テニス スマッシュ

ストローク

「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る

テニスの試合のラリー。

緊張感が高まってきたときに、先の強引なミスだと本当にもったいない。

試合に勝てない人、淡泊な試合が多い人は、攻撃していくときのギアチェンジが早過ぎるかも知れない。

8割くらいの力、で攻撃していく意識で、充分ラリーは制することが出来るはずです。

 

「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る

 


 

■「ラリーを制する」とは、自分のエースで終わるだけじゃない

自分のエース、で終わる「場合もある」くらいに考えておきましょう。

全豪オープンの試合を観ていても思いますが、半分くらいは相手の攻撃に耐えられない、自分から最後無理をして自滅するような選手が多いですよね。

これも立派な、アナタが制したポイント、と言える。

カウンターショットを喰らうケースもありますが、それは稀だし相手もリスクを冒したプレー。

意識したいのは、ラリーでチャンスを作っては拡げ、そして8割の力で拡げ続けていく意識です。

 

■ラリー中に焦っては必ず、相手のペースになっていく

チャンス、または自分が打っていけるボールが来たときに、焦ってしまう人。

焦って決めにいくと必ず相手のペースになっていきます。

焦って攻撃してくる選手のコースって、結構読みやすい。

読みやすいから反撃されやすい、そして更に厳しいコースを狙って自滅、なんて光景がテニス会場ではいたるところで観ることが出来ます。

アナタ自身、8割の力の意識があれば焦りを抑えられるはず。

数字でしっかり、自分をコントロール出来るようになりましょう。

 

■8割の力、ということは主役はあくまで配球とコントロール

スピードが大事?

大事なポイントでスピード勝負だと、落としたときに落ち込みも激しい。

配球やコントロールのミス、は自分の選択ミスですから修正しやすいし、相手の印象にも残る。

配球で組み立てると言うと難しいイメージがあるかも知れませんが、まずアナタが「相手のどこを攻めたいのか?」をハッキリさせるだけでも良い。

それで充分、相手に伝わる。

伝わったらその逆が空く。

空いたコースに、8割の力で攻撃していく感じ、ですね。

 

ラリーが上手い選手は、試合が上手い選手。

相手と呼吸を測りながら、一進一退、の中で8割の力で攻撃していく。

このイメージ、普段の練習から意識してみて下さい。

寒い時期ですが、簡単なミスや淡泊なプレーにならないように。

試合のシーズンの礎は、今、作っていく大事な時期ですから。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!

    最近のシングルスの試合での流行、の一つがショートクロスの使い方にある。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?

    スライスは得意ですか?俺は高校生の頃、バックハンドはスライスば…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?

    皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。バック…

  4. テニス ステップ

    ストローク

    試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

    試合で効果的な、ドロップショットを打ちたいと考えているみなさん。…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

    以前にも少し書いたコツ、ですが、ストロークが振り切れない方へ。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    Q&A

    Q&A「ボレーしようと思ってグリップを握る手に当たってしまいましたが、こ…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える…
  3. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」
  5. テニス メンタル

    その他

    言葉は強く、残り続ける
PAGE TOP