テニス メロブ

ロブ

苦し紛れのロブは、大抵入らない

深いアプローチで追い込まれたときに・・・皆さん、どんな感じですか?

余裕が無いときには、苦し紛れのロブ、になってたりしないでしょうか・・・。

試合で繰り返しているなら、何かを変えていかないと。

そう、別な武器を用意しておく必要があるのです。

 

苦し紛れのロブは、大抵入らない

 


 

■苦し紛れな雰囲気は、相手に伝わる

アナタが思っている以上に、相手は気付いている。

追い込まれると、苦し紛れのロブ・・・の選択をしてくる、ということを。

私の経験上、特に女性の方でこういう選択になってしまう方が多いような気がします。

確かに、ロブで逃げれば何とかなってしまうケースもあるでしょう。

ですが、強い相手であればそうはいかない。

しっかりロブもケアしているし、無理させたロブでアウトを誘ってくる。

苦し紛れのロブ、は入っても続かないし、そもそも入らない確率の方が高いでしょう。

 

■別な武器、とは相手の足元に打てるスライスショット

ロブに変わる別な武器、と言えばまず足元。

相手はロブを警戒しているでしょうから、ネットから少し離れているはず。

追い込まれて、「ロブしかない・・・」と思ったときに、ふと相手の足元、という選択肢を武器として持ちましょう。

ロブでも使うスライスを、短く打って足元を狙う。

ディンクショット、を使えるとアナタのプレーはグッと広がります。

「深く厳しいボールで、そんな余裕は無い・・・」と思うかも知れませんが、それはアナタのロブという武器が無いから。

複数の選択肢があれば、きっと少し余裕が生まれてアナタ自身、もっと相手を観てプレー出来るはずです。

 

■相手を騙すコツは、「同じグリップで打つ」ということ

イメージしてみて下さい。

同じグリップ、で複数のショットが打てると、相手は嫌なはず。

相手からすると、どんなショットが来るか分かりませんからね。

スライスのグリップで、深いロブと浅い足元へのショット。

きっと、大事な試合ではアナタの助けになるはずです。

スピン系でも良いのですが、余裕が無い場面ではトップスピンロブの選択はやはり難しい。

少し差し込まれて、打点が後ろになってもコントロール出来るスライス、がベストな選択でしょう。

 

スライスでロブ、沈める・・・なんだかおじさんのテニス、みたいですか?

しっかり打てれば、きっとアナタの大きな武器になる。

スライスショットって、きっとアナタが思っているよりずっと試合向きで実戦的なショット。

きっと、追い込まれたときに助けてくれる武器、になってくれるはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す

    シングルスでもダブルスでも、ロブを打たれる機会は試合である。そ…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  3. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

    なかなか、その有効性が説明し辛いショット。それが、ロブボレーで…

  4. ロブ

    意外と高いロブは、前衛が嫌がる

    ダブルスの試合で、走らされてロブ。それがもう、とにかく浅い……

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

    ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?確かに、前衛が正面にい…

  6. ロブ

    踏み込んで来る相手の、上を狙おう

    男子ダブルスの試合でよくある、すごく前に詰めて来るペア。これ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう
  2. テニス 怪我

    テニス知識

    急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 戦術

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる
  4. テニス ボレー

    メンタル

    自分の打ったボールを信じ切れば、ボールは自然とコートに収まってくれる
  5. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージ…
PAGE TOP