テニス メンタル

戦術

大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得

大事な試合、もう目の前に控えているみなさん。

焦っても仕方ない、でも何かを準備したい・・・なら、改めて基本的な部分を一緒に見直してみましょう。

出来る準備、は全てやる。

そう、頭の中で整理しておくだけでも、かなり現場で楽になると思いますよ。

もう戦いは始まっている、くらいの意識で読んでみて下さい。

 

大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得

 


 

1.決めておくこと、は決めておく

サーブから入る?それとも、リターンから入る?

ダブルスなら、自分の担当サイドと、どっちからサーブを先に打つのか。

このあたり、当たり前のようですけどしっかり事前に決めておかないとダメですよ。

当然、トスに勝つ負けるはあると思いますが、「リターンから入る」をベースに考えておけば相手がサーブを取ってくれる可能性も高いので、便利ですよね。

日差しが強い、風が強い会場も充分に想定されますから、その準備も大事です。

まぶしい側は、どんどん相手にスマッシュを打たせる。

風が強いなら、風下と風上の戦い方を整理しておきましょう。

 

2.早めにどの形でネットに出るのか?

試合をの序盤に、ネットプレーを入れる。

これが、アナタ自身の試合を勝つための良い秘訣になること、は間違いないでしょう。

問題は、どの形で前に出るのか。

サーブ&ボレーかリターンダッシュ、アプローチから、とにかくこれも決めておきましょう。

出来るだけ最初のゲーム、で入れること。

試合が始まる前に、しっかり決めておく方が絶対に良いでしょう。

 

3.ダブルスなら、サーブのコースとポーチのタイミングを

しっかり決めておきましょう。

お互い、どのコースに打ってポーチに出るのか。

それは、どの程度の割合で入れていくのか、を事前に決めておく。

もちろん、コートの現場で決めることも大事ですが、方針は決めておかないと結局動けないですから。

ポーチに積極的なペアは、もう試合前に決めている。

だからこそ、アナタ自身にもこの準備が必要なんです。

 

4.2-5、5-2になったときの戦略を考えておく

1セットマッチ、大ピンチの場面としっかり締めないといけない場面、両方を考えておく。

このチェンジコートのタイミングで、どっちにしても「よし、ここまでは想定通りだな・・・」と、思えるように。

私なら、2-5ならとにかく堅実に、自分からはミスしない。

ファーストサーブを入れて、ゲーム内でリードを奪ったら積極的に動く。

5-2だったら、同じような作戦ですが、相手にプレッシャーをかける動きを強める感じですね。

ポーチに出る、相手が確実に来るようなコースを潰す、ようなイメージで準備しておく。

試合の中で、5-2、または2-5のチェンジコートの場面になる可能性は高い。

どっちにしても、まだまだ戦いはそこから、ですね。

 

5.リターンのバリエーションを確認しておこう

これは、試合前に絶対に必要。

ダブルスなら、ロブ、ストレートアタック、をどういう感じで入れるのか、をしっかりイメージしておく。

スライス、スピン、両方で打てると相手を混乱させることが出来ますしね。

何も考えないで準備しないで試合に入ると、リターンって淡泊になりがちなんですよ。

一発、に頼るようなリターンになってしまっては、当たらなければあっという間に負けてしまう。

この危機感、が無い人は試合でまず勝てないでしょう。

それくらい、リターンって試合ですごく大事なカギを握っている、と私は思いますよ。

 

当たり前、のようにこの辺を準備する。

試合では、考えないで相手をひたすら観察する。

意外と、ここまで考えて試合に入れる人って少ないですから。

もう、試合開始の段階で差を付けておく。

これが、アナタの当たり前、にして欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

  2. テニス ボレー

    戦術

    テニスにおける戦略と戦術、この2つの違いを理解できてる?

    私も、つい言葉を混同してしまう・・・ので、反省の意味を込めて。…

  3. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない

    試合でのメンタルコントロール、これも実力のうち。自分のプレーが…

  4. 戦術

    アングルの打ち合いになったら、思い切ってネットに詰めよう

    ダブルスの試合で、4人が前の状態でボレー合戦。その中で、ネット…

  5. テニス 準備

    戦術

    奇策を試みて、基本を知る

    テニスの試合では、奇策が必要。私自身、何度も奇策の必要性を書…

  6. 戦術

    戦術

    ダブルスの後に、すぐシングルスの試合に入る時の心構えについて

    学生のみなさんのテニスの大会は、きっと大忙し。ダブルスの試合の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ
  2. テニス 前衛

    ダブルス

    ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!…
  5. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている
PAGE TOP