戦術

試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしていかないと

「これは、はまったな」という感覚。

試合の中で、少しずつ増やしていって欲しい。

テニスの試合では、いかにアナタ自身が主体的に試合を動かして、コントロールして、勝ちにつなげていけるかがポイント。

技術の話、ではありません。

技術の話になってしまうと、人は全てのボールに追い付いて完璧にコントロール、は出来ませんからね。

 

試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしていかないと

 

1.戦術的な話は、初心者の方にこそ

こういうテーマで話すと、「上級者向けのお話ですね」と言われることが多い。

いえ、違います。

私が考える戦術とは、アナタ自身の「今ある技術で、ポイントを取って勝ちに近付くための方法」です。

上級者にならないと作戦が実行出来ない、戦術が理解出来ない・・・というのは、甘えです。

テニスの初心者の方でも、しっかり狙い、しっかり考えて動く。

こういう意識があれば、誰でも「意図的にポイントを取る」ことは可能です。

 

2.意志あるところに、意図は生まれる

ですので、まずしっかり考えて欲しいのは、「勝ちたい」と思うこと。

強い相手に勝つ、のは結果的に無理だとしても、「1ポイントで良いから、むしり取りたい」という意志を持つこと。

これは、私でもなかなか教えるのが難しい。

そして、どんなに頭が良い人でも、この「ポイントを取りたい」という意志が無いと、意図は生まれない。

ただボールを打って、相手とラリーして、それで満足になってしまいますからね。

実力以前に、試合に勝ちたい、1ポイントでも多く取りたい、という自分の意志を確認して下さい。

 

3.意図的に取れるポイントとは、どういうポイント?

私が考える「意図的なポイント」は、つまり逆算出来るポイント。

例えば相手のダブルス、1人は明らかにバックボレーが打てない、ような部分を見つけたとしましょう。

そうすると、ラリーの中でこのバックボレーを打たすには、どうすれば良いか?を考える。

リターンでいきなり狙いたいけど、その選手が後衛にいたら・・・まず前におびき出して、その後にバックのハイボレーを打たせるようなロブ、を上げていこう。

みたいな感じです。

ポイントのゴール、を決めてそこから逆算して自分のやるべきことを決めていく。

もちろん、バックボレーで返球されるかも知れませんけどね。

でも、そこでポイントを取れる可能性が高い、と考えて動くことが意図あるテニス。

まずは相手を観察しないと、何も始まりませんね。

4.意図的に取ったポイントは、相手が感じてくれる

もし、3.のようなことが2~3回続くと、相手も勘付きますよね。

「バックボレー、狙われてるな・・・」と。

全然、それで良いんです。

そうなると相手はバックボレーをカバーするように、ポジションを変えてくる。

そうなると、フォアハンド側にスペースが生まれる、そこを突いていく。

これも立派な、意図的なテニス、ポイントですね。

戦術だとか考えるとすごく難しい話のように思いますが、やることは簡単。

相手を観察して、狙いを決めて逆算する。

これだけで充分でしょう。

 

だからこそ、オールラウンドなプレーが大事なんです。

一つのショットが得意でも、相手の弱点は突けない。

やりたいテニス、の幅がすごく狭まってしまいますからね・・・。

意図的にポイントを取る、ということは、「出来ることが多い」ということ。

初心者の自分には無理?

遅くてもコントロールショット、が打てるように練習していきましょう。

きっと試合で、意図的にポイントは取れるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

    試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が…

  2. テニス メンタル

    戦術

    安全に攻める、だけだと勝てない

    テニスには、セオリーが有ります。みなさんも、恐らく誰かから習…

  3. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

  4. 戦術

    「こんなの、自分のプレーじゃない!」という方へ

    色々な人のアドバイスを聞いて、迷っている方。「こんなの、自分…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  6. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う

    何かを変える、変える必要があると感じている方。間違いなく、テニ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    「ダブルスボレーの仕事」を把握すれば、テニスのダブルスの試合は勝てるようになる!…
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう
  3. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる
  4. ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークの超基本、「バウンドに合わせてラケットを引かない」を実践できている人は…
PAGE TOP