ダブルス

ダブルスの雁行陣、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本

ダブルスの試合、前衛の基本は「ポーチに出ること」と何度も書いてきました。

ですが、やはり例外もある。

相手の後衛が大きくワイドに動く、コートの外に出るくらい走らせているときには・・・どうでしょう?

イメージして頂ければ分かる通り、このケースではストレートに来るケースも多いのがダブルスの試合、です。

 

ダブルスの雁行陣、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本

 


 

■ストレートアタックは、「外から巻いてくる」軌道になる

相手がワイドに走っているときのストレート、ただのストレートアタックとは違います。

テニスでは、「ネットの上をボールが通らないとダメ」というルールは無いので、ネットの横を通ってコートに入ってもそのボールは有効になる。

つまり、アナタが前衛なら「横から入ってくるストレートアタック」をしっかり塞がないといけない。

相手がワイドに走っているので、実はストレートアタックはサイドラインに平行、にはならない。

横からグッと入ってくる、非常に脅威的なショットになる可能性があるのです。

 

■前衛はしっかり「コートの端に寄って、前に詰める」ことが大事

ストレートケア、と言ってもしっかりネットに詰めること。

この方が、ボールに触ったときの攻撃力が高いですし、当たり損ないでもコートに入ってくれる。

そしてしっかり、自分の側のサイドを守る意識で相手をけん制しましょう。

ストレートケアは、積極的に。

自分が触ることが出来れば、反撃するくらいのつもりで。

相手も、ワイドに走らされているのでがむしゃらな勝負、に出て来る可能性も高い。

ワイドに打つのは、相手がストレートに打ちたくなるような「餌まき」だと思えば良い。

しっかり返球出来れば、相手は慌てて失点してくれるでしょう。

 

■じゃあ、クロスに来たら・・・どうする?

そのとき、ワイドに走らせた後衛はどうしましょうか?

相手がコートの外に出るくらいワイドに走っているなら、そこからの切り替えしはショートクロス気味に、同じくワイドに来るケースも多い。

ここをしっかり理解しておけば、恐れる必要はありません。

「ワイドに打ったら、ワイドへの返球が増える」のがテニスの大原則。

強引なストレートアタックを前衛が塞ぎ、後衛はワイドをケアする。

この組み合わせで、しっかり戦っていけばダブルスは勝てます。

 

対戦相手、ワイドに走ってどういう選択をするのか。

このポイントは、序盤でしっかり抑えておきましょう。

ダブルスでも、しっかり走らされた後ってその選手の特徴が大きく出やすい。

つかんでおけば、大事な場面で同じようなプレーをしてくれるはず。

ダブルスですから、しっかりペアで情報共有しながら戦っていきましょうね。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも知れません

    ダブルスで、「Iフォーメーション」にトライしている皆さん、ポイントにつ…

  2. テニス ダブルス
  3. ダブルス

    みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる

    みなさんは、ミックスダブルス、プレーされる機会はありますか?学…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません

    ダブルスが強いペアは、2人の距離が近くポジションがセンターに集まってく…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

    良いダブルスの要素、それは色々とあると思いますが、対戦していて嫌なペア…

  6. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てましょう

    ダブルスはペアで戦うコンビネーションが重要。プロテニスの試合で…

特集記事

  1. テニス 準備

    シングルス

    パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう
  2. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない
  3. テニス 打点

    ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしま…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊…
  5. テニス 格上相手

    メンタル

    「勝ち負けなんて重要ではない」が口癖な人は、みんな負けている
PAGE TOP