんなことで悩んだことはありませんか?

私もよく、「テニスに向いているのは、どんな人ですか・・・?」と聞かれますが、この答えは無いような気がします。

あえて言えば、「自分自身を、よく知っている」人でしょうか・・・。

不器用だから、運動神経が悪いから。

そんな理由はイコール、テニスが向いていないなんてならないはず。

むしろ器用で何でも出来るという感覚を持っている人のほうが、成長が止まってテニスを辞めていく人が多いような気もします。

もしアナタ自身、悩んでいるならそれは大きなチャンスかも知れません。

 

「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

 


 

■不器用な選手ほど、試合では怖い

試合に強い選手、イメージしてみて下さい。

自分の身の丈を知っていて、丁寧にテニスをしてくる。

そんな選手は、決してセンスあふれるようなショットは打てなくても、ミスが少なくてしぶとい。

不器用さを知っているから、その戦い方に徹しているような選手は、プロ選手でもたくさんいます。

むしろ周りは器用な選手だと思っていても、本人はすごく「謙虚に、不器用に」テニスをしていることだって多いでしょう。

 

■対戦相手に、どう思われている?

ネットプレーが上手い、と私は思っていたある選手が言ったある一言。

「俺はボレーが苦手だから、ネットに出てロブが来るとラッキーと思う。だってスマッシュは楽だから。」

対戦相手は明らかにネットプレーを嫌がってロブを上げてきているのに、本人はネットプレーが得意だとは思っていない。

こういう思い込みって、すごくテニスの試合では多いと思います。

不器用さを自分で分かっているのなら、あえてネットプレーが上手いと演じてみるのも作戦の一手ですね。

 

■「テニスに向いていない」という、大きな勘違いと思い込みは捨てよう

試合に負けたりすると、自信を無くすことは多い。

そもそも大会に出ている方は、優勝しない限りは必ず悔しい想いをして会場を去らなければならないのです。

でもその感情を、自分に対して「そもそも・・・」とネガティブに捉え過ぎるのは良くない。

テニスに向いている人なんて、そもそもいないでしょう。

色々な要素が集まってプレーするのが、テニス。

どこかにアナタ自身が、活路を見出すことは出来るはずです。

 

器用な選手は、成長が難しい。

これは私がコーチ時代にかなり、悩まされてきたテーマです。

色々出来る人は、当然他のスポーツも楽しめるし誘惑も多い。

そして理想が高いから、すぐに高い技術を求めて試合で使えるようなスキルが育たない。

むしろ自分を知って、不器用に徹する選手のほうが成長できるし、対戦相手として怖い。

アナタの次の対戦相手、そんな選手かも知れませんね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「誰のためにボールを打つのか」テニスの試合で勝つ為に必要な考え方

    ダブルスで重要なことは、パートナーとの連携プレーである。パート…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い

    「勝っている試合を、まくられてしまう・・・」「どうしてもメンタ…

  3. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておきたい、その理由につい…

    プロテニス選手の試合の数値で、「アンフォーストエラー」という言葉が出て…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

    身の程知らず、という言葉がありますよね。自分の実力もよく分かっ…

  5. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

  6. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手はいない

    ミックスダブルスの試合を観ていると、面白い。今回はオリンピック…

特集記事

  1. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?
  2. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執す…
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    テニス選手の中でも、「モチベーションのコントロールが上手い人、下手な人」の違いは…
  4. その他

    読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. ストローク

    ネットプレイヤーに対して、ロブ頼みを卒業しないと
PAGE TOP