テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。

相手をどんどん追い込んでいく、なんでそんなに良い形が作れるのか・・・と思いますよね。

ショットの威力はもちろん、上手いのは相手の逆を突く攻撃。

私たちも、シングルスの試合ではこれを意識していきましょう。

 

シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

 


 

1.相手のボールが浅い!さぁ・・・どんな攻撃?

が、アナタに出来ますか?

相手のボールが浅いなら、前に踏み込んで打てる。

それがただ強いボールをコーナーに打つだけなら、きっと相手も慣れるしミスも増える。

意識したいのは、いかに「逆を突くか」です。

相手としても、攻撃される訳ですからある程度は予測して待ち構えるはず。

その予測を、外してみる。

まずは左右でどっちに打つのか、しっかり考えてみましょう。

 

2.基本はバック狙い、でも相手が予測していたらフォア側に!

私はいつも、これを意識しています。

相手を攻撃していくとき、基本はバックハンド狙い。

でも、それは相手も織り込み済ですから。

浅いボールを攻撃するときに、自然と相手もバックハンド側を警戒していることが多い。

そこで、あえてフォアハンド側に打つ。

浅いボールをアプローチ、ではフォアハンド側も結構使えます。

シングルスの試合ですから、相手を走らせるくらいでOK、狙い過ぎてミスしないように。

バックハンド待ちの相手の逆を突ければ、恐れるものは無い、ですから。

 

3.左右の逆だけじゃない、前後の逆を突こう!

試合も後半になると、こういう読み合いにも相手は慣れて来ます。

ですので、次の一手が大事。

左右の読み合い、外し合いだけでなく、前後もしっかり使うこと。

相手の浅いボールを、深く攻撃していくのはあくまで正攻法。

深いだけじゃない、浅いボールも使いたい。

打ち込むと見せてのドロップショット、も立派な相手の予測を外す作戦です。

相手は、下がって強打に備えてますから、楽に決まるはずですよ。

キーワードは、相手の予測を「外す」こと。

シングルスの試合は、これで無理の無い攻撃が出来るはずです。

 

4.「どちらにでも打てる態勢」を出来るだけ多く作ろう

そこで、立ち戻るべきはこの基本です。

早く構えて、どこにでも打てる態勢を出来るだけ多く作る。

シングルスの試合、相手のボールが浅いなら、とにかく早く前に入ってテイクバック、相手を威嚇する。

そうしないと、そもそも相手を見る余裕がありませんからね。

チャンスこそ、したたかに。

相手に隙を与えない、予測を外す余裕をこちらが持つ。

これだけで、シングルスの試合はかなり楽に戦えますよ。

 

相手の逆を突く。

このことが出来れば、そんなに速いボールっていらないんですよ。

ただし、準備の早さは必要。

シングルスの試合、戦い方を少し変えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

  2. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

    シングルスでは守るコートが広い。横はもちろん、前のスペースも自…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

  4. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

    シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。その要因は…

  5. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

    テニスコートは、上手く守らないといけない。どこに立つのか?は…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント
  3. その他

    「熱くなった身体を冷やせ!」テニスの試合後に有効なクールダウンとは?
  4. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身にな…
  5. テニス ソックス

    テニス知識

    テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
PAGE TOP