テニス 戦術

戦術

アナタが打ってくるのを、相手は待っている

目次

試合では、相手は待っている

そう、アナタ自身の「ありきたりな攻撃」を首を長くして待っています。

攻めてはカウンターを喰らうような場面が多い人は、考えてみて下さい。

相手に読まれてはいないか?という点について。

試合に勝ちたいなら、その読みを外していかないと勝てないです。

 

アナタが打ってくるのを、相手は待っている

 


 

1.日本人は、カウンター大好き

試合でも、アナタ自身経験していると思います。

ある程度、攻めて来てくれる相手の方が、戦いやすい。

ただ粘ってつないで来るような相手って、攻撃し辛いじゃないですか。

日本人って、自分から何か行動を興すより、誰かの行動に反応する方が大好きですよね。

だから、自然とテニスもそうなるんだと思います。

カウンターが好きな人が、そもそも多いんだと。

だからこそ、ありきたりな攻撃は恰好の餌食になるんです。

 

2.相手は何を待ってるのか?

これに、気付けるようになりましょう。

試合では、相手は何を待ってるのか。

私なら、「相手は無難な作戦」で来ることを待っている。

リターンならクロス、に打つのが普通だと思っている人が多いので、ガンガンポーチに出る。

そうすると、今度はストレートを狙われるので、そこを待って仕留める。

私自身、前衛ではクロスにリターンが来るのを首を長くして待っています。

みなさんは、どうでしょうか?

 

3.相手にやられてしまうのは、アナタ自身が「普通」だから

良く言えば基本、セオリー通り。

でも悪く言えば、相手に読まれやすい。

こういう人が、ほとんどだと思います。

実際に試合をしていて、「どこに打って来るか分からない・・・」ような相手は嫌ですよね。

アナタ自身、そうならないと試合ではなかなか勝てないですよ。

打った先に常に相手がいる、先回りされていること、に気付かないと。

でも、何となくラリーにはなってしまうから、気付かないんですよね。

攻撃しているつもりが、全然相手の脅威になっていない。

待っているところに打っている、というケースがほとんどだと思います。

 

4.仕掛けるには、序盤、先手が必勝法

ですので、とにかく色々見せておきましょう。

リターン一つにしても、ストレート、ロブ、様々なパターンをしっかり見せておく。

そうすれば、普通のコースで待つということに危機感を覚えてくれる。

これこそ、最高のプレッシャーになります。

普通に試合をしていれば、普通のコースに飛んで来てラリーが出来るような相手、になってはダメ。

早い段階で先に仕掛けて、試合の主導権を握りましょう。

普通を卒業してこそ、試合に勝てるテニス選手ですから。

 

相手に待たれている、読まれていると感じること。

これが、必要なんです。

試合に勝てない人は、「自分が出来ない、プレーが悪い」と思いがち。

そうじゃなくて、相手に読まれているだけ・・・なケースも多いですよ。

自分の試合、一度思い出してみて下さい。

きっと、普通にやっている試合は苦しんでいるはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. ラジオ番組、始めました!

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう

    試合の中で、流れを読んで先、先に仕掛ける。これが出来るのは、上…

  2. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です

    テニスの試合、ついチャンスを決め急いでしまう人。どこか、ラリー…

  3. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

    ナイスなコースにショットが決まって、「良し!」となる。でも、本…

  4. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手…

  5. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

    最近頂いたご相談の中で、こういう内容のものがありました。「団体…

  6. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

    今はまさに、日が長い時期。日照時間が長いので、テニスの試合も結…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 感覚

    メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう
  2. テニス トレーニング

    ストローク

    フォアが振れない、もしそれが深刻なら
  3. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?
  4. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、自分の作戦が決まっていない
PAGE TOP