テニス リターン

ストローク

風が強い日の必殺技、はコレに限る

風が強い日の試合、相手も自分もなかなか苦しいですよね。

いつも通り出来ないし、サーブのトスアップも難しい。

イライラしながら試合をしている中で、相手に「打たせたいショット」があります。

普通はチャンスになってしまうようなボールでも、風が強い日にはそうはいかない。

それがテニスの試合、ですから。

 

風が強い日の必殺技、はコレに限る

 


 

1.浅いボールの処理は、難しい

浅いボール、フワッと上がったボールを打つ。

これ、普通だったらそんなに難しくない、むしろチャンスと思えますよね。

でも、風が強い日は簡単ではない。

特に、風上に立っている選手からすると、難しいんです。

ボールは飛んで来ないし、風で変化する。

フワッとしたボールは、とにかく難しいと覚えておいて損は無いですよ。

 

2.前に走りながらボールを打つ、のが難しくなる

風が強い日では、足を合わせるのが難しい。

思った以上にボールが止まる、身体が泳ぐ。

ドロップショットのような軌道のボールは、とにかく風が強い日に打つと効果的です。

風下、からであれば少し強めに打って良いと思いますよ。

風に戻されて、ナイスなドロップショットになるはずですから。

相手は、「あれ?来ない・・・」と思いながら、泳いでミスしてくれるでしょう!

 

3.必要なのは、打つ勇気

でも、風が強い日って自分でも厳しいですよね。

ボールコントロール、自信が無くなっていく。

浅いボールが効果的なのは分かるけど・・・打つのが怖い・・・と、思っている壁を乗り越えましょう。

一度打ってみると、すごく楽になりますよ。

ポイントのプレッシャーが少ない、試合の序盤に打っておくことをお勧めします。

丁寧に打って、相手にも打たせる、やらせるくらいでちょうど良い。

やらせてみるって、勇気要るじゃないですか。

でも、風が強い日なら全然有り、ですね!

 

4.遅いボールって、難しい!

みなさんも、風が強い日じゃなくても経験無いですか?

遅いボールに、泳いでしまう。

ボールがフラフラ、身体が思うように動かないで、最後にフレームショット。

これは、テニスの試合でのあるあるです。

本当に上手い選手、鍛えてある選手は風の中でもミスしないですが、私たちのレベルでは結構怪しい人が多い。

インドア慣れしている方も多いですしね。

風が強い日には、どんどん浅いボールを打たせて泳がせる。

これが効いてくるはずです。

 

風による変化って、対応が難しい。

バウンドでの変化は慣れていますが、空中に浮いているボールが変化すると、難しいですよね。

この変化を、使わない手は無いですよ。

風が強い日の試合、どんどんドロップショット、使ってみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

    力強いストロークで、試合をリードしていきたい、押していきたい。…

  2. テニス フットワーク
  3. テニス ストローク
  4. ストローク

    パッシングショット、ボールに集中するコツとは?

    相手が前に出て来て、その横をスパ―ン!と抜いていくショット。シ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になり…

    フラット系のストロークが主体の選手、ジュニアの女子選手を中心にたくさん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス

    メンタル

    実行するのに勇気が求められる作戦は、成功すれば相手に「大打撃」を与えることが出来…
  2. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません
  3. テニス メンタル

    テニス知識

    「この暑さを乗り越える!」テニスの試合で必要な熱中症対策5つ
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅…
  5. フットワーク

    浅いボールに横向きで入っていく、ことが全ての攻撃の基本です
PAGE TOP