テニス メロブ

ストローク

「苦し紛れのロブは、大抵入らない」からこそ、別な武器を用意しておきましょう

深いアプローチで追い込まれたときに・・・皆さん、どんな感じですか?

余裕が無いときには、苦し紛れのロブ、になってたりしないでしょうか・・・。

試合で繰り返しているなら、何かを変えていかないと。

そう、別な武器を用意しておく必要があるのです。

 

「苦し紛れのロブは、大抵入らない」からこそ、別な武器を用意しておきましょう

 

■苦し紛れな雰囲気は、相手に伝わる

アナタが思っている以上に、相手は気付いている。

追い込まれると、苦し紛れのロブ・・・の選択をしてくる、ということを。

私の経験上、特に女性の方でこういう選択になってしまう方が多いような気がします。

確かに、ロブで逃げれば何とかなってしまうケースもあるでしょう。

ですが、強い相手であればそうはいかない。

しっかりロブもケアしているし、無理させたロブでアウトを誘ってくる。

苦し紛れのロブ、は入っても続かないし、そもそも入らない確率の方が高いでしょう。

 

■別な武器、とは相手の足元に打てるスライスショット

ロブに変わる別な武器、と言えばまず足元。

相手はロブを警戒しているでしょうから、ネットから少し離れているはず。

追い込まれて、「ロブしかない・・・」と思ったときに、ふと相手の足元、という選択肢を武器として持ちましょう。

ロブでも使うスライスを、短く打って足元を狙う。

ディンクショット、を使えるとアナタのプレーはグッと広がります。

「深く厳しいボールで、そんな余裕は無い・・・」と思うかも知れませんが、それはアナタのロブという武器が無いから。

複数の選択肢があれば、きっと少し余裕が生まれてアナタ自身、もっと相手を観てプレー出来るはずです。

 

■相手を騙すコツは、「同じグリップで打つ」ということ

イメージしてみて下さい。

同じグリップ、で複数のショットが打てると、相手は嫌なはず。

相手からすると、どんなショットが来るか分かりませんからね。

スライスのグリップで、深いロブと浅い足元へのショット。

きっと、大事な試合ではアナタの助けになるはずです。

スピン系でも良いのですが、余裕が無い場面ではトップスピンロブの選択はやはり難しい。

少し差し込まれて、打点が後ろになってもコントロール出来るスライス、がベストな選択でしょう。

 

スライスでロブ、沈める・・・なんだかおじさんのテニス、みたいですか?

しっかり打てれば、きっとアナタの大きな武器になる。

スライスショットって、きっとアナタが思っているよりずっと試合向きで実戦的なショット。

きっと、追い込まれたときに助けてくれる武器、になってくれるはずです。

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「ロブが抜けたら迷わず前」に出て、ネットを取ろう!

    テニスの試合、相手がネットに出てきていて自分のロブが抜けたら前に出る。…

  2. ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスについて

    テニスのプレーにおいて、軸足の使い方はかなり重要である。右足と左足…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ストローク
  5. ストローク

    テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

    高い打点のストローク、しっかり攻撃的なショットに出来ていますか?レ…

  6. ストローク

    「軸足使い分け上手」になれば、テニスの試合で積極的にライジングショットで攻撃できる!

    どのショットも軸足って大事。足は二本あるけど、どっちの足が軸となっ…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. その他

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう…
  2. その他

    テニスの試合を終えた時点で、「自分を実力が分かった」と思えたら絶対、強くなれる
  3. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習を工夫したい!」なら、より実践的に且つ自信に変えていく練習にしていき…
  5. ダブルス

    ダブルスで味方ペアのミスに腹を立ててばかりの人は、「ミスについての考え方を変える…
PAGE TOP