テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。

相手をどんどん追い込んでいく、なんでそんなに良い形が作れるのか・・・と思いますよね。

ショットの威力はもちろん、上手いのは相手の逆を突く攻撃。

私たちも、シングルスの試合ではこれを意識していきましょう。

 

シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

 


 

1.相手のボールが浅い!さぁ・・・どんな攻撃?

が、アナタに出来ますか?

相手のボールが浅いなら、前に踏み込んで打てる。

それがただ強いボールをコーナーに打つだけなら、きっと相手も慣れるしミスも増える。

意識したいのは、いかに「逆を突くか」です。

相手としても、攻撃される訳ですからある程度は予測して待ち構えるはず。

その予測を、外してみる。

まずは左右でどっちに打つのか、しっかり考えてみましょう。

 

2.基本はバック狙い、でも相手が予測していたらフォア側に!

私はいつも、これを意識しています。

相手を攻撃していくとき、基本はバックハンド狙い。

でも、それは相手も織り込み済ですから。

浅いボールを攻撃するときに、自然と相手もバックハンド側を警戒していることが多い。

そこで、あえてフォアハンド側に打つ。

浅いボールをアプローチ、ではフォアハンド側も結構使えます。

シングルスの試合ですから、相手を走らせるくらいでOK、狙い過ぎてミスしないように。

バックハンド待ちの相手の逆を突ければ、恐れるものは無い、ですから。

 

3.左右の逆だけじゃない、前後の逆を突こう!

試合も後半になると、こういう読み合いにも相手は慣れて来ます。

ですので、次の一手が大事。

左右の読み合い、外し合いだけでなく、前後もしっかり使うこと。

相手の浅いボールを、深く攻撃していくのはあくまで正攻法。

深いだけじゃない、浅いボールも使いたい。

打ち込むと見せてのドロップショット、も立派な相手の予測を外す作戦です。

相手は、下がって強打に備えてますから、楽に決まるはずですよ。

キーワードは、相手の予測を「外す」こと。

シングルスの試合は、これで無理の無い攻撃が出来るはずです。

 

4.「どちらにでも打てる態勢」を出来るだけ多く作ろう

そこで、立ち戻るべきはこの基本です。

早く構えて、どこにでも打てる態勢を出来るだけ多く作る。

シングルスの試合、相手のボールが浅いなら、とにかく早く前に入ってテイクバック、相手を威嚇する。

そうしないと、そもそも相手を見る余裕がありませんからね。

チャンスこそ、したたかに。

相手に隙を与えない、予測を外す余裕をこちらが持つ。

これだけで、シングルスの試合はかなり楽に戦えますよ。

 

相手の逆を突く。

このことが出来れば、そんなに速いボールっていらないんですよ。

ただし、準備の早さは必要。

シングルスの試合、戦い方を少し変えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 【ご協力のお願い】テニスでの怪我に関するアンケート
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?

    シングルスの試合で、武器が欲しい。そんな方には、最近のプロ選手…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず

    滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得…

  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  6. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない

    シングルスの試合で戦っていて、みなさん感じることはありませんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「ラケットバッグの汚れ、どう落とす?」数か月に1回くらいはキレイにしましょう!
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスで「どうしてもポーチに出れない・・・」と感じているアナタへのヒント5つ
  3. ダブルス

    ダブルスの試合、ペアとの話し合いは「事実確認、背景予測、対応提案」の順で考えると…
  4. その他

    「甘ったれるな!トレーニングしろよ!」テニスのトーナメントを勝ち抜くには持久力は…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶこと…
PAGE TOP