ダブルス

ダブルスの雁行陣、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本

ダブルスの試合、前衛の基本は「ポーチに出ること」と何度も書いてきました。

ですが、やはり例外もある。

相手の後衛が大きくワイドに動く、コートの外に出るくらい走らせているときには・・・どうでしょう?

イメージして頂ければ分かる通り、このケースではストレートに来るケースも多いのがダブルスの試合、です。

 

ダブルスの雁行陣、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本

 


 

■ストレートアタックは、「外から巻いてくる」軌道になる

相手がワイドに走っているときのストレート、ただのストレートアタックとは違います。

テニスでは、「ネットの上をボールが通らないとダメ」というルールは無いので、ネットの横を通ってコートに入ってもそのボールは有効になる。

つまり、アナタが前衛なら「横から入ってくるストレートアタック」をしっかり塞がないといけない。

相手がワイドに走っているので、実はストレートアタックはサイドラインに平行、にはならない。

横からグッと入ってくる、非常に脅威的なショットになる可能性があるのです。

 

■前衛はしっかり「コートの端に寄って、前に詰める」ことが大事

ストレートケア、と言ってもしっかりネットに詰めること。

この方が、ボールに触ったときの攻撃力が高いですし、当たり損ないでもコートに入ってくれる。

そしてしっかり、自分の側のサイドを守る意識で相手をけん制しましょう。

ストレートケアは、積極的に。

自分が触ることが出来れば、反撃するくらいのつもりで。

相手も、ワイドに走らされているのでがむしゃらな勝負、に出て来る可能性も高い。

ワイドに打つのは、相手がストレートに打ちたくなるような「餌まき」だと思えば良い。

しっかり返球出来れば、相手は慌てて失点してくれるでしょう。

 

■じゃあ、クロスに来たら・・・どうする?

そのとき、ワイドに走らせた後衛はどうしましょうか?

相手がコートの外に出るくらいワイドに走っているなら、そこからの切り替えしはショートクロス気味に、同じくワイドに来るケースも多い。

ここをしっかり理解しておけば、恐れる必要はありません。

「ワイドに打ったら、ワイドへの返球が増える」のがテニスの大原則。

強引なストレートアタックを前衛が塞ぎ、後衛はワイドをケアする。

この組み合わせで、しっかり戦っていけばダブルスは勝てます。

 

対戦相手、ワイドに走ってどういう選択をするのか。

このポイントは、序盤でしっかり抑えておきましょう。

ダブルスでも、しっかり走らされた後ってその選手の特徴が大きく出やすい。

つかんでおけば、大事な場面で同じようなプレーをしてくれるはず。

ダブルスですから、しっかりペアで情報共有しながら戦っていきましょうね。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルス、狙うのは弱い方の相手でホントにいいの?」テニスの試合で狙いを定めるには・・・?

    ダブルスの試合の時、相手ペアのどっちが強いかパートナーと一緒に見付ける…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる

    私も、責任感が強い人は大好きです。「俺が何とかしてやるんだ・・…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない

    ダブルスの試合を観ていると、ペアの心理状態が見えてきて面白い。…

  4. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

    「次のサーブは、センターに打つね」この声掛けだけ、で良いんです…

  5. ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?

    ダブルスの試合で、前衛が活躍する場面。それは、サーブの後のポ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる
  2. メンタル

    テニスで変わりたいなら、モノと環境に頼れ
  3. 練習メニュー

    試合で使う打ち方って、何通り?
  4. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です
  5. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴
PAGE TOP