ストローク

バックハンド狙い、を成功させたいなら…?

とにかく、相手のバック側を狙う。

これは、テニスの試合では大原則ですよね。

シングルスでもダブルスでも、これをやろうと決めて試合に入る。

でも、実際はどうですか?

厳しいコースを狙い過ぎて、自滅してしまうようなこともあるはず。

必要なのは、「バックハンド狙い」が出来る状況を作ること、です。

いきなり狙っても、そりゃ厳しいですよ。

 
 

相手だって、回り込んで来る

フォアハンドの回り込み、逆に脅威になる

バック側を狙っているつもりが、回り込まれる

フォアハンドで回り込まれて、結果的にこちらが攻撃されてしまう。

こういう経験、みなさんもあると思います。

安易に狙っていくと、逆にやられてしまう。

だからこそ、その前段階が大事なんですよね。

まずフォア側に走らせよう

はっきり、バック側にスペースを作りたい。

そう考えれば、やることは明確になります。

フォアハンド側に打って、相手を走らせる。

その後に、バックハンド側に打つから正確に狙える、相手にバックハンドを打ってもらうことが出来る。

みなさん、いきなりバック側を狙っても無理ですよ。

当然相手は警戒してますし、回り込みも慣れているでしょうから。

相手が戻る前に、バック側へ展開

これが、理想ですね。

相手をフォアハンド側に打って、戻る前にバック側に配球していく。

このテンポ、を速くしたいんですよね。

バックハンドを打たせる、それも余裕が無い状態で打たせたいですから。

戻って構えて、バックハンドだと相手も安定感は落ちない。

出来るだけ、フォア側に走らせたら次を速く!

このキーワード、大事です。



ただバックハンドを打たせる、だけで良いの?

そんなに甘い世界じゃない

2回戦くらいまでは、それで勝てるでしょう。

ただ、相手にバックハンドを打たせる、だけで主導権が握れる。

でも、そこから先は難しいですよ。

バックハンドが得意な相手もいますからね。

ただ打たせれば良い、というところから次のステージへ。

みなさんが先に、先に進歩していかないとダメです!

片手バックハンドなら高い打点で

相手が片手バックハンドなら、高い打点で打たせる。

高い軌道で弾ませて、力の入らないところで打たせるのが基本になります。

スピンが難しいので、スライスでの返球が予測されますよね。

そうなれば、前に詰めてボレーも出来る。

片手バックハンドは、深さと高さ、を重視して配球していきましょう。

両手バックハンドは、浅いボールが有効

両手バックハンドの相手には、浅いボール。

これはもう、鉄板の作戦ですね。

リーチが短いのと、スライスが使えない選手が多いのは事実です。

ただバックハンドを狙う、というだけではもったいない。

片手、両手、それぞれ特徴をしっかり把握して狙いの精度を高めていきましょう!

   

鍛えるべきは、どうスペースを作るのか?

精度の高いボールコントロール、を磨こう

フォアハンド側にも打って、相手を走らせることが出来る。

走らせたら、その後に深い、浅いをバックハンド側に打てる。

この2つが無いと、実際の試合ではバックハンド狙いを上手く使えないですよね。

みなさんの武器は、その緻密なコントロール、なはず。

ぜひ、意識して練習から磨いていきましょう。

練習から、しっかり厳しく

ライン際、まで狙う必要は無いですが、ラインの内側50mくらい。

ここに、しっかりとコントロール出来るかどうか、が大事です。

試合では、相手を走らせるうえでもこれくらいのコントロール感、で準備したい。

多少ずれても入る、ようなボールを日々厳しく追及していく。

ただ、正面の相手とつなげるだけのようなラリー練習、ばかりになってはいませんか?

練習から、相手のバック狙いが基本

私は結構、練習から狙います。

だって、試合で狙う訳ですから、それを打っておかないと。

練習だと、何も考えずに相手のフォア側に打っている感じ、ないですか?

その方が、気持ち良く打ち合えるし…みたいな。

こういう人は、ずっと試合で勝てない、成長出来ない。

ただ打ち合っているだけで、練習しているとは言えないんですよ。



バックハンド狙い、安易に考えないこと。

試合で使いたければ、練習から厳しく、どうやって有効に使うのかを考え抜いておく。

この姿勢が持てない人は、狙い過ぎて自滅するだけです。

相手だって、必死に勝とうとするのが試合、ですから。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ

    フォアハンドストローク、私はベテラン・シニアの方にも回り込んでいくスタ…

  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる

    全米オープンでも躍進が続く、大坂なおみ選手。試合の全てをチェッ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギリギリまで決まらない…

    ストロークの打ち合いの中で、自信が持てない、相手のボールに押されてしま…

  4. ストローク

    「ドロップショット病にかかったら・・・」テニスの試合で使えるにはいつものショットと同じリズムで

    以前「ロブ病」のことを書いたんだけど、思い当たる人も多かったみたいで反…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークの基本、テイクバックの状態の形を確認しよう

    自由に打てる分、なかなか定まらないのがフォアハンドストローク。…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの…
  2. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
  5. ダブルス

    ダブルスでネットに詰めて良い場面5つ
PAGE TOP