シングルス

シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

シングルスの試合の、基本戦術。

まずは皆さん、相手のバックハンドを狙うところから入る方が多いじゃないでしょうか。

でも、粘り強い相手だとバック側の厳しいボールもスライスで返球して来る。

このポイント、でアナタはどういう選択が出来るのか。

普通にスライスで凌がせてしまっては、せっかくのバックハンド狙いがいつまで経っても終わらない。

攻めているようで、いつかはアナタがミスしてしまう。

そんな自滅色の強いプレーは、もう卒業していきましょう。

 

シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

 


 

1.フォアハンドで回り込む

バックハンド同士のラリー、になったときも、相手がスライスになったらチャンス!

スピードボールは無い訳ですから、しっかりフォアハンドで回り込みましょう。

バックハンド同士の打ち合いは、どこかで隙を狙ってフォアハンドで回り込む。

フォアハンドの逆クロス対相手のバックハンド、という図式に変えることが出来れば、きっとチャンスが拡がるはずです。

相手のグリップ、構え、態勢を見逃さないことが一番です!

 

2.ネットに出る

相手がスライスで来る!と分かったら、その時点で前に出る。

少し遅れたと思っても良い、サービスライン付近でのボレーでも、相手に充分プレッシャーがかかるはずです。

ここで上手い相手は、沈めて来るようなスライス、を打って来るでしょう。

慌てず、しっかりボレーで返球して前に詰めれば大丈夫。

少し余裕があれば、ドロップボレー気味に浅く打ってみるのも良いですね。

ボレーのイメージまで持って、相手のスライスに向かっていきましょう!

 

3.ドライブボレーで待つ

特に女性にもオススメなのが、2.のボレーでドライブボレーを入れていくこと。

バックハンドを両手で打てるなら、しっかり振ってドライブボレーも私はオススメです。

ただし、スライスのショットは伸びてくるのでちょっと打点が高くなりがち。

しっかり引き付けて、自分が打ちやすい腰の高さまで待って、ドライブボレーを打っていきましょう。

これも、エースを狙う必要はありません。

相手に、「スライスでつなぐのは、許さないよ」というメッセージを与えるのが最大の目的。

それくらい、ドライブボレーってインパクトのある選択だと思います。

 

4.ドロップショットの準備をする

相手のスライスは、実はスライスで打ち返すのがやりやすい。

しかも、相手は守備的にスライスを選択してきてるんですよね。

だったらアナタが打つ次のショットは、ドロップショットなんてどうでしょう?

スライスで、攻撃的に前に走らせる。

相手は、更に攻撃されると思って下がって待っている可能性が高い。

ここでスライスのドロップショット、私は有りだと思いますよ。

打ち込むような姿勢から、フッとスライスで打てると最高ですね。

 

5.長いスライスラリーに持ち込む

これまではいかに「攻撃に切り替えるか?」をテーマにしてきましたが、私はこれも好きです。

相手がスライスなら、自分もスライス。

スライスのバックハンド、のクロスラリーに持ち込んで、しっかりラリーを打ち合うというのも一つの選択です。

特に試合で調子が上がらないときなんかは、そもそもラリーが出来ないケースが多いんですよね

スライスになった瞬間に、スライスラリーへようこそ!という感じで、打ち合いに応戦する。

リズムを取り戻す意味でも、クロスでのバックハンドスライスラリー、良いと思います。



6.シンプルなのは、サーブの次のボールから!

一番シンプルな流れを確認してみましょう。

まずしっかりサーブを打って、少し浅いボールを引き出す。

次に、ポジションをしっかりフォア側で空けて待つことが大事です。

3球目、相手のリターンのボールから積極的に攻撃していく。

フォアハンドの逆クロスでバックハンドを攻める、ことが基本です。

スライスを打って来るなら、前に詰めれば確実に決めることが出来ます。

この形、シングルスの定番の流れにしたいですね。

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ

 

バックハンドのスライス、はシングルスの試合では上手い相手が多いですよね。

特に男性のベテラン、シニアの方は本当に上手い。

だから安易に攻撃・・・というのも危険は危険ですが、それでも相手にプレッシャーをかけないと、自信を持って重たいスライスを打たれてしまう。

それはやっぱり、防がないと。

いかに速く気付くか、勇気をもって行動出来るか。

シングルスの作戦として、しっかり準備しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

    シングルスの試合に出ているけど、ストロークに深さが出ない。すぐ…

  2. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負を徹底しよう!

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手で・・・」という方の声を聞く機会…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    練習中から「しんどいアピール」、試合中もそのアピールは続いていく
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている
  4. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント…
PAGE TOP