テニス コントロール

ストローク

ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す

ドロップショットを、試合の中で使っていく時。

この要素を加味出来ると、すごく効果的です。

テニスは、「打ったら戻る」の繰り返しの競技。

だからこそ、相手の戻るという意識を逆手に取って、ドロップショットで攻撃していく意識が大事です。

 

ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す

 


 

1.ドロップショット、どこに打つ?

ただ、浅い場所を狙うだけ、でもある程度は効果的。

でも、実際に試合の中で、ただ浅いだけだと相手から拾われて逆襲を喰らうこともありますよね。

特に、足が速い学生プレイヤーは、前へのダッシュ力が強い。

もちろん、それでも打った方が絶対に良いです。

なぜなら、前へ全力で走った後の細かい技、ネット際のプレーって怪しい人が多いですから。

プラスで、考えたいのは相手の「逆を突く」という要素ですね。

 

2.相手の逆を突けば、甘いコースでも決まる

私がよく使うのは、相手をワイドに追い出して、その前のスペースにドロップショットを打つパターン。

これがなぜ効果的かと言えば、相手が戻ろうとするからです。

ワイドの深いボールを打って、元いたポジション、に戻ろうとしてくれるので、前への反応が遅れる。

逆を突けば、意外と甘いドロップショットでも試合では決まります。

相手も、諦めてくれるんですよね。

テニスでは、一旦走り出したら、その走るコースを変えるのって結構大変ですから。

ぜひ、試合で使って欲しいポイント、です。

 

3.チャンスを打ち込む、と見せかけてドロップも理論は同じ

これも、一緒ですね。

自分が打ち込むような構えを見せて、ドロップショットを打つ。

下がろうとしている相手の、逆を突くということ。

これだと、甘いドロップショットでも相手は触れない。

相手の攻撃に備えて下がろうとしている相手は、なかなか前に走り出せないですから。

クレーコート、オムニコートなら、より足元が滑って難しいでしょう。

だからこそ、逆を突くという要素は、ドロップショットで欠かせないんです。

 

4.相手のフットワークの癖、を見抜こう!

今回のポイントは、これです。

相手の癖は、打ち方だけじゃない。

テニスでは、フットワークやポジショニングにもその人の癖って出ます。

打った後に、律儀に毎回戻る、ような相手なのかどうか。

それとも、打った後にどんどんポジションを変えたり、前に来るようなタイプなのか。

こういう特徴を把握しておくと、すごくドロップショットも使いやすいですよね。

基本に忠実、戻ってくれるようなセオリーのお手本のような相手は、やりやすい。

アナタ自身、そうならないようにしておかないといけないですね。

 

相手の癖、は必ず見破る。

ポジショニングや、動いた後の戻り方には、その人の特徴が大きく出ます。

「この人は、打ったらこうするな」と分かれば、ドロップショットを使いやすい。

それも、甘いコースで良い訳ですからね。

楽にドロップショットを使っていく為にも、逆を突くという発想は大事です。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを意識しよう

    シングルスの試合で、しっかり攻撃していくには何が必要か。まずは、相…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも

    サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。全てのショット、…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、卒業しましょう

    何となく、で済ませている問題。この夏の間に、しっかり自分の納得…

  4. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注意が必要

    片手バックハンドのボレー、ストロークを試合で使う方は多いと思います。…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者

    試合に強い人、攻撃をしっかりポイントにつなげることが出来る人は、ここが…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い

    まず対戦相相手を見て、気付くこと。身長の高さって、どうにも変え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように
  2. ボレー

    試合では、ランニングボレーが基本なのに・・・
  3. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めて…
  4. テニス 並行陣

    サーブ

    安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で
  5. テニス 戦術

    その他

    「これじゃテニスの試合で使えない・・・」打ち終わった後に態勢が崩れるのであれば、…
PAGE TOP